<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
恋の罪
b0020911_23152363.jpgう〜〜ん、やはり園子温作品はかなり衝撃的だ。
彼の作品を見るのは、
これで2作目となるのですが
冒頭からエロとグロの
てんこ盛り!って感じ。
身体をはった女優陣の凄さは
感じますが・・・・なんとも
凄過ぎる内容でした。

ある大雨の日、ラブホテル街の廃墟アパートで女性の死体が発見される。
その事件を追う刑事の和子(水野美紀)は、
幸せな家庭を持ちながらもずるずると愛人との関係を続けていた。
彼女は捜査を進めるうちに、大学のエリート助教授美津子(冨樫真)や、
売れっ子小説家の妻いずみ(神楽坂恵)の秘密を知ることになる・・・・。

冨樫真の迫真ぶりも怖かったけど、その母親の大方斐紗子の
怪演ぶりがホント恐ろしい。
ただ、お子ちゃまの私には、まったく共感できる部分は
ありませんでした。

園子温監督作品『恋の罪』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
園子温作品は、一回見たら決して忘れる事ができない
インパクトがあります。
でも、2回見たいとは思えない作品でもあります。(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2011-11-28 23:20 | cinema | Trackback | Comments(0)
人生万歳!
b0020911_23115057.jpgウディ・アレンによる通算40作目の監督作。
NYを舞台に、かつてはノーベル賞候補にも
なったが今は冴えない中年男と
若い娘の奇妙な恋愛模様を描くコメディ。
全て対して否定的な考えのボリスは
ちょっと面倒くさい感じですが、
お相手のメロディの家族が、ぶっとんでいて
笑えました。
ウディ・アレンの作品は結構好きなんだけど、
これはかなり軽〜いコメディでした。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
原題は「WHATEVER WORKS」なんでもあり!って
意味らしいです・・・なるほどねぇーーーー。
そういう内容でした!!!
[PR]
by cinema-can | 2011-11-28 23:13 | DVD | Trackback(1) | Comments(0)
アレクサンドリア
b0020911_2375776.jpg4世紀のアレクサンドリアを舞台に、
女性天文学者ヒュパティアの
数奇な運命を描く歴史ドラマ。
なんかこんな作品を見ると
キリスト教は、ホントに血塗られた
宗教だなぁ〜と思いますよねー。
まあ宗教は結局、権力へと繋がる場合が
多いので、そこが問題なんでしょうね。
ラストは、悲惨でした!!!

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
どんな神様(宗教)にも寛容な日本の思想って
案外世界に誇れることなのかもしれない・・・。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-28 23:10 | DVD | Trackback(1) | Comments(0)
インモータルズ -神々の戦い-
b0020911_21272312.jpg神々の戦い!って
サブタイトル付けてるくせに
神々は、なかなか戦いません!
やっと、戦い!って思ったら
ゼウス以外は結構弱くて・・・(笑)
見た目は、金ピカで
きれいなんだけどね〜。


神話の時代のギリシア、全能神ゼウス(ルーク・エヴァンス)は
人類の平和と繁栄を願い地上の営みを見守ってきた。
そんな彼の前に、ギリシアを滅ぼし世界支配をたくらむ
邪悪な王ハイペリオン(ミッキー・ローク)が現れる。
彼のたくらみを阻止するためゼウスに選ばれた
人間の勇者テセウス(ヘンリー・カヴィル)が立ち上がり、
やがて世界を揺るがす戦いへと発展していく・・・・。

人間の戦いには干渉してはいけない!って言ってるけど、
もともとギリシャ神話って、神と人間が混同してるもんだしね〜。
神と人間の混血も結構多いしねー。
どうせなら、神々の戦闘をもう少し派手派手に
やってもらいたかったです。
どちらかというと、なんちゃって3Dなので
2Dで充分な作品です。

映画『インモータルズ-神々の戦い-』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ハイペリオンは、残忍でひどい王だとは思うけど
もとをただせば、神々にもの凄く祈ったけど
妻と子が死んでしまったことがきっかけなのよねぇー。
神様って、祈ってもほとんど願いは叶えてくれないもんね〜(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2011-11-24 21:29 | cinema | Trackback(4) | Comments(4)
デイブレイカー
b0020911_21232834.jpg人類のほとんどがバンパイアと化した
近未来を描くSFアクション・スリラー。
人類が食料とされているのは
ちょっときついけど、
血が足りなくて、
バンパイアの血を飲んだら
ゾンビ化してしまう様がなんとも・・・。

ストーリー自体は、そこそこですが
バンパイア化した人々が、
日常の生活をしている様はちょっと面白かったです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
バンパイアになると、病気や怪我で死ぬ事もなくなるけど
同じメンツで何十年も過ごすのも結構つらいかも・・・。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-24 21:25 | DVD | Trackback(2) | Comments(0)
冷たい熱帯魚
b0020911_21204620.jpg鬼才と言われるだけあって
さすがに園子温監督作品は
衝撃的でした!!!
正直、目を覆いたくなるシーンも
かなりあり、怖いしグロい!!!
でんでん、吹越満の演技は凄かったです。
人は、ここまで残忍になれるのかというのを
見た気がします。
地上波では、絶対放送できない作品です。

