<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
b0020911_061158.jpgシリーズ3作目は、
インディ同様、世代交代を
匂わす大学生の息子が活躍!
でも、インディに比べ
まだまだ若いリック
(ブレンダン・フレイザー)です!(笑)
奥様役が、レイチェル・ワイズから
マリア・ベロに変わったのがちょっと残念です。

幸福だが退屈な日々を過ごしていたリック(ブレンダン・フレイザー)と
エヴリン(マリア・ベロ)の夫妻は、外務省から秘宝「シャングリラの眼」を
届ける任務を受け、エヴリンの兄ジョナサン(ジョン・ハナ)のいる上海へ。
しかし、そこには両親に内緒で大学を辞めて、
遺跡の発掘をしている息子・アレックス(ルーク・フォード)がいた。
アレックスが発掘した皇帝のミイラを見学しに向かうが、
皇帝のミイラを目覚めさせることを目論むヤン将軍に襲われてしまう・・・。

今回は、舞台は中国。まあ、オリンピックイヤーだからね〜。
始皇帝と兵馬俑がまんまのような登場ですが、
なんかストーリー展開は、かなり甘い・・・。
CGI・VFXはすごいし、迫力もあるし、
三つ頭の龍だったり、イエティ(雪男?)なんかも
いろいろ出て来て楽しいけど・・・
どうもジェット・リーの悪役がいまひとつピンときませんでした。
あとねー、息子役のルーク・フォードが
私の好みじゃなかったせいかなぁ〜(笑)

それにしてもこの夫婦、いったい何回生き返ればすむのやら・・・・(笑)
ミシェル・ヨーがどうしても倍賞美津子に見えてしまうのは、
わたしだけ・・・(汗)

b0020911_064937.jpg


ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ちょっと仕事が立て込んでいて、ストレスたまり気味な
今日このごろです・・・・(−_−”)(-。-)-~~~
[PR]
by cinema-can | 2008-08-22 00:12 | cinema | Trackback(16) | Comments(8)
カンフー・パンダ
b0020911_0511591.jpg

もっと早く観たかったのですが、なんせ字幕版の劇場が少なくて・・・
やはり申し訳ないが、山口達也、木村佳乃、中尾彬版より
同じお金払うなら、ジャック・ブラック、ダスティン・ホフマン、
アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェン、
ルーシー・リュー、イアン・マクシェーン版を
観ないとちょっともったいない気がして・・・(笑)

中国の桃源郷・平和の谷には、一つの伝説があった。
翡翠城の奥に眠る「龍の巻物」の奥義を得た者は、
史上最強の「龍の戦士」になれるという。
そんなある日、極悪非道のカンフー、タイ・ランが刑務所を脱獄し、
「龍の巻物」を狙って谷に向かっているというのだ。
武術大会が開かれ、タイ・ランと戦う龍の戦士を選ぶことになり、
マスター・モンキーらカンフーの達人たちがその技を競い合う。
だが、彼らを差し置いて選出されたのは、
体は大きいが小心者のパンダのポーだった・・・・。

何と言ってきれいな映像!見事でした!
それに、アニメならではの派手なアクションも楽しいです。
メタボパンダならではの攻撃方法も
かなり笑えました!
亀仙人!・・・じゃなくて、ウーグウェイ導師の
おとぼけぶりもなかなかイケてました。
まあストーリーは、お子様向きで単純ですが、
ラーメンのスープのエピソードなど
なかなかうまくできていて、楽しめる作品でした。

メタボパンダは、イケてるパンダでした!(笑)

b0020911_052114.jpg


カンフー・パンダ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
お盆休みまっさかりですが・・・・私には盆休みはありませ〜〜〜ん!
涼しくなったら、お休みとろうかなぁ〜〜〜。
みなさまは、素敵なお休みをお過ごしくださいねー!!!
[PR]
by cinema-can | 2008-08-14 00:54 | cinema | Trackback(8) | Comments(0)
ダークナイト
b0020911_0225689.jpgヒース・レンジャーの
遺作となった作品です。
彼のジョーカーは、
リアルでかなり怖いですよ〜。
ダークナイトとは、
「闇の騎士」のこと
ラストにその意味が
よくわかります

