<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
b0020911_844232.jpg原作から始まったハリーとの
長い長〜いおつきあいも
これで最後となりました!
最後まで、キャストを変えずに
続けてくれたことは
ホントに素晴らしかったと
思っています。
みんなの成長も楽しめました。

ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、
ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。
それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の
手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。
だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、
もはや誰の身も安全ではなくなっていた・・・・。

お話がいきなりはじまるので、少なくと前作を見ていないと
理解は難しいです。
最初のシーンやトロッコ、ドラゴンで飛ぶシーンなど
そこそこ3Dの効果はありますが、2Dでも楽しめると思います。

最後というだけあって、映画では「秘密の部屋」まで登場します。
ただし、全体的には駆け足感もありますが
まあ時間が限られているからしかたないですよね〜。
そして、なんと言ってもスネイプの想い!!!
なんか切ないですよね〜。
中身がハーマイオニーのベラトリックス(ヘレナ・ボナム=カーター)が
妙に可愛くて良かったです。
b0020911_8451688.jpg


映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
これで、おしまいだと思うとなんか寂しいなぁ〜。
出来れば、ハリーの父親世代(スネイプの話でもいいなあ)とか、
ダンブルドアのスピンオフを書いてくれればいいのになぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2011-07-30 08:48 | cinema | Trackback(4) | Comments(4)
アイ・アム・ナンバー4
b0020911_047499.jpg「アレックス・ライダー」では
可愛いイケメンくんだった
アレックスくんもすっかり
成長して登場です。
(まあ、若干イメージが
変わったけど、見守りたいと
思っています!*^^*)


故郷の星・ロリアンを追われ、地球に逃れてきた特殊能力を持つ
9人の子供たちは守護者とともに、地球の各地に散らばって成長していた。
しかし、異星人“モガドリアン”によってナンバー3までが
殺されてします。覚醒したナンバー4(アレックス・ペティファー)は、
身を守るため彼らと対決しようとするのだが・・・・。

前半は、学園ものが中心なので、若干退屈感もありますが
ナンバー6が登場するあたりから、アクションも
凄くて面白くなってきます。
ナンバー6がなかなかカッコ良くてステキです。
でも、おかげでガールフレンドがすっかりかすんじゃったよね〜。
あと、意外な力を発揮するワンちゃんも良かったです。
物語は、これからって感じで謎はいっぱいなので
これからの展開に期待です。
ちゃんと続きやってよねーーーー。

アイ・アム・ナンバー4←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
残りの4人はいったいどんな人たちで、どんな能力の持ち主なのかなぁ〜。
気になるところです!
[PR]
by cinema-can | 2011-07-24 00:50 | cinema | Trackback(4) | Comments(2)
マイティ・ソー
b0020911_0505870.jpg神様っていうか
アスガルド星に住む
エイリアンですよね。
まあ設定は、北欧の神話の
世界みたいですが・・・。
3Dしかやっていなかったので
しかたなかったですが
3Dの効果はあまりありません。

神の世界アスガルドの王の後継者ソー(クリス・ヘムズワース)は、
選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、
最強の戦士としてその力を誇っていた。
しかし傲慢さから、氷の巨人の世界へ身勝手に攻め込み、
王の怒りをかって地球へと追放されてしまう。
そこで、ソーは天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)たちに
拾われるのだが・・・・。

地球に落ちてきてからのソーの神様的言動は、結構笑えますが
父親アンソニー・ホプキンスと橋の守人以外のキャラは
あんまりインパクトがありませんでした。
ソーのハンマー(ムジョルニア)は、アーサー王の
エクスカリバーみたいでしたね〜。
まあ、続編ありありな感じなので、これからの展開に
期待というところでしょうか?

映画『マイティ・ソー』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ホーガン役の浅野忠信にも、もっと活躍してほしかったなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2011-07-23 00:53 | cinema | Trackback(3) | Comments(0)
ベスト・キッド
b0020911_0442561.jpgウィル・スミスの息子と
ジャッキー・チェンを
起用したリメイク版。
オリジナルの高校生が
小学生になっているので
なんとなく全体的に
お子様向けぽい感じでした。



母親の転職で、アメリカから北京に引っ越して来た
11歳のドレ(ジェイデン・スミス)は、言葉や文化が
まるで異なる環境の違いから、いじめに遭ってしまう。
そんなある日、ドレはカンフーの達人である
ハン(ジャッキー・チェン)に出会い、猛特訓を開始。
抜群の精神力を秘めていたドレは、
見違えるように強い少年へ成長していくのだが・・・・。

ジェイデン君もジャッキーもそれなりに良かったけど
DVDで充分だった感じです。
それにしても、ライバルのカンフー学校の教師、
悪過ぎだろ・・・精神修行もスポーツマンシップも
まったくないなんて・・・・。
中国からの苦情はなかったのかなぁ〜。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
すっかり有名子役になった感じのジェイデン君。
でも、子役はその後が大変だからね〜。
何かあっても麻薬とかには手をつけないといいけどねぇー。
[PR]
by cinema-can | 2011-07-23 00:49 | DVD | Trackback(1) | Comments(2)
SUPER8/スーパーエイト
b0020911_23151591.jpg正直ストーリーは
かなり軽〜〜い感じでした。
ただ、同年代には
なんとなく懐かしいし
楽しめる部分も結構ありました。
子供たちもすごく
良かったです。


