<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
今年もお世話になりました。
いやな事やつらい事もあったけど、
まもなく2007年も幕を閉じようとしています。

今年もお世話になりました(^_^)
ブログを通じて、皆様と映画の話を中心にいろんなお話が
できてとても楽しかったです。
どうもありがとうございます。
良かったら、来年も懲りずにおつきあいくださいね。

それでは、みなさま良いお年を。
来年もよろしくお願いします。

b0020911_12104517.gif

[PR]
by cinema-can | 2007-12-31 12:11 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2007年のルナのベストシネマ
2007年も、今日でもう終りですね〜。
さてそこで、例年やっているので
劇場で観た(試写会も含め)58本の中から
ルナのベストシネマを選んでみました。
(あくまでも私の好きだった映画なので、
一派的なおすすめ映画というものではありません。
その辺は、ご了承くださいませ。)

ただね〜今回は、ちょっと順位がつけにくかったので、
部門別に選んでみました。
b0020911_1149323.gif

b0020911_11444890.gifドリームガールズ
歌唱力の素晴らしさに感嘆でした。
ヘアスプレー
何も考えずに楽しませてくれるミュージカルでした。

b0020911_1149323.gif

b0020911_11452116.gifあるいは裏切りという名の犬
渋い男のフランス映画でした。
あなたになら言える秘密のこと
いろんな意味で考えさせられる映画でした。
ミス・ポター
彼女の生き方に感動でした。

b0020911_1149323.gif

b0020911_11455461.gifボーン・アルティメイタム
納得できるラストで、アクションもすごかったです。


b0020911_1149323.gif

b0020911_11473889.gifこま撮りえいが こまねこ
今年1年私を和ませてくれたこまちゃんに感謝です。


b0020911_1149323.gif

以上7作品を選んでみました。
さて、来年はいよいよ「ライラの冒険」が解禁ですし、
まずは、愛しのジョニーの「スウィニートッド フリート街の悪魔の理髪師」
「シルク」あたりからでしょうか。
[PR]
by cinema-can | 2007-12-31 11:57 | cinema | Trackback(14) | Comments(10)
魍魎の匣
b0020911_1204281.jpg今年最後の劇場鑑賞は、
京極夏彦の「魍魎の匣」に
なりました。
私は、結構な京極ファンだし
魍魎は、京極シリーズの中でも
お気に入りの作品ですが、
映画は原作とはまったく
違う構成になっていると
いうことだったので、
別物として観てみようと思って出かけました。

う〜ん、なるほど!そういうことですかー!
あの長〜い原作を2時間のドラマにまとめるわけですからね。
思ったより、よい出来だったというべきなんだろうなぁー。
時代背景もよくできていたし・・・
(まあちょっと中国ぽいとこもあったけど・・中国ロケだし・・)
もうちょっとみっしり感!がほしかったけど。
京極堂が活動的過ぎるとか、関口くんがスマートで明る過ぎるとか、
まあ言い出したらキリがないし・・・(笑)
久保竣公にクドカンとはね〜、なかなか面白いキャスティングでした。

まあ、原作読んでいない人にも、それなりに楽しめ作品に
仕上がっているようです。
ただ京極堂=中善寺秋彦くらいは、覚えておくといいかも(^^;)

関口役が永瀬正敏から椎名桔平に変わっただけで、
相変わらずの豪華メンバーですが、
このシリーズ、これで続けていくのかなぁ〜。
中善寺夫人の清水美砂や、関口夫人の篠原涼子なんて
最後の5分の出番だったもんね〜。(~_~;)


魍魎の匣(もうりょうのはこ)←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
全てに目をつぶっても、木場刑事がちびっ子なのがどうしても納得できない
原作ファンなのでした!emoticon-0124-worried.gif
[PR]
by cinema-can | 2007-12-30 01:25 | cinema | Trackback(9) | Comments(0)
オダギリジョーが結婚って・・・・!
いやいや、お目出度い事なんですが・・・・
何もこの年の瀬になって・・・・
あんな結婚会見するタイプだとは思わなかったなぁ〜!
結婚するにしても、だまって入籍とかしちゃうタイプだと
思ってたからなぁーーーーー阿部ちゃんと違って・・・・(笑)
b0020911_246249.jpg


