「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ガッチャマン
b0020911_2225538.jpg予告を観た時から、
これはヤバそうな作品だな〜って
思っていましたが、
想像を越えるダメダメでした!
まあ、アニメの実写化で
うまくいった作品は「あしたのジョー」
くらいだと思うけど、
同じタツノコプロでも
ヤッターマンの方がずっとマシでした。


21世紀初頭。謎の組織ギャラクターによって、たったの17日間で
地球の半分が壊滅的な被害を受ける。
ギャラクターから地球を守るため、“石”という特殊な結晶体の力を
引き出せる適合者が集められ、特殊エージェントとしての訓練を受ける。
彼らはガッチャマンとして、人類の最後の望みをかけて戦うことに・・・。

(今回ちょっとネタバレしてます!)
さて大体誰が、ガッチャマンの恋愛ものを見たいんだ!!!
開始10分くらいはそれなりに見れますが、ジュンは健にラブラブで
健とジョーは、幼なじみの彼女と三角関係で、人々を避難させてる最中に
プロポーズするジョー!!!っていったい何のお話でしょうか?
正直ちょっと理解に苦しむ内容でした。
せめて、メカくらいもうちょっとカッコ良く作ってほしかったです。
松坂桃李、綾野剛ファンなら、ちょっとは楽しめるかも・・・。

映画『ガッチャマン』公式サイト←公式サイト

■お気に入り度 ♥♡

(ルナのひとりごと)
まあよく考えたら、ただで見たんでダメダメでもいいかぁ〜って
気がしましたが、お金払って見る作品ではなかったです。
(フリーパス10本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-26 22:27 | cinema | Trackback(6) | Comments(2)
ホワイトハウス・ダウン
b0020911_2137891.jpg世界滅亡がお得意の
エメリッヒ監督が、今回は
とりあえず、ホワイトハウスを
破壊したかったのね〜。
ホワイトハウス版ダイ・ハードって
感じでした!
娘いるところまで一緒だし・・・
ただ相棒が大統領ってことでした!


議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は
離婚して離れて暮らしている娘にいい所を見せようとして
大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を
警護するシークレットサービスの面接に娘を誘い、
ホワイトハウスにやってきた。
しかし見学ツアーの最中、運の悪い事に謎の武装グループが
乗り込み、瞬く間にホワイトハウスを制圧してしまう・・・。

これでもか状態に、ホワイトハウスをぶっ壊していく
アクションシーンは迫力がありますが、
ストーリーは、まったくのベタベタでした。
エミリー(娘)役の子はなかなか良かったです。
まあ、それなりにスカッと感は味わえる作品でした。

ホワイトハウス・ダウン ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ジェイミー・フォックス演じる大統領は、ちょっとたよりないけど
なんか憎めない感じで、いい大統領でした!!!
(フリーパス9本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-24 21:40 | cinema | Trackback(6) | Comments(2)
少年H
b0020911_2134542.jpg妹尾河童の原作を読んだは
かなり前のことだったし、
若かったせいか
戦前戦後のお話だったくらいしか
記憶になくて・・・
今読んだら多分随分違う印象に
なるような気がしました。
水谷豊と伊藤蘭の夫婦共演、
自然な感じで、悪くなかったです。

肇(吉岡竜輝)は、神戸で洋服仕立て職人で温和な父・盛夫(水谷豊)と
しつけの厳しいキリスト教徒の母・敏子(伊藤蘭)に育てられ
好奇心旺盛で、絵が上手な少年だった。
母が作った胸にイニシャル「H」が入ったセーターを着ていたため
肇は、みんなにエイチというあだ名をつけられていた。
しかし、第2次世界大戦の開戦を機にその生活は暗い影を帯びていく・・・。

戦前、戦中そして戦後とたった何年かの間で、
世の中の考え方が180度変わってしまった時代に育った人たちは
本当に大変だったと思います。
ただちょっと美しく描きすぎかな〜って感じもしましたが
あまりにも悲惨なモノを見せられるよりは、私は良かったです。
(悲惨すぎる戦争映画は苦手なので・・・)
主人公のHと妹をはじめ、子役はみんな素晴らしかったです。

映画『少年H』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
実は妹尾河童の作品は「少年H」より「河童が観た」シリーズの
手描きの凄さの方が印象に残っているんですよね〜。
(フリーパス8本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-24 21:36 | cinema | Trackback(2) | Comments(0)
スター・トレック イントゥ・ダークネス
b0020911_2216574.jpg先行で観に行きました。
冒頭からたたみかけるアクションと
派手な映像が満載です。
まあ、ツッコミどこは多々ありますが、
カークとスポックの成長物語として
それなりに楽しめる作品でした。
スポックって未来の自分と
会話できちゃうんだねー。


西暦2259年、カーク(クリス・パイン)はUSSエンタープライズの
艦長として深刻なルール違反を犯して、未知の惑星の地殻変動を止めて
副長スポック(ザカリー・クイント)を救ったが、
地球に戻ると船長を解任されてしまう。
ちょうど同じ頃、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が
何者かによって破壊される・・・。

