レギオン
b0020911_22581411.jpg大天使ミカエルとガブリエルの
対決とかを想像していましたが
ゾンビいっぱいの
ホラー映画でした。(=_=;)
それに舞台は、ほとんど
田舎のダイナーのみで
B級感の作品でした。



モハベ砂漠のダイナーに客としてやって来た老女が突然怪物と化し、
店は虫の大群に取り囲まれてしまう。
すると、武装した怪しい男、ミカエル(ポール・ベタニー)が現れ、
人間を見限った神との戦いを宣言。
実はミカエルの正体は、神を裏切り、
人類のために立ち上がった大天使だった・・・・。

最初の老女がいきなり化物に変身するのは、かなり怖いけど
あとはもうB級感いっぱいのゾンビさんたちが
登場します。
天使と言っても、特別な能力はなくて地味に武器で戦って
ちょっと最後はぐだぐだって感じでした。

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
天使が翼を広げるトコだけはきれいでした!
[PR]
by cinema-can | 2010-11-05 23:00 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/14352795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< REDLINE 終着駅 トルストイ最後の旅 >>