<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
アンナ・カレーニナ
b0020911_232116.jpgロシアの文豪トルストイの代表作を
演劇の舞台のようなセットで
撮影された作品です。
原作は相当長いし、
帝政ロシアの政治的な部分を
ほとんどすっ飛ばして
恋愛中心のストーリー展開に
なっています。

19世紀末のロシア。政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の
妻アンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、
社交界の花として、華やかな生活の裏で
夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いていた。
そんな中、彼女は離婚の危機に陥った兄夫婦の関係を修復させるため、
モスクワへ行き、青年将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と
出会う。彼から強い思いをぶつけられて戸惑う彼女だったが、
次第に彼へ引かれていく・・・。

まあ有名な文学作品の映画化って、なかなか難しいと思うし
どこを中心に描くかによって、かなり変わってきます。
多分この作品は、女性目当てで恋愛中心になっています。
お互い社交界の花形だったのに、だんだん泥沼にはまっていく
アンナとヴロンスキーの不倫カップルと
振られても一途なダサイけど誠実なリョービンと
傷ついて彼の気持ちにやっと応えるキティのカップルとの
対比が見どころになっています。
ただ、アンナのダンナがいい人に描かれて過ぎてるよなぁ〜。
(ジュード・ロウだし・・・私の好みの問題ですが)
美しい衣装の数々は目の保養になります!

映画『アンナ・カレーニナ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
キック・アスでは、ダメ男くんを熱演していたアーロンくん。
こういうイケメンの役もこなすのね〜。
ちょっと意外だった。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-28 23:05 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
パラノーマン ブライス・ホローの謎
b0020911_22184716.jpg「コララインとボタンの魔女」の
製作会社の作品なので、
ちょっと期待していたのですが、
すぐに上映が終わってしまいそうだったので、
仕事が忙しかったにもかかわらず
観に行きました。
案の定2週間くらいで
終わってしまいました。


300年前に魔女狩りが行われていた町、ブライス・ホロー。
ノーマンは、死者が見える特殊な能力を持った少年だった。
その能力のせいで、孤独な日々をおくっていたが
ある日行方不明だったおじさんが現れ、魔女の呪いによって
町が滅ぼされる日が近づいており、それを救うことができるのは
ノーマンだけだと言われる・・・。

人形アニメーションは凄いけど、
正直、ストーリーはイマイチだったかな〜。
多分「フランケンウィニー」とイメージが
似ていたせいかもしれませんね〜。
面白くなかったわけではありませんが、
期待ほどではなかったです。
ストップモーションアニメにCGが加わり技術的には
素晴らしいものがありますが、
私的にはもう少し人形ぽい感じが残っていた方が
好みだったかな〜って思いました。
ただ如何せんあのキャラでは、一般受けはしないでしょうね〜。


映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
2週間の上映の上、3Dだけでの公開ってちょっと厳しいですよね〜。
まあ、上映されただけでもありがたいというべきですが・・・
[PR]
by cinema-can | 2013-05-26 22:22 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
「禁断の魔術」東野 圭吾
b0020911_2212313.jpgガリレオシリーズの8作目です。
「透視す(みとおす)」
「曲球る(まがる)」
「念波る(おくる)」
「猛射つ(うつ)」の4編が
収録されています。


軽い感じだった7作目に比べて
今回は、結構良かったです。
特に4作目の「猛射つ」は中編になっていて
なかなか読み応えがありました。
ラストはちょっと切ないけど、
教育者としての湯川の一面が見れて良かったです。
(多分、ドラマの最終話になるんではないでしょうか?)
ガリレオシリーズはこれで終わりだという噂もありますが
ホントのところはどうなんでしょうね〜。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
「真夏の方程式」は、原作を読んだときから
映像化されそうな作品だと思っていましたが、
出来はどうなんでしょね〜。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-26 22:15 | book | Trackback(2) | Comments(6)
「虚像の道化師」東野 圭吾
b0020911_2282937.jpgもう月9でドラマが始まっていますが
ガリレオシリーズの7作目です。
このシリーズって、
ドラマの影響を結構受けているようで
最初の頃に比べて
湯川準教授のイメージが
福山雅治よりになってきている気がします。

