人気ブログランキング |
DEATH NOTE デスノ−ト 前編
DEATH NOTE  デスノ−ト 前編_b0020911_18422124.gifコミックで言えば、
3〜4巻までくらいでしょうか?
この分だと、後編は
月(ライト)とL(エル)の
対決で終るのかな〜?
どうせなら、映画版オリジナルの
ラストでもおもしろいかも・・・。

実は、私はデスノ−トを知らなかったのですが、
昨年、ネットで知り合ったお友達に教えてもらって
読み始めたのがきっかけで、ちょっとはまってしまいました。
コミックは、現在11巻まで出ているのですが、
次の12巻で完結です。
ただ、7〜8巻くらいまでのライト(キラ)とLの対決までが
おもしろかったです。
(映画もその辺で終わりそうな予感ですが・・・?)

ストーリーは、死神のリューク(声/中村獅童)が
「名前を書かれた人間は死ぬ」というデスノ−トを
退屈しのぎに、人間界に落とすことから始まります。
そのノートを手にし夜神 月/キラ(藤原竜也)は、ノートを使って
世界中の犯罪者を次々に抹殺し、理想の世界を造ろうとします。
そこで、その不可解な事件を解決するべく、
世界的に有名な謎の名探偵L/竜崎(松山ケンイチ)が
登場し、ライトの家族・恋人、FBI捜査官などを巻き込んで、
2人の天才の頭脳戦が始まるのです。

まあ、全体的には原作のイメージを壊さないように
無難に仕上がっていました。
こういう映画はつっこんだら、キリがないし・・・(笑)
(原作をしらない人にも、同じように楽しめるかどうかは
ちょっと疑問ですが・・・・)
特に、L役の(松山ケンイチ)はすごい!!
背中をまるめた歩き方!爪をかむ仕種!お菓子に囲まれた部屋で
あのちょっといっちゃてる雰囲気!ホントにうまい!!
あとワタリ(藤村俊二)もピッタリ!
さて、後半は弥海砂/ミサミサ(戸田恵梨香)がどんな活躍を
してくれるか楽しみです。

DEATH NOTE -デスノート-←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとり言)
それにしても、コミックの原作者、新人・大場つぐみとは
何者なのでしょうね〜。
by cinema-can | 2006-06-22 18:49 | cinema
<< カサノバ トリック 劇場版2 >>