ホノカワボーイ
b0020911_0323536.jpgハワイ島の北の小さな町
ホノカワでの、一人の青年と
いたずら好きで、料理の上手な
おばあさんの静かで
ゆったりとした物語。
海と空と風を感じる
ほのぼのとした作品でした。
美味しそうな料理も
たくさん出てきます。

夜かかる虹が見たいと彼女(蒼井優)に言われ、ハワイ島に
やってきたレオ(岡田将生)だったが、優柔不断で彼女に
ふられてしまう。しかし半年後、レオは旅の途中で行ったホノカワの
小さな映画館で映写技師の助手をしていた。
ある日、映画館で売っているマラサダ(揚げパン)の材料を
届けるように頼まれ、ビー(賠償千恵子)を訪ねる。
彼女は、相当変わっていたが、レオに好感をもったようで
毎日ご飯を食べにきなさいと言うのだった・・・。

まるで時間が止まっているような街、ホノカワ。
変わり者で料理の上手なおばあさん・ビーさんは
レオに恋してしまう。その姿がなんかとても乙女チックで可愛い。
しかし、レオはまったく感じていない。
ただ、家族のように彼女にやさしく接する。
ゆったりとした時間の流れが、心を癒してくれる作品でした。
夜かかる虹、見てみたいですねぇー。
あと、マラサダも食べてみたいなぁ。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
岡田将生くん、最近よく見るよね〜。
売れっ子だなぁー。
[PR]
by cinema-can | 2009-12-17 00:34 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/12511410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 私がクマにキレた理由 カールじいさんの空飛ぶ家 >>