ゴッサムシティは、相変わらず犯罪が多発し、
ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)や
ハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、
バットマン(クリスチャン・ベイル)は犯罪撲滅の成果を上げつつあった。
だが、ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗る謎の犯罪者の台頭により、
街は再び混乱と狂気に包まれていく・・・。

ゴッサムシティがすごく大都会になっていて、
ちょっとびっくりでした。いつの間にこんな都会に・・・(笑)
それに警察の腐敗もまったく改善されてなく、
困った都市です!!!!(関係ないけど・・・)
そこへ現れた「光の騎士」こと正義の男・デント検事!
たしかにゴッサムシティの住民なら期待してしまいます。

しかし、悪の権化と言えるヒースのジョーカーが
全てをぶつ壊してゆく。
彼は金や権力には目もくれず、ただただ犯罪を楽しむ男、
その異常性はおそろしく怖いです。
ティム・バートン版のジャック・ニコルソンの
ちょっとおどけたジョーカーとはかなり違います。
顔もシリアスだけど、怪演ぶりは素晴らしかったです。

後半はますますシリアス度がまし、
2隻のフェリーのシーンとかは、すごく考えさせられ、
ちよっと感動してしまいました。
(以下若干ネタバレ含む)
しかし、評判の高いこの作品のラストにちょっとだけ
言わせてもらえば、デント検事が事故後に行った行為に
対して民衆が本当の事を知ったとしても
絶望して希望を失ってしまう・・・と言い切れるのだろうか?
民衆は、そこまでバカではないと私は思うのですが・・・。
ジム警部補の子供だって、理解していたのに・・・。

b0020911_0234582.jpg

b0020911_024392.jpg


ダークナイト←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
次回作の宿敵リドラー役の候補に、愛しのジョニー・デップが
あがっているとの事!これはちょっとうれしい!楽しみ〜。
また、キャットウーマンをアンジェリーナ・ジョリーという噂も
ますます楽しみですねー。
[PR]
by cinema-can | 2008-08-12 00:25 | cinema | Trackback(38) | Comments(10)
インクレディブル・ハルク
b0020911_0355863.jpgアン・リー監督で
ちょっとこけた前作から、
キャストを一新して
ルイ・レテリエ監督がメガホンを
撮った新作ハルクです。
全てCGのハルクの顔って
かなりマンガチックです・・(笑)

科学者のブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、
研究実験の事故で心拍数が上がると
緑色のモンスター・ハルクに変身してしまう。
彼はその体質の軍事利用を狙う
ロス将軍(ウィリアム・ハート)から逃れ、
メキシコで逃亡生活をおくりながら、
ミスター・ブルーという謎の科学者と連絡を取り、
元の身体に戻る方法を模索していた・・・・。

最初にハルクが逃亡生活をおくるまでのダイジェスト版の
ような映像が流れ、いったいどこから始まるのかと
ちょっと面食らってしまいました。
まあおおまかな感じは理解できますよー。
ブルースの時は、結構ひ弱な感じですが、
変身後は、デカイ銃だってへっちゃらだし、麻酔弾も利かないし、
フォークリフトをソフトボールみたいに軽く投げるわ、
車を引き裂き楯代わりに突進するわ、恐ろしく凄いパワーです!
まさにジギルとハイド!
でも本体はかなりマンガチックですけど・・・。
3回の戦闘シーンで、ライバル・ブロンスキー(ティム・ロス)が
だんだん力に取り付かれ、パワーアップしていく様も
なかなか面白いです。

悩めるヒーローと愛を貫く恋人ベティ(リヴ・タイラー)は
美女と野獣ってトコでしょうか!
ブルースが逃亡中のベティの恋人だった精神科医が
意外といい人でした。
いかにも続編がありそうな感じでしたが、
次回作はミスター・ブルーが変身かぁ〜????

b0020911_0363036.jpg


インクレディブル・ハルク←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ラストに出てくる「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jrは
映画の宣伝なのか、サービスなのかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2008-08-09 00:39 | cinema | Trackback(10) | Comments(6)
DVD鑑賞作品(08.6月〜7月)
またまた、たまってしまったDVD鑑賞作品を
一言感想で、まとめてUPです!

