<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「舟を編む」三浦しをん
b0020911_2251572.jpg登場人物は、みんな
ちょっと変わった人たちですが、
なんだか好感が持てて、
面白かったです。



一冊の辞書を創るのが、これほど大変な事だったとは、
正直考えたこともありませんでした。
学生の頃は、辞書を引く事も結構ありましたが、
何年か前に電子辞書を購入した際に、棚の一部を占めていた辞書類を
全て処分してしまいました。
その電子辞書も最近ではほとんど使うことなく、
今はすぐにネット検索してしまいます。
この本を読んで、辞書を創る人々の並々ならぬ時間と情熱を感じ、
せめて国語辞典くらいとっておけば良かったな~と、
今更ながら思いました。
辞書の紙の質とか比べてみたかったです。
電子辞書やネットだと、文字数をそれほど気にすることないし、
究極の用紙も必要ないですよね~。
便利だけど、何かさみしくもありますよね-。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
映画は観たかったけど、見れなかったので
DVDが出たら、ぜひ観ようと思っています。
[PR]
by cinema-can | 2013-10-27 23:02 | book | Trackback(1) | Comments(2)
トランス
b0020911_22345549.jpg「スラムドッグ$ミリオネア」で
オスカーを受賞し、
ロンドン・オリンピック開会式の
総監督として成功を果たした
ダニー・ボイル監督の新作。
それにマカヴォイくんが
出演となれば、観ないわけには
いかないでしょう!!!


アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は
ギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を
盗み出すことに成功するが、ギャングのリーダー(ヴァンサン・カッセル)に
頭を強打され、絵画の隠し場所の記憶をなくしてしまう。
ギャングたちはこの失われた記憶を聞き出すため、
催眠療法士(ロザリオ・ドーソン)を雇うのだが・・・。

ストーリーは二転三転するし、現実と催眠状態の映像が
入り組んでいるので、はいりこんで見てないとおいて行かれる感じです。
世界観にはまれば、スピード感もあるし結構面白い作品です。
それにダニー・ボイル監督らしいスタイリッシュな映像も楽しめます。
マカヴォイとヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソンとの
駆け引きもなかなか良かったです。
ただ、結構グロイシーンもあるので、ご注意ください。


ダニー・ボイル監督最新作「トランス」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
催眠療法ってこんなに効くのかと思ちゃいますが、
ラストに出てくるタブレット端末の全てを忘れることが出来る
『トランス』というアイコン!!!
なかなか粋な演出でした。
[PR]
by cinema-can | 2013-10-20 22:39 | cinema | Trackback(7) | Comments(0)
ツナグ
b0020911_2230624.jpg亡くなった人に
もう一度だけ会いたいと
願う人に再会の
仲介する“ツナグ”の
見習いを努める
高校生(松坂桃李)が、
さまざまな依頼者との
出会いで成長していく
ファンタジー・ドラマ。

死者に会う3人のエピソードは、涙を誘いますが
身近な人や大切な人を亡くした人なら
誰でも尋ねたい事や言いたいことはある気がします。
ただそれは生きている人のエゴなのかもしれませんね〜。

相変わらず、樹木希林の名演技は素晴らしかったです。
それにしても、あの鏡はヤバいですよねーーー。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
自分だったら、誰に会いたいだろうと
思わず考えてしまいますね〜。
[PR]
by cinema-can | 2013-10-20 22:32 | DVD | Trackback | Comments(0)
愛と誠
b0020911_22263297.jpg「愛と誠」といえば、
一時代を一世風靡したコミックで、
たしか、早乙女愛って
女優さんもいたよね〜。
ただ今の時代からすると
随分とテンションが高いような・・・
そんなドラマを昭和歌謡で
ミュージカル仕立てという
トンデモな作品でした!

ここまでハイテンションだとコントぽくって
思わず笑ってしまいました。
安藤サクラのや斎藤工のはじけぷりが凄かったです。
それにしても、一曲一曲をそれぞれがまるまる歌うとは・・・
まあでも思ったよりは面白かったです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
泥臭くて硬派な梶原一騎がこの作品を観たら、
どんなコメントしたのでしょうかね〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2013-10-20 22:27 | DVD | Trackback | Comments(0)
そして父になる
b0020911_22573471.jpg子どもの取り違えというのは
結構昔から、マンガやドラマで
よく使われていますが、
是枝裕和監督作品となると
リアリティ感があるので
見ていて胸が痛くなります。
特に子役2人は、涙を誘いました。


申し分のない学歴や仕事を、勝ち取ってきた良多(福山雅治)は、
順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が
病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。
相手は小さな電気店を営む斎木(リリー・フランキー)で、
良多夫妻とは対照的な夫婦だった。
血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、
それぞれの家族は苦悩する・・・。

題名通り福山雅治演じる良多が、父親になっていく物語でした。
リリー・フランキー演じる父親は、社会的には多少問題があるけど
子供にとってはすご〜く良い父親で、エリートサラリーマンの良多とは
対照的で、最初はかなりバカにしているのだが、彼なりに悩み葛藤し、
そして、父親となっていくのだ。
ラストは微妙な終わり方ですが、簡単に答えなど出せないことです。
どんな選択を選んだとしても、それが正しいかどうかは
誰にも答えられないのだから・・・。


映画「そして父になる」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
スピルバーグのドリームワークスが早々にハリウッドリメイクを
決定したみたいですが、俳優が誰になるのかな〜。
ホントにトム・クルーズならすごいけど・・・。
[PR]
by cinema-can | 2013-10-06 23:00 | cinema | Trackback(5) | Comments(0)
ジャックと天空の巨人
b0020911_2254211.jpg「ジャックと豆の木」の実写かと
思っていましたが
かなりアレンジが加えられてるようです。
巨人が結構グロイし、
いっぱいいます!
一粒の豆がぐんぐん育って行く様は
なかなか迫力がありました。



主人公があまり魅力がなかったのは残念ですが
娯楽作品としてそれなりに楽しめました。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
巨人と言えば、今どきは「進撃の巨人」ですが
こちらの巨人もなかなかの迫力でした!
[PR]
by cinema-can | 2013-10-06 22:54 | DVD | Trackback(2) | Comments(0)