<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
レミーのおいしいレストラン
b0020911_2342348.jpg私は、ピクサー作品の
大ファンなので、
予告編を観てから
すごく楽しみにしていた
作品です。
期待通りの楽しい作品で、
すごくきれいでした!
特にお料理は、どれも
みんなとっても美味しいでした。

レストランでネズミが料理するというご禁制破りをして、
おまけにディズニーには、有名なネズミのキャラ(^^;)が
いるにもかかわらず、この作品を作ったピクサーは、
やはりすごいです!

レミーも可愛いけど、おデブな兄さんネズミも結構好きでした。
いつもながらに個性的なキャラが満載ですが、
やはり料理評論家イーゴは、最高でした!
まあ、実際ネズミが料理をしていたら恐怖ですが、
そんな事全て忘れさせてくれる夢のあるファンタジーで、
お子様にもとても楽しめる作品だと思います。
何と言っても映像はすご〜〜くきれいでした。
b0020911_2343939.jpg

レミーのおいしいレストラン←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ピクサー作品には、いつも最初にショートの作品があるけど、
今回のエイリアンの作品も最高に面白かったです。
[PR]
by cinema-can | 2007-07-31 23:49 | cinema | Trackback(9) | Comments(4)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
b0020911_132117.jpgこのシリーズも5作目になり、
物語もダークさを
増してきましたよね〜。
それでも、ダニエル・ラドクリフを
はじめおなじみのメンバー達の
成長を観れてなんだかとても楽しいです。
1作目では、あんなに
お子ちゃまだったのに
みんな大人になったのねぇ〜。

私は、原作の愛読者なのでストーリーは、もうすっかりわかっているため、
誰がいつ死んじゃうとかの衝撃は、あまりないのですが、
やはり映像で観ると、迫力があっていいです。
ただ、今回は話がちょっとダークだし、子供にはちょっと怖いかも・・・
それにあいかわらず長い原作を2時間ちょっとにまとめているので
原作を読んでいない方には、説明不足の所もありそうです。
私的には、よくまとめたなぁ〜って感じでした。

今回の目玉、ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)は、
ちょっと私のイメージとは違ったけど、あのテヘッ!っていう笑い方は
ムカつきさを倍増してくれました!
それにしても、ベラトリックスにヘレナ・ボナム=カーターとは
贅沢なキャスティングです!
それに、シリーズごとに配役が増えるので、ゲイリー・オールドマン、
アラン・リックマン、エマ・トンプソンをはじめとする豪華な出演者が
ちょい役程度で出演しているのはすごいです。

さて、物語はいよいよ佳境へ向かって進んでいるし、
最後の原作の英語版も発売されたし、次回作も楽しみです。
早く観たいなぁ〜!

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥
b0020911_1324323.jpg

(ルナのひとりごと)
まあ、魔法だからなんでもありなんだけど、
必要の部屋!私も必要なんだけどなぁ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2007-07-26 01:36 | cinema | Trackback(26) | Comments(6)
誰かに似てるって言われたことある?
誰かに似てるって言われたことある?
最近、回ってきたバトンの中にそんな質問があったけど、
「Caroli-ta Cafe」のCarolitaさんのところで、
おもしろい記事が紹介されていたので、わたしも遊ばせていただきました!

b0020911_14225017.jpg




『Stars in You』というサイトでは、自分の顔写真をUPすると、
あなたに似たハリウッドスターを見つけてくれるというものです。
おもしろいので、早速やったみました!

で・・・・・結果は・・・・!!!!!!!
b0020911_2102160.jpg

うあぁ〜〜〜!
なんかよくわかんない人も
結構いるし・・・・・!
この中に私に
似てる人
いるのかなぁーーー(笑)
違う写真だとまったく
違う結果になるので、
UPする写真によって
違うようです。

でも、楽しめたので
皆様もいかがですか!





















