<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
エクスペンダブルズ2
b0020911_22551030.jpg筋肉おやじが、これだけ揃うと
さすがに濃いなぁ〜(笑)って
思ってしまいますが、
還暦をこえての、このアクション!!!
恐れ入ります。
後半のスタローン、ブルース、シュワちゃんの
そろい踏みシーンはさすがに
見応えがありました。

東欧バルカン山脈の山岳地帯に墜落した輸送機からデータボックスを
回収する仕事を引き受けた、バーニー(シルヴェスター・スタローン)が
率いる傭兵部隊エクスペンタブルズ。
だが、ヴィラン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)を
リーダーとする武装グループの襲撃を受け、
データボックスを奪われた上に、メンバーの一人を失ってしまう・・・。

正直ストーリーは単純そのもので、たいした事ありませんが
大物同士が、お互いをいじり合う会話はとても楽しめました。
悪役がヴァン・ダムってのもいい、さすがに存在感ありありでした。
そんなおやじ連中のなかの唯一の若者リアム・ヘムズワースも
ハンガー・ゲームの時よりずっと良かったです。
ただ、ジェット・リーが早々にひっこんじゃうのが、
ちょっと残念でした。
なんか別の撮影が入ってたのかな〜。

『エクスペンダブルズ2』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
次回作は、誰が登場してくれるのかなぁ〜。
兄貴がハンマー持って、弟の仇うちとか・・・ないない!!!(笑)
やはり、悪役はセガールあたりかな???
[PR]
by cinema-can | 2012-10-24 22:57 | cinema | Trackback(10) | Comments(4)
推理作家ポー 最期の5日間
b0020911_22503823.jpgエドガー・アラン・ポーといえば
初の推理小説を書いた作家として
世界的に有名ですが、
生活はとても貧窮していて、40歳の若さで
謎の死をとげたみたいですね。
死んでから有名になる!っては
芸術家には多いですが、謎の死!ってのが
また興味をそそられますよねー。

1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった
若き警視正エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、
事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の
作品によく似ていることを察知。
ポーは容疑者とみなされるが、捜査が進められる中、
彼の著作をまねるように連続殺人が発生する・・・。

多分、耽美主義的ゴシックホラーを好む人には
それなりに面白いと思いますが、一般的に受ける作品ではないかも・・・。
結構グロいシーンも多いし、「落し穴と振り子」を模倣したシーンなどは
かなりヤバい。
犯人がいまひとつだったのは、残念ですが
ポーの世界観は充分味わえる作品だと思います。

推理作家ポー 最期の5日間|映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
刑事役のルーク・エヴァンスが、なかなかカッコ良かったです。
[PR]
by cinema-can | 2012-10-24 22:52 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
ハンガー・ゲーム
b0020911_23381239.jpg微妙な予告編のせいで
「バトルロワイヤル」ぽく感じられたせいか
評判は、すこぶる悪いみたいですが、
期待せずに観たので思ったよりは
面白かったです。
前半は、ほとんど世界観の説明って感じで、
後半もバトル自体は、
たいしたことありません。

富裕層の住むキャピトルと12の隷属地区で構成される巨大独裁国家パネム。
隷属地区の国民を完全服従させるための見せしめ的イベントとして、
各地区から選出された12歳から18歳までの男女が森の中で殺し合い、
生き残った者に巨額の賞金が渡されるという「ハンガー・ゲーム」が
行われていた。プレイヤー抽選会でまだ幼い妹がプレイヤーに
選ばれてしまったカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、
彼女の代わりにゲームに出場することを志願する・・・。

ゲーム前の派手なセレモニーとか、
それぞれの得意分野を鍛える特訓とかするわりに、
ゲームが始まったとたんにバタバタ死んじゃって
24人の特徴がほとんど活かされてませんでした。
それにゲームの主催者が、関与しすぎて
ゲーム自体の面白さが、半減してしまいます。
最初から、続編ありって感じで制作されているせいか
なんとなく中途半端な感じでした。
ただ、世界観はなかなか面白かったです。
それに、グロい映像はほとんどないので
苦手な方でも大丈夫だと思います。

映画「ハンガー・ゲーム」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
連続のテレビドラマにしたら、それぞれの12地区の特徴とかも
出てもっと面白いのかもしれません。
[PR]
by cinema-can | 2012-10-12 23:41 | cinema | Trackback(2) | Comments(0)
ボーン・レガシー
b0020911_16134891.jpgジェレミー・レナーを起用しての
新しいボーンシリーズ!って
フレコミでしたが、CIAって
どんだけ暗殺者を作ってるんだか・・・
アーロン・クロスの場合は、
遺伝操作の薬づけ!って感じですが
自分が何者で何をしていたかは
わかっているので、逃げやすいよね。

最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、
トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。
そんなCIAの暗部を探る新聞記者は射殺され、
計画は中止されることになった。
それによって、加担していた全ての関係者が
闇に葬られることなるのだが・・・。

アクションは、それなりに凄いですが
やはり二番煎じって感じは否めないですよね〜。
何かにつけて、ボーンの名前が出てくるのが気になりますが、
続編とかで、マット・デイモンが登場なんてことが
あるのかな〜。
ストーリーもちょっと中途半端だし、ナンバー3以外の
暗殺者もどこかにいそうなので、続編はありありですよね。

映画『ボーン・レガシー』最高機密 全消去←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
秘密を守るため全員を抹殺するってのは、
普通悪人がやる事のような気がしますが、
このシリーズの作品を見ると、CIAも大概ひどい組織ですよね〜。
[PR]
by cinema-can | 2012-10-08 16:16 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-
b0020911_1695953.jpgちょっと時間が空いたので、
前から気になっていたこの作品
観てきました。
TV版は、見ていなかったけど
結構楽しめました。
こういう妙なトコが細かい設定って
日本アニメらしくて
なかなか面白いです。

さまざまな企業スポンサーを背負い街を守るヒーロー、
NEXTが活躍する巨大都市シュテルンビルト。
テレビではNEXTの活躍を中継する「HERO TV」が放送され、
人気を博していた。
そんなある日、会社命令でベテランヒーローのワイルドタイガーは
生意気な新人ヒーローのバーナビーとコンビを組み、
事件の解決に乗り出すことに・・・。

個性的なキャラたちもなかなか面白かったです。
近未来で架空の都市なのに、実在するスポンサーのロゴが
いっぱい出てきて、妙なリアリティもあるのよね〜。
でもこれって、結構な宣伝ですよね〜。
エンドロール後もお楽しみがあります。

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
まあ、一般受けする作品ではないと思うけど、
楽しめる人には、楽しめる作品ですね!!!
[PR]
by cinema-can | 2012-10-08 16:12 | cinema | Trackback | Comments(2)