<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
夜のとばりの物語
b0020911_22375632.jpg『アズールとアスマール』で
すっかりファンになってしまった
ミッシェル・オスロ作品。
『プリンス&プリンセス」と同じ感じで
美しい影絵の短編作品集です。
ただ劇場は一カ所だけだし、3Dのみの
一日2回上映なので、観るのは
なかなか大変でした。

「狼男」「ティ・ジャンと瓜ふたつ姫」「黄金の都と選ばれし者」
「タムタム少年」「嘘をつかなかった若者」
「鹿になった娘と建築家の息子」の6つの愛の物語です。

影絵と華やかな色彩のコントラストがなんとも美しい作品です。
物語はそれぞれ10数分の短編ですが
どれも異国情緒あふれるステキな作品でした。
影絵で3Dってどうなのかなぁ〜と思ったけど
なんとなく不思議な感覚でした。
ただ、2Dでも充分美しいし楽しめると思います。
一番気に入ったのは、「ティ・ジャンと瓜ふたつ姫」で、
「嘘をつかなかった若者」は、なんかちょっと切なかったです。

都内での上映は、もう終わってしまったみたいですが
もうDVD化も決まってるみたいなので、
良かったらDVDでご覧ください。

b0020911_2238318.jpg


映画『夜のとばりの物語』- 三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
劇場は、時間が夜だったせいかもしれませんが
ほとんど大人だけでしたが、こういう芸術性が高い作品も
たくさんの子供たちに観てほしいなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2012-09-30 22:41 | cinema | Trackback | Comments(0)
白雪姫と鏡の女王
b0020911_22335624.jpg新説白雪姫というより
コメディ版白雪姫って感じでした。
そして、なぜだかインド風ダンスもあり!
見どころは、なんといっても
豪華で美しいお衣装!!!
故石岡瑛子さんの美しい衣装の数々は
目の保養になりました。


幼いころに国王であった父が森で生死不明となり、
邪悪な継母の女王(ジュリア・ロバーツ)によって
城に閉じ込められたまま育った白雪姫(リリー・コリンズ)。
ある日、舞踏会に忍び込んだ彼女は、
そこで他国の王子(アーミー・ハマー)と運命の出会いをする。
だが、王子との政略結婚を狙っていた女王は、
白雪姫を森で殺害するよう命じる・・・。

最初に目についたのは白雪姫、眉太っ〜!!!
黒くて太いので、より目立つ!!!
でもなんとなく可愛い感じもあるのよね〜。
ジュリア・ロバーツの女王も悪くなかったけど
魔法の鏡のしくみは、今ひとつだったかなぁ〜。
ツッコミ入れつつのナレーションと最後のリンゴのくだりは
なかなか面白かったです。
何も考えずに、笑える作品でした。

映画『白雪姫と鏡の女王』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
それにしても、白雪姫はあのおとぼけ王子のどこに
惚れたのでしょう・・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2012-09-30 22:36 | cinema | Trackback(2) | Comments(0)
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
b0020911_23294549.jpgあのテーマ曲を聞くと
ちょっとワクワクしてしまうけど、
前作も、先日のTVドラマも
イマイチだったので、
期待せずに観に行きました。
さすがに、FINALだけあって
それなりには面白かったです。


国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、
その後被害者が殺された状態で発見される。
殺害に使われたのは、警察が押収した拳銃だった。
捜査を担当することになった湾岸署だったが、
相変わらず、青島(織田裕二)ら捜査員には
情報がまったく開示されない中、第2の殺人が起きてしまう・・・。

