アウェイ・フロム・ハー 君を想う
b0020911_235924100.jpg認知症になってしまった妻が
自分の事を忘れて、
入院した施設で
同じ患者の一人を
好きになってしまったようだ。
そんな状態になったら、
人は、どう対応すれば
いいのだろうか・・・・。
そんな夫婦のお話が
ゆるやかに描かれた作品でした。

結婚して44年になるグラント(ゴードン・ピンセント)と
フィオーナ(ジュリー・クリスティ)の夫婦は、
浮気でフィオーナを苦しめた事もあったが、
今は仲睦まじく湖畔の家で暮らしていた。
しかしある日、フィオーナにアルツハイマー型認知症の症状が
現れ始め、彼女は自ら介護施設への入所を決めるのだが・・・・。

施設に入って1ヶ月は面会禁止っていうのが
なんとも言えないですね〜。
施設に早くなれるためにはしかたないんですが、
その期間に、すっかり忘れられてしまうなんて
なんか切ないですねー。
ホントは、解っているのに自分が浮気したことがあるので、
そのお返しをしているのではないかと
思わず疑ってしまうグラントの気持ちが悲しいです。
車椅子の男性オーブリーとその奥さんとの関係も
微妙で夫婦っていろいろなですよねー。

カナダの田舎の雪景色も美しかったです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
オーブリーの奥さんの言った「悪い人生じゃなかったと思うのは
いつも男の方よ。」というセリフがなかなか印象的でした。
[PR]
by cinema-can | 2009-05-22 00:01 | DVD | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://cinemacan.exblog.jp/tb/11033630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-06-04 17:04
タイトル : アウェイ・フロム・ハー 君を想う
結婚して44年になるグラント(ゴードン・ピンセント)とフィオーナ(ジュリー・クリスティ)の夫婦は、深く愛し合い満ち足りた生活を送っていた。 ある日、アルツハイマー型認知症の影がフィオーナの身に忍び堪..... more
Commented by samurai-kyousuke at 2009-05-23 09:46
ちょっと気になりますね。
DVDになっちゃうかもしれませんが、ぜひ観たいです。
Commented by cinema-can at 2009-05-23 23:36
>samuraiさん、こんばんは(*^^*)
いろんな意味で、考えさせられるドラマでしたが
ゆるやかな流れなので、ちょっと眠くなるのかも・・・。
Commented at 2009-05-24 00:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema-can at 2009-05-24 22:38
>杏ちゃん、久しぶり〜(*^^*)
こちらこそ、なんか悪かったですねー。
でも、なんでだろう・・・?承認制のせいかな???
こっちでも、確認してみますね。m(_ _)m
<< つみきのいえ 天使と悪魔 >>