まあ、なにはともあれ、おめでとうございます!
せっかくなので、幸せになってもらいたいです・・・ホントに(~_~;)
結婚しても、変わらないオダジョーでいてくださいねー。
[PR]
by cinema-can | 2007-12-29 02:52 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記
b0020911_113275.jpgまさか続編があるとは
思っていなかったけど(^^;)
前回お宝を見つけて
お金持ちになった
ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)
ですが・・・・
今回は、先祖がリンカーン暗殺の
汚名を着せられ、
新たなお宝探しへ・・・。

今回もベン・ゲイツは、フランス・イギリスと
あっちこっちをまわって、次々に謎解きを
してまわります。
まったく!相当な知識をもっているようです。(^^;)
今回は相棒のライリー(ジャスティン・バーサ)が
なかなか笑わせてくれるおいしい役です。
あと母親まで登場して、一家総出での大活躍って
感じです。

まあ、何も考えず楽しめる娯楽作品だと思います。

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
それにしても、あんなに簡単にあっちこっち忍び込めるなんて・・・
危機管理能力を疑われるよねー(´д`)〜〜〜
[PR]
by cinema-can | 2007-12-28 01:16 | cinema | Trackback(15) | Comments(4)
全ての方に、メリークリスマス!
b0020911_18202330.jpg

世界中の全ての方へ
メリークリスマス!
みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!
[PR]
by cinema-can | 2007-12-23 18:23 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)
アイ・アム・レジェンド
b0020911_051877.jpg最初観た予告編と
2度目の予告編の
イメージは、かなり違って
えっ〜!こんな映画なのかぁ〜って
ちょっと躊躇しましたが、
(だって・・・怖いの苦手だもん!)
友人に誘われて
観てしまいました!

2012年、人間の生み出したウィルスによって世界が崩壊し、
廃墟と化したニューヨークで、唯一生存者となった科学者
ロバート・ネビル(ウィル・スミス)は、愛犬のサムと
生存者に呼びかけながら、ウィルス治療の研究を
続けていた・・・・・

いやぁ〜案の定怖かったよぅ〜!
ゾンビ?(ダーク・シーカーズ)動きが速すぎるし、
凶暴だし・・・特に親玉!防弾ガラス!頭で割るなよぅ〜(~_~;)
顔も怖いです!
ただね、ストーリーがちょっと中途半端で、
ツッコミどこ多過ぎで、?がいっぱいです!

荒廃したニューヨークの街の感じは素晴らしかったし、
ウィル・スミスの体をはった演技はすごいです。
(まあ・・・ベーコンごときで怒るはちょっとですが・・笑)
でもなんと言っても、愛犬サムが可愛いです。

アイ・アム・レジェンド←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ゾンビって、なんでどれもこれも人間を食うんだぁ〜!
たまには、人間食わないバージョンがあってもいいんじゃない。
踊ってるだけとか・・・スリラー〜♪古い!(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2007-12-21 00:53 | cinema | Trackback(14) | Comments(3)
椿三十郎
b0020911_022275.jpg実は、私は恥ずかしながら、
オリジナルを観ていない・・・(~_~;)
どうも時代劇はあまり得意では
なかったからです。
でも、最近はちょっと時代劇も
いいかなぁ〜と思ってきたので、
時間がおりあったのもあって、
観てきました。

これが、結構おもしろい。
ただ、織田くん童顔だからどうしても素浪人ぽく
見えないのよね〜。迫力もいまいち・・・
人のいいアニキって感じです。
トヨエツの方が、カッコ良かったかな。
あと松山ケンイチくんもなかなかでした。
腰元こいそ(村川絵梨)のガッツポーズは
かわいかったです。
これはきっとオリジナルにはないかも。

脚本がオリジナルとまったく同じという事は
1962年に書かれた脚本が、
今観ても充分楽しめる作品だということですよね。
やはり、黒澤明監督はすごいということですねぇー。

帰りにどうしてもオリジナルを観たくなって
TSUTAYAに寄ってみたけど、
案の定全てレンタル中でした!
やはり、誰でも考える事は同じらしいです。(~_~;)
三船敏郎と仲代達矢の決闘シーン観たいなあーーー。

椿三十郎←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
興行的には、いまひとつって感じなので、
角川春樹氏もガッカリだろうけど、
これ観てオリジナル観たくなる人って多いと思うと、
なんか皮肉な結果かも・・・。
[PR]
by cinema-can | 2007-12-15 00:26 | cinema | Trackback(10) | Comments(12)
マリア
b0020911_23583628.jpgクリスマスは、本来イエスの
誕生日なわけで・・・
カトリック系などの幼稚園では
この時期、必ずこのイエス誕生の
劇をやらされるのよねぇー。
私もその一人だったので、
話の内容はよく知っているんだけど
映画になるのは、初めてらしいし
なんとなく観たくなってしまいました!