オープニングの寸劇の後に、テーマ曲にのって
過去の映像が・・・みんな若い!
そして、エンドロールの和久さん・・・。
それだけで、ちょっと感慨深いね〜。
正直、事件自体はありきたりで新しさはないけど
おどるらしさは感じることができました。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
まあ、たしかにすみれさんのバスは、ちょっとやり過ぎでしたよね。
それにしても、ホントにこれで終わりなのかな〜?
[PR]
by cinema-can | 2012-09-17 23:32 | cinema | Trackback(6) | Comments(0)
最強のふたり
b0020911_2326286.jpg実話をもとにした大富豪の障害者と
黒人介護人の話なのに
コメディ感もいっぱいで
なかなか楽しい作品でした。
環境のまったく違う2人の
掛け合いが面白かったです。
有名な俳優が出ていなくても
壮大な映像がなくても
とてもいい作品だと思います。

不慮の事故で全身麻痺になってしまった
大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。
スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は
生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきたのだが、
フィリップは彼を採用することに。
すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に理解を深めていく・・・。

障害者と接することは、本当に難しいと思う。
彼らがホントに求めている事が、なかなかわからないし
どうしても、同情的な態度をとってしまいがちです。
しかし、黒人青年ドリスにはそういう所がまったくない。
まあそれを受け取る障害者が不快に感じれば、
話はまったく変わってきますが、フィリップにはそれが
救いだったのかもしれませんね〜。
2人が今でも友人であることが、本当に素晴らしいと思いました。
フランス映画って、たまにアタリ!って思える作品があるよね〜。

映画『最強のふたり』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ハリウッドでリメイク版の製作が決定してるらしいですが、
これ以上のものは出来ないと思うので、正直いらんと思うよ〜。
[PR]
by cinema-can | 2012-09-17 23:28 | cinema | Trackback(6) | Comments(0)
るろうに剣心
b0020911_23211969.jpg原作もアニメも見た事がなかったし、
本当は劇場では、
観る予定はなかったのですが、
なかなか評判がいいようなので
観てきちゃいました。
やはり、チャンバラ(←古い?)は
殺陣が命でござるねぇ〜。
素晴らしい殺陣で
見応えがあったでござる!!!

幕末から明治になり、かつて「人斬り抜刀斎」として恐れられた剣客・
緋村剣心(佐藤健)は「不殺」の誓いのもと流浪人となっていた。
旅の途中、剣心は神谷道場の薫(武井咲)を助けたことから、
薫のところで居候することに。
一方、街では「抜刀斎」を名乗る人物による人斬り事件が
発生していた・・・。

なんだか弱々しく見える佐藤健くんが、殺陣のシーンになると
見違えるようにカッコいいのだ!
スピーディで、派手な殺陣は凄かったです。
(ライダー出身の俳優は、たまに化けるからねぇ〜)
大勢が相手の時も良かったし、ラストの鵜堂刃衛との対決も
見応えがありました。
左之助の青木崇高と須藤元気の肉弾戦も凄かったです。
あと、香川照之って小悪党をやらせたらホントに似合うよね〜(笑)
ストーリーは、まあ置いといて・・・
殺陣シーンだけで、見応えがある作品でした。

映画『るろうに剣心』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
江口洋介の演じていた斎藤一も、原作では多分重要なキャラだと
思うのですが、幕末の頃から普通のタバコをくわえていたのが
時代的になんかすごく違和感があって・・・
もともとそういうキャラなのかな〜?
[PR]
by cinema-can | 2012-09-17 23:25 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
プロメテウス
b0020911_2154679.jpg人類の起源とか、
遺跡のミステリーみたいな
思わせぶりな予告編とは裏腹に、
エイリアンのエピソード0のだから
結構グロいとネットで
ネタバレしていたので、
正直観ようかどうか迷ったけど
結局観ちゃいました。
さすがに3Dはやめて2Dにしましたけど・・・。

発見された古代遺跡から、人類の起源にまつわる謎の答えが
あるかもしれない未知の惑星が浮かび上がり、
科学者たちを中心に編成された調査チームは、
宇宙船プロメテウス号に乗り込んで問題の惑星へと向かう。
惑星にたどり着いた彼らは、探査に没頭する中、
思いも寄らない事態がおこる・・・。