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
埼玉愛犬家殺人事件がベースになっているらしいですが
ちょっと気分が悪くなる事、受け合いな作品です。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-24 21:21 | DVD | Trackback(1) | Comments(0)
八日目の蝉
b0020911_21182686.jpg実は原作を読んだんで、
原作に比べるとちょっと
物足りない感じもしましたが
妻(森口瑤子)と愛人(永作博美)は
なんか良く出来てました。
小池栄子の変人ぶりもいい味出してました。
あと、子役の子も可愛かったです。

ただ、原作ほど物語の重みは感じませんでした。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
なんだか、DVDの感想がたまってしまったので、
ちょっと簡単にUPしていこうと思います。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-24 21:19 | DVD | Trackback(2) | Comments(2)
ミッション:8ミニッツ
b0020911_21494982.jpg『月に囚われた男』の
ダンカン・ジョーンズ監督の2作目。
何度も死ぬ感覚を味わうなんて
精神的にかなりきついよなぁー。
見ていてちょっと辛くなる。
だけど、同じ8分なのに
ちょっとずつ違ってくるのが
面白いです。

シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、
事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。
爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、
犯人を見つけ出すという任務遂行のため、
軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。
事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、
彼の中である疑惑が膨らんでいく・・・・。

列車に乗っている人の中から、犯人を捜すわけですが
どうせもう死んでいる人々だから、
何をしてもかまわないみたいな発想は、かなりひどい!
まあ、そのあとスティーヴンスに対しても
かなりひどいことをしていてビックリだったけど・・・。
最後の転送は、もしかしたら幻(幻想)かもしれないけど
あれで、なんとなく救われた気がしました。

ミッション:8ミニッツ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
発想は面白いけど、結構残酷な話でした。
スティーヴンスが父親に電話するシーンは切なかったです!
[PR]
by cinema-can | 2011-11-21 21:51 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
ステキな金縛り
b0020911_2319986.jpgちょい役にまで、
深キョン、唐沢寿明、佐藤浩市
篠原涼子を起用した
豪華な三谷幸喜作品です。
深津絵里、西田敏行、中井貴一の
掛け合いもさすが!って
感じでコミカルで
楽しい作品でした。

失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、
ある殺人事件を担当することになる。
被告人は犯行が行われたときに自分は金縛りにあっていたので、
完ぺきなアリバイがあると自らの身の潔白を主張。
エミはそのアリバイを実証するため、被告人の上に
一晩中のしかかっていた幽霊の落ち武者、六兵衛(西田敏行)を
証人として法廷に召喚させるが・・・・。

中井貴一が愛犬と再会するシーンはすごく良かったけど
愛犬役のワンちゃんがそれほどうれしそうじゃなかった気がして・・(^^;)
なんか余計に切なく感じてしまいました。
残念だったのはなんとなく、草なぎ剛の父親役だけが
なんか浮いてる感じで合っていなかったです。
たぶん、コメディには向いていないんじゃないかなぁ〜。
あと、阿部寛があまりにあっけなくってびっくりでした!

三谷幸喜監督最新作 映画『ステキな金縛り』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
法廷画家の描くイラストもすごく良く出来ていて
面白かったです。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-15 23:19 | cinema | Trackback(10) | Comments(4)
ランゴ
b0020911_2344214.jpg声優にジョニー・デップを
起用しても、キャラ的には
日本人受けしない気が
していましたが・・・。
まあ、カメレオンの
マカロニ・ウエスタンって
どう考えても、日本向けでは
ないですよねぇー。

ペットとして飼われていたお調子者のカメレオンのランゴは、
飼い主のドライブ中に水槽ごと砂漠の道路に投げ出されてしまう。
ランゴは砂漠でさまよう羽目になり、西部の荒野にある町ダートにたどりつく。
自分は怖いもの知らずのヒーローだと嘘をついてしまった彼は、
まぐれでタカを倒し、町の保安官に任命される。
そして、町からなくなった水を取り戻す依頼を受けるのだが・・・・。

ただ、私はそこそこ面白かったかなぁ〜。
映画のパロディも結構あるので、笑えたけど
お子様には、キャラ受けはしないようで
泣いてしまった子もいるとか・・・・(~_~;)
ストーリーも単純で普通なので、
(環境問題が盛り込まれてる感じですけど)
みんなが楽しめる作品ではないかも。
お魚のおもちゃは可愛い!!!

映画『ランゴ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
カメレオン俳優ってことで、ジョニーなのかぁ〜?
ジャンゴのもじりで、ランゴ?
まあ、そんな作品ですよーーーー。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-11 23:46 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)