<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
こまちゃんQUOカード、Get!
b0020911_23141360.jpg

こまねこDSトラクバックキャンペーンの抽選に
当たちゃいました〜!わぁ〜い!わぁ〜い!
こまちゃんQUOカードが送られてきましたよ〜。
う〜〜ん、もったいなくて使えませんけど(笑)
なんかとってもハッピーです!
[PR]
by cinema-can | 2008-09-28 23:26 | その他 | Trackback | Comments(2)
パコと魔法の絵本
b0020911_0441859.jpg

中島哲也監督が、もともと舞台劇だった
「MIDSUMMER CAROLガマ王子vsザリガニ魔人」を
思い切りカラフルで、コスプレ全開の中島ワールドで仕上げた作品です。
パコ役のアヤカ・ウィルソンの可愛さは、まさに天使のようでした。

昔々、患者だけでなく医者や看護師も変わり者ばかりが集まる病院が
ありました。
中でも一代で会社を築いた老人の大貫(役所広司)は、
偏屈で一番の嫌われ者。
ある日大貫は、絵本を持った少女パコ(アヤカ・ウィルソン)に
出会い、パコを平気で突き飛ばすが、
翌日、彼女は大貫を覚えていなかった。
腹を立てた大貫は、パコを殴ってしまうが、
パコは、交通事故の後遺症で1日しか記憶を保てないのだった・・・。

まるで、絵本そのものが動き出すようなカラフルな映像。
それにみなさん派手派手なコスプレで、妻夫木くんとか
顔がまともに出てこないので、最初誰だかわかりませんでした。
でもね、結構感動させてくれるんですよね〜。
それにアニメのガマ王子もなかなか楽しくて
ストーリーに引き込まれてしまいました。
小池栄子の怖いコスプレもなかなか凄いです。
そんな中、阿部サダヲがちょっと目立ちすぎて
うるさかったかなぁ〜。

中島ワールド全開ですが、あまり毒がないので、
お子様にも楽しめる作品かも・・・。
b0020911_0462474.jpg

パコと魔法の絵本←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ゲロゲーロ!ガマの王子は、わがまま王子!
パコが毎日読んでいた「ガマ王子vsザリガニ魔人」の
飛び出す絵本、ちょっとほしくなってしまいました!
[PR]
by cinema-can | 2008-09-28 01:00 | cinema | Trackback(7) | Comments(2)
ウォンテッド
b0020911_0374566.jpgなんせ、今年の私の1番の目玉、
ジェームズ・マカヴォイ君の
主演ですからね〜。
予告を観てから、すご〜〜く
楽しみにしていた作品です。
それにしても、アンジーねえさんは
カッコ良過ぎです!
ホント取り扱い注意です!(笑)

おデブな女上司からいびられ、恋人を親友に寝取られ、
冴えない毎日を送っていたウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)の前に
突然謎の美女・フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が現れる。
その直後、彼は命を狙われ、フォックスに助けられる。
しかし、彼女はスローン(モーガン・フリーマン)率いる
1000年以上前からの暗殺組織“フラタニティ”のメンバーで、
ウェスリーの父もメンバーだったが、裏切り者に暗殺されたと聞かされる。
父の血を継いだウェスリーにも、暗殺者としての潜在能力があり、
仲間に加わるように言われるのだが・・・。

ちょっとあり得ない展開と映像なんですが、
あまりの凄さに見入ってしまいました。
銃を撃つ腕をスイングさせることで弾を曲げて、的に命中させる技とか
命中した弾が、逆回しで戻っていく映像とか凄いです。
それに弾にまで、デザインが施されていたり
弾同士が相打ちしたり、ハエの羽だけ打ち抜いたり・・・。
しかし、いくらなんでも、なんでも治しちゃう回復のお風呂?は
あまりにもあり得ません・・・(笑)
まあ、あんだけ殴られたり、刺されたりしたら、
そんなものでもなければ、やってられませんが・・・。
(マカヴォイ君、殴られ過ぎです!ひどいよ〜!!)

