<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
劇場版 SPEC~天~
b0020911_22542624.jpg実は結構SPECファン
だったりして・・・汗)
テレビ版の「SPEC~翔~」も
しっかり鑑賞して
劇場版を観ました!!!
まあ、正直ここまでくると
なんでもあり!だな〜って
思ってしまいますが、
この作品は、これでいいのかな〜。

通常の捜査では解決できない特殊な事件を専門に扱う
「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」通称「未詳」の
特別捜査官、当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)。
型破りなためケンカの絶えない彼らのもとに、海上のクルーザーから
数名のミイラ死体が発見されたという知らせが届く・・・。

これって、たぶんTV版を見ている人限定で
SPECのギャグをそれなりに楽しめる人でなければ
面白くないでしょうねぇーーー。
ただ、TVでも充分かもしれません・・・。
それにしても、伊藤淳史のSPECは、人間を逸脱しているよ〜。


『劇場版 SPEC~天~』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
たぶん、結?はあるのでしょう!
そして、なんだかんだ言いながら見てしまうのでしょう!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2012-05-29 22:56 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
ジョン・カーター
b0020911_2348467.jpgどうやら、大ゴケして
かなりの赤字を出してしまった感の
この作品ですが、
私はそれなりに楽しめたかなぁ〜。
まあもともとSFとかファンタジーとか
好きなので・・・。



1881年のニューヨーク、大富豪のジョン・カーター(テイラー・キッチュ)が
謎の失踪し、駆けつけた甥のエドガーは、彼が急死したことを知る。
エドガーに託された叔父の日記には、驚くべき内容が記されていた・・・。

たしかに、どこかで見た事あるようなシーンは多いですが
もともと100年も前の「火星のプリンセス」が原作だもんねぇー。
どちらかというとこの小説をもとに作られた作品が
多いんだよね〜。
ただ、作品としての出来は正直いまひとつかなぁ〜。
映像に比べて、ストーリーがちょっとわかりづらい感じでした。


ジョン・カーター | ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品 |←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
まあ、シリーズ化は無理ぽいですねぇー。
[PR]
by cinema-can | 2012-05-21 23:49 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
b0020911_23433924.jpg差別がテーマな作品ですが
これは、女たちの物語で
男性は、ほとんど存在感がないです。
黒人と白人の差別だけではなく
白人の中でも、差別があり
その辺もなかなか興味深かったです。



1960年代当時アメリカ・ミシシッピ州では、白人家庭で
メイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。
作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は
メイドの置かれた立場に疑問を抱き、
彼女たちにインタビューをすることに。
仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、
一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる・・・・。

テーマは重いのですが、全体的に淡々と話が進むし
笑える部分も結構あるので、割と軽い気持ちで
見ることができる作品でした。
それにしても、あのボス的奥様はイヤな奴だったなぁ〜。
奥様たちの衣装は、なかなか可愛くてステキでした。

【映画】ヘルプ ~心がつなぐストーリー~←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
しばらくは、チョコレートパイを食べる気にはならないなぁ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2012-05-21 23:46 | cinema | Trackback | Comments(0)
アーティスト
b0020911_233295.jpg本年度アカデミー作品賞を
獲得したサイレント映画です。
CG・3Dが氾濫する中で、
あえてモノクロのサイレントってところが、
フランス人監督だな〜って気がします。
ストーリーもシンプルで
まあ、たまにはこんな作品もいいかなぁ〜って
思いました。

1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターの
ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、
新作の舞台で新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
その後、ジョージの何げないアドバイスをきっかけに
ヒロインを務めるほどになったペピーは、
トーキー映画のスターへと駆け上がる。
一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわり、
落ちぶれていく・・・。

まるで、古い映画を観ているようで
なんとなく新しさも感じました。
なんだろう・・・目にやさしい映画!って感じがしました。
なんせ、最近は目が疲れる作品が多いですからねぇ〜。
ストーリーは、正直ありきたりですが、
音楽も雰囲気も良かったです。
カラーだったら、さぞ衣装も美しいのだろうなぁ〜と
想像させられました。
私は結構好きでしたが、やはり派手さがない分
一般受けはしないかもしれませんね〜。

