ある公爵夫人の生涯
b0020911_022537.jpg18世紀に実在した
デボンシャー公爵夫人
ジョージアナを
キーラ・ナイトレイが熱演。
このジョージアナの
スペンサー家の末裔が
ダイアナ妃らしいです。
なんか運命を感じますねぇ〜。


18世紀後半のイギリス。
17歳のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)は、
最も裕福な公爵の一人、デヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に
嫁ぐことになった。聡明で美しい彼女は公爵夫人として
イギリス中の人々に愛されるが、
夫の公爵はジョージアナに男子の後継者を生むことだけを望み、
自身は離婚歴のある女性との愛人関係を続ける・・・。

最初から、世継ぎを生むためだけの結婚なんて
お互いに不孝としか思えませんが、
この時代では珍しいことではなかったのでしょうね〜。
そんな中で、自分の不倫を認めさせるような取引を持ち出すなど
なかなか度胸のある女性だったんですねー。

ドラマの深みはありませんが、マリー・アントワネット並の
豪華なドレスの数々を堪能できます。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
自分の死後、愛人との結婚を認める遺言を残すなんて
ダイアナ妃より、肝のすわった女性だったのかもしれませんね〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-12-06 00:23 | DVD | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/12448929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑記帳+ at 2009-12-07 22:18
タイトル : 『ある公爵夫人の生涯』を観る
故ダイアナ妃の祖先にあたるというデヴォンシャー公爵夫人のスキャンダラスな実話を映... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-12-15 21:10
タイトル : 「ある公爵夫人の生涯」(THE DUCHESS)
18世紀後半、英国名門貴族に生まれ、17歳でデヴォンジャー公爵夫人となった実在の女性、ジョージアナの華やかでスキャンダラスな結婚生活を描いた歴史ドラマ「ある公爵夫人の生涯」(2008年、英伊仏、ソウル・デイブ監督脚本、110分、パラマウント映画配給)。主演は、「つぐない」のキーラ・ナイトレイ、共演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ。本作は第81回オスカーの衣装デザイン賞を受賞。ただ、見かけの豪華さとは裏腹に、ドラマとしては単に事実に即したもので深みがなく、脆弱(ぜいじゃ...... more
Commented by aju at 2009-12-07 22:17 x
内容的には、あまり好きじゃないんですけど、
衣装が豪華でかなり目の保養になりましたよね~!!

私も彼女の遺言内容にはちょっと驚きました。
年月を重ねると、こういう遺言を残せるんでしょうかね・・・
私なんか、肝も何もかも小さいから・・・あんなような遺言は残せなそう。^^;

Commented by cinema-can at 2009-12-07 23:21
>ajuさん
そうなんですよね〜。ストーリーはいまいちでしたけど、
豪華な衣装は素晴らしかったですよね〜。

最後の最後で、あの遺言はちょっとびっくりでした!
う〜〜ん、私にも絶対無理ですが、年月を重ねると
そういう広〜〜〜い心持ちになれるのでしょうかねぇー。
<< パブリック・エネミーズ 7つの贈り物 >>