さて、お話は正統派でかなり忠実に作られています。
相当まじめな作品になっています。
エルサレムのナザレに住むマリアは、親の勧めでヨセフと婚約しますが、
天使ガブリエルから、神の子を身ごもると告げられます。
「なぜ、私が・・・?」と言うマリアの気持ちは
たしかによくわかりますよね〜。
ただ、ガブリエルがただのおじさん!って・・・
ちょっとどうなのよ〜やっぱり天使が良かったよ!

婚約中に誰の子かを身ごもったマリアは、
村中で冷たい目に合いますが、
神の声を聞いたヨセフだけはマリアを信じます。
最初は結婚に乗り気でなかったマリアも
ヨセフの心を信じ、ヨセフの故郷ベツレヘムへ、
二人で旅をすることを決心し、長い旅へと出かけるのです。

マリア役のケイシャ・キャッスル=ヒューズは良かったです。
少女から、だんだん母になってくる感じがすご〜くいい!
東方の三博士も、ちょっとおとぼけな感じで、
唯一笑わせてくれるキャラでした。
あと、予言を受けて授かるザカリアとエリサベトの子ヨハネは
あとあとイエスの弟子になるのよね〜。

さすがにイエス誕生のシーンは、ちょっと感動でした。
バックに流れるサイレントナイトが心にしみます。
まあ、クリスマスだしこんな作品を見るのもいいかも・・・。


マリア←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
実は「パッション」の時も見かけたのですが、
今回もシスター姿の方が劇場に2人いらしてました。
まあ、たしかに教会推薦のような内容だったけど・・・。
えっと・・・ルナはエセ!クリスチャンです。(~_~;)
私を助けてくれる神様なら、どんな神様も信じます!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2007-12-10 00:01 | cinema | Trackback(4) | Comments(2)
ベオウルフ/呪われし勇者
b0020911_0202420.jpg歴史上最古の
ファンタジーらしいのですが、
残念ながら原作は
読んでいないので、
ストーリーはよく知らないのですが
全編CGってのも凄そうだし、
なんとなく映像に引かれて
観にいきました。

舞台は6世紀のデンマーク、フローズガール王(アンソニー・ホプキンス)が
統治する国は、怪物グレンデル(クリスピン・グローバー)に悩まされていた。
そこへ、戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)が海を渡ってやってくる。
ベオウルフは、グレンデル撃退に成功するが、
グレンデルの母親(アンジェリーナ・ジョリー)に報復され、
彼女の元へと向かうが・・・・。
前半は、グレンデルとの対決で、後半は年とったベオウルフが
ドラゴンと対峙するストーリーになっています。

たしかにCGはすごいけど、その他の兵士とか宴のシーンとかが
いかにもアニメぽく感じられたのが残念です。
火を噴くドラゴンは凄かったけどね〜。
それに、どうせCGなんだからベオウルフ役は
もうちょっとカッコイイ人でも良かったんじゃないかなぁ〜
だって最初から、おじさんだし・・・(~_~;)
それにみんなやたら脱ぎたがりだし・・・・(笑)

ただ原作では、アンジェリーナのような美女系は出てこないらしいので、
これはこれで、結構おもしろいストーリーに仕上がっているのではないでしょうか。
2Dでもそれなりに楽しめますが、3Dだともっとすごいんだろうなぁ〜。
目が疲れちゃいそうな気もしますが・・・。

ベオウルフ/呪われし勇者>←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
グレンデルは、出来損ないだったのかなぁ〜。
それって、やっぱり父親の血筋の違いかー????
アンソニーの血筋だとやはり人食いになるのかーこわっ!(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2007-12-06 00:28 | cinema | Trackback(15) | Comments(8)