オープニングから5分くらいの自然の映像だけでも
ホントに素晴らしい壮大な映像でした。
えっと、宇宙船とか乗り物とか人型ロボットとか
映像はそれなりに凄いけど、ストーリーは
ほとんど意味ない感じでした。
ただね、やはり結構グロい場面も多少ありますので
苦手な方には、ちょっとキツいかも・・・。
まあ、エイリアンが大丈夫ならOKだと思います。

映画『プロメテウス』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
基本的にグロいの苦手なので、後半はちょっとキツかったです。
あのグチャグチャした感じは、どうしても好きになれないよなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2012-09-08 21:56 | cinema | Trackback(5) | Comments(4)
雪の女王(ロシアアニメ)
b0020911_21471076.jpg若き日の宮崎駿を魅了したという
この作品が、今福岡で開催されている
「チェブラーシカとロシアアニメーション
の作家たち」というイベントで
上映されるというので、
その日を選んで観てきました。



1957年の作品なので、動きはさすがにスローですが
それが古風な絵本のようなイラストとマッチしていて
素朴な美しさを感じる作品でした。
同じ50年以上前の作品でも、ディズニー作品とは
また違う味わいがありました。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
30人くらいの小さな会場でちょっと見にくかったけど
63分作品なので、なんとか最後まで見ることができました!
[PR]
by cinema-can | 2012-09-08 21:48 | cinema | Trackback | Comments(0)
「こいわすれ」畠中 恵
b0020911_21434418.jpgまんまことシリーズの第3弾です。
江戸町名主のお気楽跡取り息子、
麻之助が幼なじみの2人と共に
町のもめ事を解決するこのシリーズも
3作目になって、麻之助も父親に
なるのかも・・・って。
それが、あんな展開になるとは・・・
ちょっと切な過ぎるよなぁ〜〜〜。
短編それぞれは、それなりに面白いけど
最後がなぁーーーー辛過ぎますよ。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
畠中作品は、基本的に明るく終わる作品がほとんどなのに
今回は、なんだかモヤモヤが残ってしまいました!
[PR]
by cinema-can | 2012-09-08 21:45 | book | Trackback | Comments(0)
アベンジャーズ
b0020911_0493668.jpgマーベル・コミックの
ヒーロー大集合のお祭り映画です。
まあ、こういう作品は
細かいことはぬきにして
単純に楽しまないとね〜。
ハルク役が変わっちゃったのが
ちょっと残念だけど、
充分に楽しめました!!!

地球滅亡の危機を回避する戦いに、
大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、
神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、
感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)
などを集めた部隊アベンジャーズが結成されるのだが・・・。

それぞれの作品を見ていなくても
それなりには楽しめると思いますが、
「マイティ・ソー」と「キャプテンアメリカ」くらいは
見ていた方が、楽しさが倍増します。
エンドロール後の映像は爆笑でした!!!

b0020911_0502760.jpg


アベンジャーズ|Avengers|映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
アイアンマン3やブラック・ウィドウを主人公にした作品もあるらしいし、
アベンジャーズ2が楽しみですね〜。
スパイダーマンも参戦とかないよねーーー(^^;)
[PR]
by cinema-can | 2012-09-03 00:51 | cinema | Trackback(8) | Comments(4)
アントキノイノチ
b0020911_0435712.jpgさだまさし原作の小説の映画化。
複雑な過去を持ち心を閉ざした若者が、
遺品整理という仕事を通じて
再生していく姿を描く。
役者陣も悪くなかったし、
遺品整理という仕事を通しての生と死は、
なかなか考えさせられるけど、
ラストがあまりに切な過ぎて、
なんとも言えない。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
「元気ですかぁ〜!」というセリフとこのタイトル!
シリアスな内容と、このダジャレぽい感じが
なんとも合わない感じがして、ちょっとねぇーーー。
[PR]
by cinema-can | 2012-09-03 00:47 | DVD | Trackback(2) | Comments(2)