アクション映画としては、結構楽しめる作品でした。

b0020911_0382554.jpg

b0020911_0384785.jpg


ウォンテッド←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
早くも続編の話がでてるみたいですが、アンジーはどうなるのかなぁ〜。
彼女がいないと半減かも・・・・。
でも、マカヴォイ君観れるなら楽しみです!
[PR]
by cinema-can | 2008-09-23 00:41 | cinema | Trackback(24) | Comments(4)
グーグーだって猫である
b0020911_2339552.jpg大島弓子は、お気に入りの
作家です。
彼女の自伝的エッセイ漫画が
やはり大島ファンの
犬童一心監督によって
映画化されました。
原作とはちょっと違うけど、
ゆるりとした、なごやかな作品です。

吉祥寺在住のシャイな天才漫画家、麻子さん(小泉今日子)は、
愛猫のサバを亡くした悲しみで、漫画が書けなくなってしまう。
アシスタントのナオミ(上野樹里)たちは心配しながら見守っていた。
そんなある日、麻子さんはペットショップで
アメリカンショートヘアの子猫と出会い、
グーグーと名付けて一緒に暮らし始める・・・。

渦巻き模様の子猫ちゃんは、めちゃめちゃ可愛いのですが、
それだけではなく、キョンキョンのゆったりとした演技が
ほのぼのとした、やさしい気分にさせてくれます。
そんな中でもおこる、厳しい現実もちょっとあって
つらかったりもするけど、元気をもらえる作品です。
あと、吉祥寺の街は、楽しいそうでしたし、
ラストのグーグーのお出迎えのシーンはステキでした。

b0020911_23403491.jpg

b0020911_23405434.jpg


グーグーだって猫である←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ただ、随所に出てくる楳図かずおとまことちゃん、グワッシ!は
ちょっとくどかったです!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2008-09-21 23:44 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
おかげさまで4周年です!
b0020911_1412089.gif

早いもので、「ルナのシネマ缶」も4周年を迎えることができました。
ここまで、続けてこれたのも、おいでくださったみなさまのおかげです。
ホントにありがとうございます。m(_ _)m

ブログを通じて、みなさまといろんなお話ができて
とても楽しかったです。
これからも、のんびり更新ではありますが、マイペースで
続けていきたいと思っています。
どうか見捨てずに、おつきあいくださいね〜。
これからも、よろしくお願いいたします。
[PR]
by cinema-can | 2008-09-20 02:01 | お知らせ | Trackback | Comments(8)
20世紀少年 第1章
b0020911_2340049.jpg実は原作は未読なので、
話についていけるか
心配だったのですが、
思ったより素直に世界感に
入ることができました。
ただ、どうしてもアニメにした方が
良いのではと思ってしまいましたが、
きっとアニメにしたら女性客は
半減してしまうだろうから、
いっぱい俳優を使って実写版にしたのかなぁ〜。

1997年、失踪した姉(黒木瞳)の子カンナを育てながら、
コンビニ経営をしていたケンジ(唐沢寿明)は、
久しぶりに行った小学校の同窓会で、正体不明の教祖「ともだち」の
率いる新興宗教が流行っている事を知る。
その頃、世界各地では、原因不明のウィルスで、
多くの人が被害にあっていた。
それは、ケンジたちが子供の頃に書いた「よげんの書」に
酷似していることに気づくのだが・・・。

かなりの豪華俳優人で、60億の巨費の大半は
もしかしてギャラかぁ〜って思ってしました。
ロボットもハリボテだったし・・・(笑)
ストーリー展開がかなり早いので、いったいどうなるのかと
ドキドキさせてくれるので、飽きずに観る事はできました。
子供の俳優さんが、大人になった時とあまりイメージが
変わらないように、うまくあわせてありました。
ただ、少年時代はいいとしても、現在はかなりマンガの世界なので、
世界観にとけ込めないと楽しめないかもしれません。