映画『アーティスト』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
アギー(ワンちゃん)の名演技は、なかなか感動ものです!
[PR]
by cinema-can | 2012-05-20 04:32 | Trackback(2) | Comments(3)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
b0020911_23424425.jpg随分前に、試写会で見ました。
メリル・ストリープの
マーガレット・サッチャーは
とても素晴らしかったけど、
男社会の政治の世界で
がんばっていくのは、
今もたぶん変わっていないよねぇー。


雑貨商の家に生まれたマーガレット(メリル・ストリープ)は、
政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。
事業家デニス・サッチャーと結婚した後も、政治家としての
道をあきらめず、1979年女性初のイギリス首相となる。
“鉄の女”の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解決し、
フォークランド紛争に勝利したが、
誰にも見せていない孤独な別の顔があった・・・・。

政治家を引退してからの、彼女の生活が
結構赤裸々に描かれていて、一応、まだご健在なわけだし
なんだかいいのかなぁ〜って気もしました。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
メリル・ストリープの一人舞台でした。
[PR]
by cinema-can | 2012-05-14 23:44 | cinema | Trackback(2) | Comments(0)
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
b0020911_1113422.jpgダウニー・Jrのホームズは、
頭脳明晰って感じではなく
かなりの武闘派って感じで
ド派手なアクション満載でした。
それに、ワトソン(ジュード)の事
好き過ぎでしょう・・・!
かなりあぶない雰囲気・・・(笑)


オーストリア皇太子が自殺する事件が起きるも、
シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は
皇太子が暗殺されたと推測。
事件の謎を解くため社交クラブに潜入したホームズは、
ジプシーの占い師シム(ノオミ・ラパス)と出会うが、
シムは事件の手掛かりを知ったことで暗殺事件の
首謀者モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)に狙われてしまう・・・・。

今回は、宿敵モリアーティ教授との対決になるわけですが、
一応最終対決場所が、ちゃんとスイスの滝になってるのが
なかなか見事な演出でした。
マイクロフト兄ちゃんも悪くなったけど、
アイリーンが、早々にいなくなっちゃってなんか残念でした。
ワトソンの新妻は、災難でこれからも大変そうだなぁ〜(笑)
娯楽作品として結構楽しめました。

映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
たぶん、3作目もありそうですが、
何の話を持ってくるのかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2012-05-13 01:14 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
戦火の馬
b0020911_0554712.jpgなんか時間が経ち過ぎて
よく覚えていない感じですが、
なんと言っても
馬が素晴らしかったです。
最初ちょっとライバル同士だった
黒馬とジョーイが苦難を乗り越えて
友情が芽生えているみたいで
なんとも感動的でした。

農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)は、
父親が思わず買ってしまった名馬をジョーイと名付け、
懸命に育てる。しかし、農作物の不作によりジョーイは軍馬として騎馬隊に
売られ、フランスの戦地に送られてしまう。
そしてアルバートも徴兵年齢に満たないにもかかわらず、
ジョーイと会いたいがため激戦下のフランスへ旅立つ・・・・。

正直主人公の青年にはそれほど魅力は感じなかったけど
ジョーイを買ったイギリス人将校が、すごくいい人で・・・
なのにすぐにいなくなっちゃって、ちょっと残念!
あと敵味方関係なく、馬を助けようとした2人の掛け合いは
なかなか良いシーンでした。

【映画】戦火の馬|←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
フランス人の祖父と娘に向かって、ドイツ人将校のはなった
「戦争は、何もかも奪っていくものだ!」というのが印象的でした。
[PR]
by cinema-can | 2012-05-11 00:59 | cinema | Trackback(5) | Comments(4)
復活!
いろいろあって、すっかりサボってしまいましたが、
ボチボチ復活したいと思います。

たまった記事を少しずつUPしていきますので、
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by cinema-can | 2012-05-11 00:03 | お知らせ | Trackback | Comments(2)