<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
今年もお世話になりました(*^^*)
b0020911_25288.jpg

今年もお世話になりました!
相変わらずのんびりな更新に、おつきあいくださり
本当にありがとうございました。

結局DVDの感想は、数十点ほどスルーしてしまったけど
まあなんとか、これからも続けていこうと思っています。
できれば、来年もこりずにおつきあいくださいね〜。

今日から、3日くらい実家に帰宅しますので、
TB&コメントのお返事は戻ってからいたしますね。
それでは、皆様良いお年を。
来年もよろしくお願いします(。◕‿◕。)
[PR]
by cinema-can | 2011-12-31 02:17 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
ニューイヤーズ・イブ
b0020911_0113122.jpgやはり、この作品は
今年中に観なくては・・・ってことで、
今年最後の劇場鑑賞作品です。
ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、
ミシェル・ファイファー、
ジョン・ボン・ジョヴィ、ザック・エフロン、
サラ・ジェシカ・パーカー
とキャストは超豪華でした。


大みそかのニューヨークを舞台に、間近に死が迫った病人と、
そんな彼を見守る看護師。去年の大みそかに遭遇した女性と
交わした約束を忘れることができない男性。
会社を辞めて今年中にやりたいことを実現しようとする女性など
さまざまな事情を抱える8組の人々のドラマ。

いくつかのストーリーが同時進行していくタイプの作品で、
目新しさや盛り上がりは然程ないけれど、まあ年末に観るには
いいかもって感じでした。
タイムズスクエアの年越しカウントダウンイベントの
あの球体は、中から何か出てくるのかと思ってたよ〜(~_~;)

映画『ニューイヤーズ・イブ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
最後の馬車はやりすぎだよなぁ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2011-12-31 00:15 | cinema | Trackback(2) | Comments(0)
宇宙人ポール
b0020911_043051.jpgなかなか笑わせて
いただきました!!!
ポールってば、めちゃめちゃ
お茶目でした。
サイモン・ペッグとニック・フロストの
オタクぶりも面白かったです。



SFオタクのイギリス人、クライブ(ニック・フロスト)と
グレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典
「コミコン」とアメリカのUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。
その途中、ネバダ州の「エリア51」でポールと名乗る宇宙人と遭遇する。
そしてポールを故郷に帰すため、悪戦苦闘することに・・・・。

スピルバーグ作品を筆頭に、数々のSF映画へのオマージュが
詰め込まれ楽しめます。
追う方のボスがあの人というのも、なかなか粋ですよね。
ポールのキャラは、最高でしたが、
さすがにあの風体で、いきなり目の前に現れたら
誰でも驚くよねぇーーー。

『宇宙人ポール』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
来年は、「メン・イン・ブラック3」も上映されるし、
案外ホントにポールはいるかもしれないなぁ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2011-12-31 00:08 | cinema | Trackback(8) | Comments(4)
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
b0020911_23591743.jpgいやぁ〜!お馴染みの
あのテーマ曲かかるだけで
ちょっとワクワクしてしまうけど、
49歳のトムは、さすがでした!!!
まるでアニメのように
高層ビルを走るシーンは圧巻です。



ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられた
イーサン・ハント(トム・クルーズ)。アメリカ大統領は
政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。
イーサンのチームは組織から登録を消されるも、
真犯人への接近を図るため、ドバイの世界一の高層ビル、
ブルジュ・ハリファへ向かうのだが・・・・。

アクションシーンは、文句なく素晴らしかったです。
「ミレニアムシリーズ」のミカエル・ニクヴィストが
いきなり出てきて、ちょっとビックリだったけど
設定もちゃんとスウェーデン人なのね・・・(笑)
今回は、チームメンバーも良かったです。
ただ、奥さんの事はちょっと切ないですねぇー。
それにしても、目の中に入れて人物を特定したり
コピーしたり出来るコンタクトレンズみたいな品は
凄いですよねぇー。