「幻惑す(まどわす)」「心聴る(きこえる)」
「偽装う(よそおう)」「演技る(えんじる)」の
4作の短編が収録されています。

ドラマでも第1話になっていた「幻惑す」はガリレオらしい
物理的なトリックになっていますが、
「心聴る」は、ちょっと強引なオチでした。
後半の2作は、ストーリー的にはそれなりに
面白いですが、物理学にはあまり関係ない感じです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
湯川先生が、だんだん普通の人ぽくなってきている気がするのですが
やはり、ガリレオは変人であってほしい!!!
[PR]
by cinema-can | 2013-05-26 22:11 | book | Trackback(1) | Comments(0)
シュガー・ラッシュ
b0020911_2258894.jpgゲームの中のキャラたちが
なかなか良くって、思った以上に
楽しめました。
まあ、最近は悪役の中にも
人気者は結構いるけど、
悪役同士が集まっての
円形に並んで談笑するってのも
アメリカぽいよねー。


ラルフは、「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの
悪役を30年間も続けていたが、いつも孤独でそんな状況にうんざりしていた。
ついに彼は、自分もメダルを取ってくれば仲間に入れてもらえると
自分のゲームを抜け出して、メダルを探しに行くが
お菓子の世界のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ迷い込む。
そこで彼は、仲間外れにされている少女ヴァネロペと出会う。
都合上、彼女を手助けすることになるのだが、
そこには、大きな秘密が隠されていた・・・。

カラフルなお菓子の世界の映像は、とてもきれいでした。
本筋は、お子様も楽しめるお話ですが、
時代遅れだったり、飽きられたりで撤去されたゲーム機の
キャラたちが「仕事をください」の張り紙の下にいるシーンは
なんとも物悲しかったです。
シューティングゲームの女性軍曹と8ビットのフェリックスの
コンビは、なかなか笑わせてくれました。
特別ゲームに詳しくなくても、楽しめる作品でした。

シュガー・ラッシュ | ファンタジー・アドベンチャー | ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
同時上映の短編アニメ「紙ひこうき」もなかなかステキな作品でした。
でも、ちゃんとお仕事もしなくちゃダメだよーーー(笑)
[PR]
by cinema-can | 2013-05-25 23:00 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
プラチナデータ
b0020911_23462975.jpg東野圭吾の原作を読んだのは
ちょっと前ですが、
あまり内容を覚えてなくて・・・。
それなりの作品だったみたいです。
ただなんとなく神楽は
ニノのイメージではなかったような
気がします。


政府が極秘に収集した国民のDNA“プラチナデータ”を
利用した犯罪捜査が行われ、検挙率は100パーセントとなった近未来。
警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平(二宮和也)は、
連続猟奇殺人事件“NF13(Not Found13)”を担当することになる。
そんな中、DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹(水原希子)と
その兄・耕作が殺害され、しかもシステムが容疑者として提示したのは
神楽本人だった・・・。

まあ、2時間で説明するのはちょっと無理があったんじゃないかな〜。
神楽と早樹の関係や神楽の過去など、そんな心理描写が
重要視されるお話だからね〜。
余計なアクションより、そちらをほりさげた方が良かったのかも
しれませんね〜。
まあ、それなりには楽しめますが、TVでも充分な気がします。
(そんな作品は他にもたくさんあるけどね・・・^^;)
ラストは原作とは違ったような気がします。

『プラチナデータ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
最近は、邦画の方が断然人気があるらしくて、
2ヶ月たった今でも、上映されているトコもあるみたいです。
2週間で終わっちゃう作品も多いのに・・・。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-16 23:49 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
オズ はじまりの戦い
b0020911_23394732.jpg仕事が忙しかったので、
ちょっとさぼり過ぎて
もう鑑賞してから、2ヶ月近く
たってしまって・・・。
なんとなく記憶をたどりながら
少しずつブログを復活したいと
思っています!!!


傲慢でちょっとお調子者のオズ(ジェームズ・フランコ)は、
問題を起こし、気球で逃げ出すが竜巻に巻き込まれ、
カンザスから魔法の国オズへとたどり着く。
そこは邪悪な魔女に支配され、人々は予言の魔法使いが
国を救ってくれると信じていた。
その魔法使いと勘違いされ救世主だと思われたオズは、
西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)と
姉の東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)から、
南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)の退治を頼まれるのだが・・・。

オズの魔法使いと言えば、ドロシーとかカカシやブリキとかを
思い浮かべてしまいますが、その前のストーリーみたいです。
オズは持ち前のお調子の良さで、難を切り抜けていく感じですが
いまひとつ好きにはなれないタイプでした。
3人の魔女たちは、それぞれ良かったですが
それを上回ったのは、小さな陶器のお人形さんでした。
妙に前向きで、動きもなんかキュートで可愛かったです。
映像は美しかったです!

オズ はじまりの戦い | ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
そういえば、北の魔女ってどんな魔女だったっけ・・・???
たしか良い方の魔女で、優秀だったような・・・。
続編あるのかなーーー。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-15 23:41 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)