こういう作品って、悪役がかなり重要ですよねー。
その点では、今回はかなり面白かったです。
ジョン・ハリソン役のベネディクトなかなか良かったです。
旧作は、あんまり覚えていないけど、
その方が楽しめる作品かもしれません。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
さて、J・J・エイブラムスの次はスターウォーズ!!!
映像的には期待できますが、
その他はどうなんでしょうねぇーーー。
(フリーパス7本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-19 22:17 | cinema | Trackback(8) | Comments(2)
31年目の夫婦げんか
b0020911_2212384.jpgこの作品もフリーパスでなければ
多分観なかったと思います。
メリル・ストリープと
トミー・リー・ジョーンズが
結婚31年目の夫婦を熱演。
ただね、個人的には
アメリカの中高年の夫婦の実態なんて
あんまり興味がないのよね〜


結婚31年目の夫婦、ケイ(メリル・ストリープ)と
アーノルド(トミー・リー・ジョーンズ)、
変わり映えのない毎日にケイは、もう一度夫婦として
新しくやり直したいとフェルド医師(スティーヴ・カレル)の
カップル集中カウンセリングの予約を入れる。
セラピー参加に反対していた夫を無理矢理説得し、
二人はメーン州のフェルドのもとを訪れるのだが・・・。

わりとどこにでもいそうな夫婦ですが、
アメリカのカウンセリングとかセラピーって
ホント生々しいですよねー。
31年も一緒に生活していても、お互い全てを理解できるわけではない。
夫婦だけじゃなくて、親子でもそういうトコあるような気がします。
だからこそ、ちゃんと話合うことが必要なのかもしれませんねー。
まあ、なかなか難しいけどね・・・。

映画『31年目の夫婦げんか』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
スティーヴ・カレルがセラピー医師なので、
もう少しはじけてると思っていましたが、意外と真面目でした!
(フリーパス6本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-19 22:14 | cinema | Trackback(6) | Comments(0)
終戦のエンペラー
b0020911_084992.jpg昭和天皇を題材にした映画といえば
ロシアの監督アレクサンドル・ソクーロフの
「太陽」も印象的でしたが、
こちらはハリウッド版です。
そういえば昭和天皇って、今の天皇とは
ちょっと違う独特なオーラが
あったような気がしました。
神として育てられたせいかもしれませんね〜。


1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の
司令官としてマッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が
日本に上陸した。
彼は日本文化に精通している部下フェラーズ(マシュー・フォックス)に、
昭和天皇は、太平洋戦争の真の責任者かどうかを10日間で
調査するよう極秘任務を下す。
フェラーズは、軍人、政治家と面会するが、真実はなかなか解らない。
ついに天皇の側近に会うことができるが・・・。

日本には、あえて白黒をつけないグレーゾーンの文化があり
それは外国人には理解しにくい部分ですよね。
むやみに事を荒立てたくない心情がそこには含まれる気がしますが
その辺の曖昧さが、領有権問題等を解決できない文化でもある気がします。
フェラーズがたどりついた事実が、本当に真実なのか
証拠が残っていないので、ちょっと疑問も残りますが
なかなか興味深いストーリーでした。
観客の年齢層が相当高かったです・・・(笑)

映画『終戦のエンペラー』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
フェラーズとアヤの悲恋はちょっと切ないですが
これはフィクションですよね。
(フリーパス5本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-15 00:10 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
ワールド・ウォー Z
b0020911_23431453.jpgウォーZのZはゾンビだと
早々とネタバレしてしまっていましたが、
ゾンビ映画といっても
スプラッタ系は、ほとんどないので
どちらかというとパニック映画ぽいです。
(ゾンビが苦手な方にも見やすいです)
そして、最速でゾンビになっちゃう!
約10秒だよ〜〜〜(笑)


元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)は
家族とドライブ中、渋滞にはまっていたが、前方で爆発音が聞こえ、
パニック状態の群衆がただならぬ状態で、通りになだれ込んできた。
妻子を連れて逃げるジェリーは、人間を凶暴化させる未知のウイルスが
猛スピードで世界中に感染しているのを知る。
国連の支援で戦艦に逃げ延びたジェリーは、家族を戦艦に匿う条件で
ウイルスの感染原因を突き止める依頼を受けるのだが・・・。

大群のZが、壁をよじ登ってくるシーンとか、なだれ込んでくるシーンは
それなりに迫力がありましたが、WHO研究所では一遍して
Z版お化け屋敷風な感じでした。
あとね、Zが音に敏感に反応するって解ってるなら
大事な場面で携帯鳴らす!とか、大合唱するとかって
あまりにも無警戒でしょう!!!
何があっても助かる主人公や、ありがちなオチは
お約束通りでしたが、お金のかかったソフト版Z作品として、
またパニック作品として、そこそこは楽しめる作品でした。