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
この間、1作目が地上波で放送されていて、たまたま見たら
MOディスクに機密をコピーしていて、思わず苦笑してしまったけど
今回のUSBメモリーも何年か立ったら、笑えるアイテムに
なっちゃってるかもしれないなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2011-12-31 00:02 | Trackback(11) | Comments(4)
源氏物語 千年の謎
b0020911_23172767.jpg実は歴史の中で
平安時代は、なんか雅だし
妖怪や陰陽師が活躍するので
1番好きだったりします。
なので、評判はさておき
観てきました。
(だから、来年の大河もちょっと
楽しみだったりして・・・笑)

平安時代、権勢を誇っていた藤原道長(東山紀之)は、
娘が帝の子を産むことを望み、紫式部(中谷美紀)に
帝の気を引く物語を書くように命令する。
そこで彼女は、絶世の美男・光源氏(生田斗真)と
彼を取り巻く宮中の女性たちの物語を執筆することに。
紫式部が綴る『源氏物語』は、たちまち帝の心を掴み、
帝と彰子の間に男の子が生まれた。
しかし紫式部は『源氏物語』を書き続けるのだった・・・・。

結局千年の謎は、あやふやなままで、物語は若紫(紫の上)が
出てくる前に終わってしまいます。
まあ、源氏物語の前半部分ってトコでしょうか。
それでも、映像は雅な感じで美しかったし、女優さんたちも
きれいでした。
あまり期待してなかったし、まあこんなもんでしょう。

映画『源氏物語 千年の謎』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
東儀秀樹って、最近は俳優さんなのね〜。
[PR]
by cinema-can | 2011-12-23 23:18 | cinema | Trackback(12) | Comments(2)
ワイルド7
b0020911_1123142.jpg久々の試写会で観てきました。
原作のコミックも
テレビのドラマも見た覚えは
ないんですが・・・
なるほどねぇ〜、
こういう話だったんですね。



犯罪者の中から選ばれた7人の警察官、通称“ワイルド7”は
凶悪犯を射殺することができる特殊部隊だった。
ある日、メンバーたちが犯人を追い詰めた瞬間、
謎のスナイパーが現われ犯人を射殺して逃走する。
ワイルド7の飛葉(瑛太)はスナイパーを追跡するものの
見失ってしまう・・・・。

椎名桔平、宇梶剛士、中井貴一らのオジさんたちが
なかなかカッコ良かったです。
まあ、ツッコミドコも満載ですが、トラックの中から
バイクで飛び出してくるシーンとか凄かったです。
7人の個性がもう少し出てればもっと面白かったかも・・・。
銃撃戦とバイクが好きなら、楽しめる作品です。

映画『ワイルド7』公式サイト←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
深キョンって、演技がうまいとは言えないけど
なんか独特の雰囲気があるよねぇー。
[PR]
by cinema-can | 2011-12-20 01:16 | cinema | Trackback(11) | Comments(4)
リアル・スティール
b0020911_115944.jpgいろんなロボットが出てくる
面白さと、ほとんど一緒に
暮らしたことのない親子が
どんどんホントの父と息子に
なっていく様が良かったです。
冷静でかしこそうに見える
マックスくんが、結構な
暴走に走るシーンは、さすがに
親子の血を感じてしまいます(笑)

かつて優秀なボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は
妻子と離れ、ただ自分の夢だけに没頭してきた。
だが西暦2020年の今では人間に代わり、格闘技ロボットたちが
ボクサーとして活躍していた。どうにかロボット格闘技の
プロモーターとして生活していた彼は、お金のために
母を亡くした息子マックス(ダコタ・ゴヨ)を一時預かることに・・・・。

ゼウスとの決戦シーンは、ロッキーのパクリぽいという方々も
いるようですが、私はどちらかというと「あしたのジョー」を
彷彿させました。立て!立つんだ!ジョー!!!じゃなくて
立て!立つんだ!アトム〜〜!!!みたいな・・・(笑)
でも、ロボット同士の試合シーンは迫力があって良かったですよ。