とりあえず、早く続きが観たい!・・・。
b0020911_23403944.jpg

20世紀少年 第1章←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
それにしてもケンジ〜!、子供の頃のこと忘れ過ぎだよ!(笑)(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2008-09-17 23:44 | cinema | Trackback(16) | Comments(4)
ハンコック
b0020911_11140.jpgパワーはあるのに、
ダメダメなヒーローが
本物のヒーローになれるかと
いうお話ですが・・・
中盤過ぎのありえない!
どんでん返しが、まあなんとも
言えない作品でした。

強大なパワーを持つヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)だが、
酒好きでキレやすく市民には歓迎されていない。
ある日、事故を防ぐために電車を止めるが、やり方がひどく
回りの人々に大迷惑をかけてしまう。
しかし、このときに助けられたPRマンのレイ(ジェイソン・ベイツマン)は、
嫌われ者のハンコックに真のヒーローになってもらうべく
さまざまな戦略を練るが・・・。

まあ、たしかに飛び立つたびに、道路壊されてもねぇ〜。
もうちょっと力制限しろよーーーって言いたくもなるし、
酒臭くて小汚いってのもなかなかおもしろかったけど。
シャーリーズ・セロンの、あれはちょっと違反でしょう!
たしかに彼女は、強い女やらせたら抜群ですけどねー。

迫力ある映像なので、観ても損はないかもしれませんが、
あまり期待はせずにご覧になれば楽しめる作品かも・・・。


ハンコック←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
それにしてもレイは、どこからあのヒーローぽい?衣装を
買って来たのでしょうねぇ〜(笑)(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2008-09-14 01:02 | cinema | Trackback(12) | Comments(6)
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
b0020911_0504961.jpg
スターウォーズファンとしては
やはり観ておかなくては・・・と
打ち切られそうだったし・・・(笑)
たしかに、ヤバかったかも・・。
劇場は、私達とあと2人だけ!
貸し切り状態でした。

分離主義勢力と共和国の戦いが激化するなか、
銀河外縁を牛耳るジャバ・ザ・ハットの息子が何者かにさらわれた。
ハットとの協定を画策する共和国は、
ジェダイの騎士アナキンとオビ=ワンに救出を命じる・・・。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・のあとに、
いつものテーマ曲がかからない!
う〜〜ん、あれがないと何となくノレないですよね−。
登場人物の顔は、アナキン以外みんな似ていました。
ストーリーは、エピソードIIとエピソードIIIの間で、
深く描かれることのなかった伝説の「クローン大戦」を
中心に描かれるのですが、驚いたことに、アナキンに
女の子のパダワンができるのです。
この子が、かなり無鉄砲で態度もデカイ!
師匠のアナキンをいきなり「スカぴょん!」呼ばわり!!!
なかなか魅力的なキャラでした。
ただ、エピソードIIIにはいなかったってことは、
なんか可哀想なことになってしまいそうで怖いけど・・・
あとジャバの息子(息子というよりベイビーだったけど)が
ほとんどイモ虫くんみたいで・・・でも観てるうちに
ちょっと可愛くみえてしまうのが・・・・・(笑)

アメリカでは、9月からこの続きがテレビ放送されるらしいですが、
日本ではいつ放送になるのかなぁ〜。
b0020911_0513287.jpg

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
とりあえず、仕事の一山は越えたので、少しずつ復帰いたします。
[PR]
by cinema-can | 2008-09-13 00:53 | cinema | Trackback(5) | Comments(2)
「こまねこDS」発売記念! トラックバックキャンペーン
こまねこDS



大好きなこまねこの、DSが発売されていて、トラックバックキャペーンが
実施中です。
トラックバックすると、抽選で「こまねこオリジナルQUOカード」が
もらえるかもしれないんです!
それで、締め切りギリギリでなんとか申し込みました!

実は、まだDSは購入していないのですが、
今、かかりきってる仕事が終わったら、買いますからね〜!
待っててね〜。
こまねこ公式ブログ
b0020911_23595393.jpg


仕事が多忙につき、更新はちょっとお休みします。
10日前後で戻ってくる予定です。
よろしくお願いします!!!!
[PR]
by cinema-can | 2008-09-01 00:02 | その他 | Trackback | Comments(0)