人気ブログランキング |
ウルフマン
ウルフマン_b0020911_23101937.jpg正統派の古典ホラーって感じで、
可も無く不可もなくって
感じでした。
ベニチオ・デル・トロや
アンソニー・ホプキンスは
さすがですが、
ストーリーは正直普通かなぁ〜。
荒れ果てた古城のような
豪邸は雰囲気がありました。

19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した
人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、
到着早々無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。
犯人捜査に乗り出したローレンスだったが、ウルフマンに襲われしまう。
自らもウルフマンとなってしまい、満月の夜になると殺人を
犯すようになる。そんなローレンスを
父ジョン(アンソニー・ホプキンス)は
わざと凶行に走らせるような行動をとる・・・・。

それにしても、父親ひど過ぎじゃん!・・・
さすが、ハンニバルじゃなくてアンソニー・ホプキンス!
まあ、愛する人を手にかけた事で心まで獣に
なっちゃったのかもしれないけど・・・・。
子供をあんな変な病院に入れるなって
可哀想すぎですよね〜〜〜〜。
そんな哀愁がありありの濃い顔のベニチオは
思ったより浮いてませんでした。

首ボ〜ン!とか腕ボ〜ン!とかの残虐シーンも若干ありますので、
苦手な方はご注意ください。

ウルフマン_b0020911_23113055.jpg


『ウルフマン』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
CGでなんでもできる時代に、あえての特殊メイクは
古典的なイメージにあっていたと思います。
あのあとの警部さんどうなったのかなぁ?となんとなく思わせる
ラストも良かったです。
by cinema-can | 2010-05-13 23:16 | cinema
<< 「告白」湊 かなえ 湖のほとりで >>