人気ブログランキング |
そして父になる
そして父になる_b0020911_22573471.jpg子どもの取り違えというのは
結構昔から、マンガやドラマで
よく使われていますが、
是枝裕和監督作品となると
リアリティ感があるので
見ていて胸が痛くなります。
特に子役2人は、涙を誘いました。


申し分のない学歴や仕事を、勝ち取ってきた良多(福山雅治)は、
順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が
病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。
相手は小さな電気店を営む斎木(リリー・フランキー)で、
良多夫妻とは対照的な夫婦だった。
血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、
それぞれの家族は苦悩する・・・。

題名通り福山雅治演じる良多が、父親になっていく物語でした。
リリー・フランキー演じる父親は、社会的には多少問題があるけど
子供にとってはすご〜く良い父親で、エリートサラリーマンの良多とは
対照的で、最初はかなりバカにしているのだが、彼なりに悩み葛藤し、
そして、父親となっていくのだ。
ラストは微妙な終わり方ですが、簡単に答えなど出せないことです。
どんな選択を選んだとしても、それが正しいかどうかは
誰にも答えられないのだから・・・。


映画「そして父になる」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
スピルバーグのドリームワークスが早々にハリウッドリメイクを
決定したみたいですが、俳優が誰になるのかな〜。
ホントにトム・クルーズならすごいけど・・・。
by cinema-can | 2013-10-06 23:00 | cinema
<< 愛と誠 ジャックと天空の巨人 >>