湖のほとりで
b0020911_091711.jpgイタリアでは、いっぱい賞を
受賞しているらしいですが、
どちらかと言うと
地味な作品でした。
オープニングからの前半は
ミステリー色が強いのですが
後半は、人間ドラマという
感じです。


北イタリアの小さな村にある湖のほとりで、
美しい少女アンナの死体が発見される。
担当の刑事サンツィオ(トニー・セルヴィッロ)は、
関係者を次々と当たるが、決定的な証拠は見つからない。
しかも、捜査を進めていく中で、
彼は住民たちの事情や秘密を次々と知りことになり・・・・。

主人公のおじさん刑事が、なんとも地味で静かな感じなんですが
不思議な味わいはありました。
美しい田園風景の小さな村での、それぞれの人が抱える心の闇が
少しずつあぶりだされていく感じでした。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
地味で静かな映画なので、どうしても
眠気を誘ってしまう・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2010-05-10 00:11 | DVD | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/13279163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aju at 2010-05-16 23:32 x
私もこれ、観ましたよ。
眠気に誘われて、実際寝てしまいましたー!私ってば。^^;

とは言うものの、画像にある通り、湖のほとりに刑事2人が佇んでるシーンはとてもキレイでした。内容よりもあのシーンが一番印象的でした。


Commented by cinema-can at 2010-05-17 00:20
>ajuさん
やっぱり眠気を誘いましたかぁ〜。
実は、私も何回か同じ場面を観てしまいましたよ(笑)

湖の風景は、ホントきれいでしたよね。
たくさん賞を受賞しているみたいですが、
正直それほどでも・・・・と思ってしまいました!
<< ウルフマン サマーウォーズ >>