レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
b0020911_1425366.jpg賛否両論の評価がある
この作品ですが、
私的には、結構良かったです。
ケイト・ウィンスレットも
この間観た「愛を読むひと」より
なんか迫力がありました。
まあ、たしかに夫婦けんかの
シーンやラストは
ちょっときついですが・・・

高度成長期を迎えた50年代アメリカ、
郊外の新興住宅地"レボリューショナリー・ロード"にある美しい住宅で、
フランク(レオナルド・ディカプリオ)と
エイプリル(ケイト・ウィンスレット)は
二人の子どもに恵まれ、理想の夫婦に見える。
しかし、夫は退屈な仕事に疲れ果て、妻はそんな夫への愛を見失い、
喧嘩に明け暮れていた。
そこで、もう一度人生への情熱を取り戻すため、
パリへの移住を決意するのだが・・・。

エイプリルのように極端ではないにしろ、
自分の人生こんなはずじゃない!って思うことは
現代でも、誰にでもあることだと思うのです。
まあ、一般的になんとかそこを折り合いをつけて
生きているんじゃないかなぁ〜。
100%上手くいく人生なんてないわけだし・・・。
ちょっと子供ぽいトコがあるにしても
フランクにはそれが出来たが、エイプリルには出来ない。
自分達が特別だと思うことを捨てられないのだ。
まあ、もともと女優志望だったぐらいだからねぇ〜。
彼女のイラつきが、タバコを吸うシーンに
あらわれていて、観ていてつらい。
最後のけんかの翌日の朝食のシーンは印象的でした。

不動産屋のヘレン(キャシー・ベイツ)や、精神を病んでいる彼女の
息子(マイケル・シャノン)がなかなか良かったです。
精神を病んでいるはずの彼が、1番正直に確信をついてる感じでした。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
DVDの未公開シーンの中に、エイプリルがフランクに
書いた最後の手紙があり、その中に「親愛なるフランクへ。
何があってもあなたが責任を感じる事はないのよ。
あなたを愛している。」みたいな事が書いてありました。
カットされたこのシーンがあれば、
もうちょっと救われる気がしたのは私だけでしょうか?
[PR]
by cinema-can | 2009-08-04 01:46 | DVD | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/11655553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-08-17 03:31
タイトル : 「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONA..
オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマン・ドラマ「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年、米、119分、パラマウント映画配給)。この映画は1950年代の米国郊外の街を舞台に、理想と現実の生き方の間で翻弄され、苦悩する一組の若い夫婦を描いている。主演は「タイタニック」のコンビ、レオナルド・ディカプリオと、ケイト・...... more
Tracked from ロックなパパさんギタリス.. at 2009-08-27 01:49
タイトル : レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで/REVOL..
レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット、『タイタニック』以来11年ぶりの再共演☆ レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD] ¥2,250 Amazon.co.jp あなたの最愛の人は あなたを愛していますか? レボリューショナ... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2009-08-31 08:34
タイトル : 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ、J.O.サンダース、ゾエ・カザン■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 約11年ぶりのあの『タイタニック』のレオナルド・...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2011-04-12 22:36
タイトル : 映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て
9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで■原題:Revolutionary Road■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 日本版予告編 ス...... more
Commented by デイヴィッド・ギルモア at 2009-08-18 01:59 x
こんばんは。理想を追うエイプリルの生き方に共感を覚えました。ただ、同時に哀れな感じも受けましたが。それと、個性派俳優、キャシー・ヘベイツもなかなか、よかったですよね。
Commented by cinema-can at 2009-08-18 23:13
>D・ギルモアさん、こんばんは(^_^)
エイプリルの生き方は、正直な生き方なのかもしれませんが
なかなか人には理解できないですよね〜。
それでイライラがつのっていって・・・最後は悲惨で・・・
なんかつらいですねー。
そうそう!キャシー・ベイツ、なかなか良かったです!
<< 宮廷画家ゴヤは見た ウォレスとグルミット/ベーカリ... >>