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
エンジェル
夢見る夢子ちゃんが、そのまま大人になり、リアリティを受け流し
自分世界で最後まで生きぬいた女性の物語です。
ちょっと前の少女漫画の作者をなんか想像させる感じでした。
でも、きっと彼女は幸せだったんじゃないかなぁ〜。
■お気に入り度 ♥♥♥♡

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
ルイスと未来泥棒
アニメは、きれいなんですが、なんか登場人物にいまひとつ魅力を
感じませんでした。お子様と観るには、いい作品かも。
■お気に入り度 ♥♥♥

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
ALWAYS続・三丁目の夕日
結局、また劇場で見逃してしまい、DVD鑑賞に。
昭和30年代の町並みは、相変わらず見事だったし、
お馴染みのメンバーのその後も楽しめます。
■お気に入り度 ♥♥♥♡

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
L change the WorLd
デスノートの番外編として、作られた作品ですが正直いまいちでした。
Lは頭脳戦が面白いのに、あのストーリーでは、良さがないですよー。
■お気に入り度 ♥♥♡

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
陰日向に咲く
劇団ひとりのベストセラーの映画化です。豪華な俳優人ですが、
内容は正直それほど面白いとは、思いませんでした。
多分好みの問題だと思いますけど…。
■お気に入り度 ♥♥♡

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
パビリオン山椒魚
結婚を決めた、香椎由宇とオダギリジョーが出会った作品です。
えっと〜、いまいち良さがわかりません
■お気に入り度 ♥♥

∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪∴*∵♪
(ルナのひとりごと)
とりあえず、こんな方法でもUPしておくと、
何を観たか忘れないでいいかも・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2008-08-06 01:03 | DVD | Trackback(1) | Comments(2)
ハプニング
b0020911_15324193.jpgマジで怖いです!
とにかく、どれだけ死ぬ方法が
あるんだと思わせるくらい
次々と・・・・。
怖いですよー。
今回シャマランが登場しないと
思っていたら、
声だけ登場していました!

ある日突然、アメリカ全土からミツバチが姿を消すという事件を皮切りに、
街の人々が突然死に至る異常現象がまん延し始める。
原因不明の中で主人公(マーク・ウォールバーグ)は
家族を守るために安全な土地を目指すが、
迫りくる何かに追い込まれてゆく・・・・。

えっと、いろんな自殺の仕方がご披露されてます。
まあ中には、そりゃあないだろう・・・ってのも
ありましたが、結構きついですよー。
シャマラン風、何か!がもちろん怖いんですが、
あと、得体の知れない老人とか
精神を病んでそうな一人暮らしのおばあさんとかも
めちゃめちゃ怖いです。

とうとうこんな終わり方にしたのかぁ〜って思ちゃう人も
多いと思いますが、キューンとラストで引いちゃうよりは
余韻が残ってマシかも・・・・(笑)

ハプニング←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ベランダで植物をいっぱい育てている私としては、
たしかに彼らは生きていると感じますよ〜。(汗)
地球からミツバチが姿を消したら、人間の寿命は4年!とか
ミツバチ大事にしましょうねー・・・・
[PR]
by cinema-can | 2008-08-03 15:35 | cinema | Trackback(13) | Comments(2)
ドラゴン・キングダム
b0020911_152276.jpg思ったよりずっと
面白かったです。
やはりジャッキー・チェンと
ジェット・リーの共演は
見応えがありました。
2人の二役もなかなか
楽しいです。

現代のアメリカ、カンフーオタクの気弱な青年・ジェイソン
(マイケル・アンガラノ)は、チャイナタウンの骨董屋で、
ストリートギャングに襲われた老店主から古びた金色の棒を渡され、
持ち主に返すよう託される。
だが、屋上へと逃げ込んだジェイソンは、
その棒を持ったまま転落してしまう。
目を覚ますと、そこは古代の中国だった・・・・。

ストーリーはまあ、カンフーファンタジーって感じで、
孫悟空や白髪魔女も出てきます。
でもこの映画の見所は、ジャッキー・チェンとジェット・リーの
格闘シーンですよね。
さすがにキレも迫力も違います!
2人それぞれの良さが出ているんですよね〜。
あと女性陣も美しかったです。

カンフー好きには楽しめる作品です。
b0020911_155881.jpg

b0020911_172348.jpg


ドラゴン・キングダム←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
さすがに慎吾ちゃんの孫悟空とはひと味違います!
(慎吾ちゃんのは観てないけど・・・・笑)
[PR]
by cinema-can | 2008-08-02 01:10 | cinema | Trackback(21) | Comments(4)