リアル・スティール←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
アトムという名前からして、日本製に違いないと
私も思っています!
[PR]
by cinema-can | 2011-12-19 01:17 | cinema | Trackback(9) | Comments(6)
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
b0020911_0371793.jpgこちらは、宣伝バリバリで
2D版、3D版に吹替、字幕と
てんこ盛りに上映されてます。
最初、原作のタンタンと
3D化されたタンタンが
あまりにイメージが違うって
感じましたが、観ているうちに
だんだん慣れてきました。

ある日タンタンは、ガラスケースに陳列されていた帆船の
模型に魅了され購入する。ところがその直後から、
彼は見知らぬ男たちに追いかけ回されるハメになる。
何とその船は17世紀に海賊の襲撃によって消息を絶った
伝説のユニコーン号で、模型のマストにはある暗号が
記された巻物が隠されていた・・・・。

なんと言っても、愛犬のスノーウィがかしこいし可愛い!!!
敵をやっつけた時の、得意顔も良かったです。
展開が速いし、ハラハラシーンの連続なので
楽しめるけど、3Dだとちょっと目が疲れるました。
ところで、タンタンって歳、いくつなんだろう・・・?

b0020911_038099.jpg


映画『タンタンの冒険』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
デュポンとデュボンって、双子でも兄弟でもないのに
顔も名前もそっくりなインターポール (ICPO) の刑事だったんだ。
てっきり、双子だと思ってました!(^^;)
[PR]
by cinema-can | 2011-12-12 00:45 | cinema | Trackback(5) | Comments(4)
アーサー・クリスマスの大冒険
b0020911_0295883.jpg「ウォレスとグルミット」の
アードマン・アニメーションズが
制作してる結構面白い作品なのに
あまり宣伝もされなかった為か
いまひとつ、話題になっていなくて
ちょっと残念です。



サンタと長男のスティーブは、600万人の子どもたちのうち、
たった1人にプレゼントを配達できなかったことを
仕方ないミスとしてあきらめてしまっていた。
ところが、次男のアーサーは、クリスマスの夜が明けるまでに
地球の反対側にある子どもの家にプレゼントを届けようとするのだが・・・・。

サンタもIT化されていて、かなりハイテクなのが面白いです。
そして、それに対抗するおじいさんサンタとトナカイたちも
なかなか楽しいです。
映像もすごくきれいだし、幸せな気分にさせてくれる
ステキな作品でした。

b0020911_033957.jpg


アーサー・クリスマスの大冒険←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ホントは、字幕でジェームズ・マカヴォイ版が観たかったけど
残念ながら吹替えしか上映されてなくて・・・。
でもウエンツ瑛士版でも、楽しめる作品です。
[PR]
by cinema-can | 2011-12-12 00:38 | cinema | Trackback(6) | Comments(4)
ラビット・ホール
b0020911_23523365.jpg幼い息子を亡くした夫婦の
再生の物語なんだけど
悲しみの乗り越え方は、夫婦だとて
決して同じとは限らない。
だから、離婚してしまう場合も
結構多いのかもしれない・・・。
とてもとても大変で、
難しいことですよね。

郊外に暮らすベッカ(ニコール・キッドマン)と
ハウィー(アーロン・エッカート)夫妻は、愛する息子を交通事故で
失った悲しみから立ち直れず、夫婦の関係もぎこちなくなっていた。
そんなある日、ベッカは息子の命を奪ったティーンエイジャーの少年と
遭遇し、たびたび会うようになる・・・・。

アカデミー賞にノミネートされたニコール・キッドマンの
演技は素晴らしかったですが、夫役のアーロン・エッカートも
すごく良かったです。
とても切ない作品ではありますが、希望の持てるラストでした。

映画『ラビット・ホール』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
アメリカには、自分の悲しみとかを語り合うグループ会みたいなものが
良くあるけど、あれってどんだけ効果あるのかなぁ〜。
なんとなく日本人には向かない気もするけど・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2011-12-04 23:55 | cinema | Trackback | Comments(0)