人気ブログランキング |
終戦のエンペラー
終戦のエンペラー_b0020911_084992.jpg昭和天皇を題材にした映画といえば
ロシアの監督アレクサンドル・ソクーロフの
「太陽」も印象的でしたが、
こちらはハリウッド版です。
そういえば昭和天皇って、今の天皇とは
ちょっと違う独特なオーラが
あったような気がしました。
神として育てられたせいかもしれませんね〜。


1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の
司令官としてマッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が
日本に上陸した。
彼は日本文化に精通している部下フェラーズ(マシュー・フォックス)に、
昭和天皇は、太平洋戦争の真の責任者かどうかを10日間で
調査するよう極秘任務を下す。
フェラーズは、軍人、政治家と面会するが、真実はなかなか解らない。
ついに天皇の側近に会うことができるが・・・。

日本には、あえて白黒をつけないグレーゾーンの文化があり
それは外国人には理解しにくい部分ですよね。
むやみに事を荒立てたくない心情がそこには含まれる気がしますが
その辺の曖昧さが、領有権問題等を解決できない文化でもある気がします。
フェラーズがたどりついた事実が、本当に真実なのか
証拠が残っていないので、ちょっと疑問も残りますが
なかなか興味深いストーリーでした。
観客の年齢層が相当高かったです・・・(笑)

映画『終戦のエンペラー』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
フェラーズとアヤの悲恋はちょっと切ないですが
これはフィクションですよね。
(フリーパス5本目!)
by cinema-can | 2013-08-15 00:10 | cinema
<< 31年目の夫婦げんか ワールド・ウォー Z >>