1979年の夏。オハイオの小さな町で母を事故で亡くし、
保安官の父と暮らす少年ジョー(ジョエル・コートニー)は、
ある夜、仲間たち5人と家を抜け出し8ミリ映画の撮影に出かける。
だが、その撮影中に偶然、米軍の貨物列車の大事故に遭遇。
秘密にされていた“何か”を撮影してしまう。
やがて、町では不可解な出来事が連続して発生する・・・。

前半は、結構ハラハラさせる部分もあったけど
“何か”が登場してからは、ちょっとクールダウンな
感じでした・・・。
父と子の再生物語ではあるけど、ちょっと弱いし
それに随分とお手軽なラストでした。
ダコダの妹、エル・ファニングはだたものではない
存在感を醸し出してました。

映画『SUPER 8/スーパーエイト』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
作品の節々にいろんな作品出ているので、
それを探すのは楽しいかも・・・。
おまけのゾンビ映画は良かったです!
[PR]
by cinema-can | 2011-07-10 23:18 | cinema | Trackback(9) | Comments(8)
「プラチナデータ」東野 圭吾
b0020911_23105951.jpg東野圭吾作品では珍しい
SFチックな作品でした。
犯罪防止を目的としたDNA法案が
国会で可決し、検挙率が飛躍的に
上がるなか、科学捜査を
嘲笑うかのような
連続殺人事件が発生する。

ガリレオシリーズみたいに科学的に解決するわけではなく
軽い推理小説でした。
リュウとスズランの関係はなんか切ないけど
犯人の動機がなんだかなぁ〜って感じでした。
プラチナデータの謎もいまひとつかなぁー。
でもまあ、それなりには楽しめる作品ではありました。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
思わずうなづいてしまう文中に出てくる神楽のセリフ
『国民に何ができるわけですか?
デモしようが、演説しようが、政治家たちは自分たちの
通したい法案を着々と通して行く。
これまでずっとそうだったでしょ。国民の反対なんて関係ない。
それに国民だって、どんなに無茶な法案を通されようが、
怒っているのは最初だけで、すぐその状況になれていく』
・・・・なんか虚しいねぇー・・・・・。
[PR]
by cinema-can | 2011-07-10 23:13 | book | Trackback | Comments(0)
赤ずきん
b0020911_23353550.jpgアリスが大人になった作品も
ありましたが、
今回は赤ずきんちゃんも成長してます!
『トワイライト』の監督なので
またしても愛のトライアングルで・・・
イケメン2人に愛される赤ずきんを、
最近売れっ子のアマンダ・セイフライドが
演じています。

赤ずきんことヴァレリー(アマンダ・セイフライド)は
木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、
裕福なヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約を
親が勝手に決めてしまう。ある満月の夜、ヴァレリーの姉が何者かに惨殺され、
魔物ハンターのソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)は
人狼のしわざだと宣告するが・・・。

童話チックな映像ではありますが、
ストーリーはまんまトワイライトぽかったです!
一応赤のフードコートを着ているので
赤ずきん!ってことみたいです。
(卑猥な服だと言われていましたけど・・・(^^;)
後半、お腹に石をつめるなどグリム童話のシーンも
ちょっとだけ盛り込まれてました。

b0020911_2338072.jpg
これが、イケメン2人組!
残念ながら好みでは
ありませんでしたけど・・・。




赤ずきん←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
赤ずきんのその後というより
赤ずきんをモチーフにしたファンタジー作品でした!
[PR]
by cinema-can | 2011-07-02 23:48 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
ぼくのエリ 200歳の少女
b0020911_11687.jpg北欧の雪に閉ざされた街のせいか
寂しさと寒さが
映像から伝わってくる感じでした。
結構残酷なシーンもありますが
全体的になんか幻想的な作品でした。
オスカー役の子も
エリ役の子も良かったです。



ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳の
オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生に
いじめられていた。ある晩、彼はアパートの隣の部屋に
引っ越して来たエリ(リーナ・レアンデション)という少女と出会う。
同じころ、近くの街では青年が逆さづりにされてノドを切り裂かれ、
血を抜き取られるという残忍な殺人事件が起きる・・・・。

いろいろ衝撃的だったけど、プールのシーンは印象的でした!
(でも、怖い・・・・。)
オスカーのこれからを思うとなんだか切ないです。
なんか萩尾望都のマンガを思い出しました。
それにしても、安易な邦題だよなぁ〜。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
『クローバーフィールド』の監督で、『キック・アス』の
クロエ・グレース・モレッツ主演でハリウッド版リメイク
『モールス』が8月には上映されます。
そっちは、もういいかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2011-07-01 01:05 | DVD | Trackback(1) | Comments(2)