映画『ワールド・ウォーZ』オフィシャルサイト 大ヒット感染拡大中!←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
今回のZの特徴は、10秒で感染してしまうので、
あっという間にZだらけになる事と見た目が人間に近いって事かな〜。
あと、襲う人間がいなくなると動きが鈍くなる事ねー。
(フリーパス4本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-13 23:46 | cinema | Trackback(14) | Comments(2)
謎解きはディナーのあとで
b0020911_23385363.jpg普通だったら、多分お金出して
観ることはないと思うのですが、
フリーパス期間なので、
こんな作品も観ちゃいました!
東川篤哉の原作は、一応
3作目まで読んでいますが、
原作もかなり軽〜〜いタイプの
ミステリーです。


宝生グループという大財閥の令嬢でありながら
刑事の宝生麗子(北川景子)と執事の影山(櫻井翔)は、
休暇を楽しむためシンガポール行きの豪華客船に乗り込むが、
出航後ほどなくして船内で殺人事件が発生。
犯人は、このまま目的地まで行かねば、また人が死ぬと
殺人予告を出してくる。
捜査を進める麗子と影山だったが、次々と事件が発生してしまう・・・。

中村雅俊、鹿賀丈史、宮沢りえ、生瀬勝久、竹中直人らの豪華な
キャストが加わっていますが、テイストはテレビドラマを
少し派手にした感じです。
まあ、お時間とお金に余裕があれば、そこそこ楽しめると思います。
嵐ファンのおかげ?か以外と客入りは良いみたいです!

『映画 謎解きはディナーのあとで』公式サイト←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
このドラマは、ハイテンションな風祭京一郎を演じる椎名桔平が
ノリノリで一番楽しそうだよね〜。
(フリーパス3本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-13 23:41 | cinema | Trackback(5) | Comments(0)
パシフィック・リム
b0020911_1515486.jpg朝のワイドショーで、
ギレルモ・デル・トロ監督がお台場の
ガンダムを拝んでいるシーンが
放送されていましたが・・・(笑)
そんな監督のこだわりが
満載な作品でした。
怪獣やロボット、特撮などが
大好きだった人のために
作られた作品ですよね〜。

未知の巨大生命体KAIJUが太平洋深海の裂け目から突如現われ、
人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。
そこで人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、
KAIJUに対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発する。
一時は優勢に思えたイェーガーだが、KAIJUは出現する回数が増え
パワーもアップしていく。
人類は裂け目を破壊するため、最後の戦いに挑む・・・。

イェーガーとKAIJUのバトルは迫力満点で見応えがありましたが
できれば、昼間(明るいトコ)のシーンも観たかったです。
イェーガーの重量感ある動きは、なんかリアルだったし
高性能な武器をバンバン使う攻撃ではなく、殴り合う肉弾戦は
なんか懐かしい特撮ぽくって面白かったです。
イェーガーのタイプの違いを、もう少し詳しく観たかったなぁ〜。
美人とは言えない(失礼!)菊地凛子が、ちょっとカッコ良く見えたし
芦田愛菜ちゃんの泣きの演技はさすが!でした。
私は結構楽しめる作品でした。

大ヒット上映中! 3D/2D同時上映|映画『パシフィック・リム』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
KAIJU博士というより、KAIJUオタクの2人組やKAIJU商人ハンニバルも
なかなか楽しませてくれました。
(フリーパス2本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-11 15:20 | cinema | Trackback(15) | Comments(6)
ローン・レンジャー
b0020911_1510016.jpgジョニー・デップの
コスプレ好き(白塗り?)は
有名ですが、今回もかなり独特な
アレンジです!
(カラス、頭に乗ってるし・・・笑)
昔のテレビドラマのトントを検索したら
かなり地味なネィテイブアメリカンで
あまりの違いにちょっと笑ってしまった!
(インディアン、ウソつかない!が
口癖だったらしいです・・・。)

検事となって故郷の西部に戻ってきたジョン(アーミー・ハマー)は、
レンジャー部隊の英雄である兄たちと犯罪者を追跡中に
待ち伏せに合い、部隊は全滅し自らも瀕死の状態となる。
少年時代のある忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える戦士となった
悪霊ハンターのトント(ジョニー・デップ)は、不思議な白馬の導きと、
自らの聖なる力によってジョンを甦らせる。
ジョンは、マスクを装着し“ローン・レンジャー”と名乗り
トントと手を組んで巨悪に立ち向かうとするが・・・。

ローン・レンジャーと言いながら、主役はトントと白馬(シルバー)みたいで、
特にシルバーは良かったです。
途中ちょっと中だるみしますが、ラストの列車アクションシーンは
それなりに楽しめました。
ただ、トントのちょっとトボケたキャラは
パイレーツのジャックとほぼ同じだよね〜。

ローン・レンジャー ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
TOHOシネマズのマイルが溜まって、今月はフリーパスなので
時間がゆるす限り、普段なら観ない作品も観ちゃおうと思っております。
フリーパスは、初めてなので何本観れるか楽しみです。
(コレが1本目です!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-11 15:13 | cinema | Trackback(10) | Comments(2)