美しすぎる母
b0020911_23195449.jpgジュリアン・ムーアは、
ステキな女優さんですが、
正直「美しすぎる」という代名詞は、
ちょっと当てはまらない
気がします!(ごめんなさい!)
内容的にも美しすぎるから
殺害されたわけではないし・・・
1972年、ロンドンで実際におこった
事件をもとに作られた作品です。


貧しい家庭で育ちながらも、その美貌で富豪のブルックスと
結婚したバーバラ(ジュリアン・ムーア)。
彼女は待望の息子・トニー(エディ・レッドメイン)を授かり
幸せの絶頂にいたが、見せかけの幸せは長くは続かなかった。
見栄や野心の赴くままに感情を顕にしていくバーバラだったが、
そんな母親をけむたがりながらも依存してしまうトニー。
そして、ブルックスに見捨てられたバーバラは、
トニーへ偏った愛情を注いでいくが・・・・。

夫に裏切られ、子離れができなくなった母親、
そんな母親を疎みながら、切り離せない息子、
そして、自分だけ逃げ出してしまった父親!
たしかに、ちょっと自分勝手な両親ではあるけど、
息子本人にもかなり問題があると思います。
でも考えてみると、最近日本でおこっている
親を殺害してしまう事件と、似ている気がします。
なんかなぁ〜、世界を遊びまわれる財力があるんだから、
もっと違う生き方(楽しみ方)もできると思うんだけどね〜。

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
作品は、いまいちだったけど、ジュリアン・ムーアの衣装は
豪華できれいでした。
[PR]
by cinema-can | 2008-12-02 23:22 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/9972185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トロピック・サンダー/史上最低の作戦 ミスト >>