「共喰い」田中慎弥
b0020911_2271128.jpg「もらといてやる!」で
一躍有名になった、芥川賞受賞作品。
作家のキャラは、なかなかですが
作品は、意外と地味な感じで
昭和テイストのある田舎の高校生の
物語でした。
ちょっと「ヒミズ」を思い出したけど
「ヒミズ」ほどのインパクトは感じませんでした。

泥臭い川のある寂れた街のイメージは、かなり感じることができました。
ただ、私的にはあまり好みの作品ではなかったです。
暴力と性描写のせいだけでなく、いまひとつ魅力を
感じなかったです。

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
どちらかというと、もう1つ掲載されていた「第三紀層の魚」の方が
好きでした。
[PR]
by cinema-can | 2012-11-23 22:09 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/19550149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< のぼうの城 リンカーン/秘密の書 >>