やり方は、サイト右側の“Get your celebrity match now!”の「参照」をクリックし
お好きな写真を選びアップロードする。(全身写真でもOK)
Both(男女) Male(男) Female(女)を選び、「Star Match」をクリックすればOKです。
[PR]
by cinema-can | 2007-07-20 02:26 | その他 | Trackback | Comments(4)
傷だらけの男たち
b0020911_1530450.jpg「インファナル・アフェア」の
大ファンとしては、
見逃せない作品ですが、
「傷だらけの男たち」って
邦題は、なんかダサイよなぁ〜。
そのまま「傷城」か
「CONFESSION OF PAIN」の方が
ずっといいような気がするんだけどね〜。


今回のトニー・レオン、何かちょっとやせているし、
最初からかなり怖い。
いきなり犯罪者を燭台で何度も殴るシーンは衝撃的でした。
でも、やはりとてもとても悲しく切ないのだ。
ラストに近づくにつれ、哀愁はますのよねぇ〜。
そして、酔いどれ探偵を演じる金城武は、やっぱりかっこいい。
よれよれでも素敵なのよねー。

問題の殺人の犯人は、最初からわかっているし、
たぶん、過去に何かあったんだろうなぁ〜って事は
誰にでも想像がつく展開なので、ストーリーは
単純といえば単純なんだけど、それぞれの傷を抱えた
2人演技は、やはり心にひびくのよね〜。
スー・チー、シュー・ジンレイの女優人も
なかなかよかったです。

私は、このタイプの映画が結構すきなので、すごく楽しめました。
香港ノワール映画好きには、お勧めです。
まあ、最後の浜崎あゆみの歌は、私的にはいらないかも!って
思いましたが。(あゆファンの皆様、ごめんなさい!)

傷だらけの男たち←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
もうすでに、ハリウッドでディカプリオ主演でリメークが
決定しているらしいですが、やっぱり金城くんの役をやるのだろうか?
う〜〜〜ん、リメークはもういいんじゃないかなぁー。
ハリウッドで、オリジナルをちゃんと上演してはいかがでしょうかね〜。
[PR]
by cinema-can | 2007-07-15 15:33 | cinema | Trackback(7) | Comments(2)
お待たせしました!
お待たせいたしましたが、
やっと!やっと!
外部からのトラックバックができるように
なりました!

ホントに、約1ヶ月長く長く待たされましたが、
原因は、大量に送られてくるスパムトラバのせいらしいので、
しかたがありませんけどねーーーー。
とりあえず、これでなんとか続けられそうです。
今後ともよろしくお願い致します。m(_ _)m
b0020911_1702087.gif

[PR]
by cinema-can | 2007-07-12 17:01 | お知らせ | Trackback | Comments(8)
シュレック3
b0020911_0142139.jpgディズニー作品も大好きだけど、
そのディズニーをめちゃギリする
このシュレックシリーズも
結構すきなんですよね〜。
まあ、1作目のような衝撃は、
今回はありませんでしたが、
それなりに笑わせてもらいました。


シュレック(マイク・マイヤーズ)とフィオナ(キャメロン・ディアス)の
中も落ち着いてしまったし、ストーリー的には、ちょっとつまんないですが、
今回、チャーミング王子(ルパート・エヴェレット)には
笑わせてもらいました。
悪役なのに、なんかちょっと悲哀も感じちゃうよ〜(笑)

お姫さま連中の中では、1番性格悪そうな白雪姫が
かなり笑えます。でもあのラプンツェルのか○らは違反ですよ(~_~;)
あと、クッキーマンの人生が走馬灯のように表れるシーンは
よくできていました。(そこまでしなくても・・・・笑)

お話はいまいちでしたが、アニメの動きは数段よくなっているようで
動きはみんなすごくきれいでした。

シュレック3←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
このシリーズ、いつまで続けるのかなぁ〜?
[PR]
by cinema-can | 2007-07-11 00:15 | cinema | Trackback(8) | Comments(4)
ハリウッドランド
b0020911_073714.jpg1950年代のTV版「スーパーマン」で
主役を務めたジョージ・リーブスは、
59年に拳銃で自殺したことに
なっていますが、真相は謎に
つつまれており、
その事実をもとに、
作られた作品です。


スーパーヒーローというのもなかなか大変な者なんですね〜。
ましてや、その当時アメリカで子供のいる家庭の91%で
スーパーマンのTVを観ているわけですから、
彼の顔を知らない子供はいないようなものです。
どこで、何をしても子供の目を気にしなくてはならないし、
イメージがつきすぎて、他の役もなかなかままならない。
心が失われていくようすが痛々しかったです。

たしかに、ジョージ・リーブスの頭部や両手には、
発砲の際にできるはずの火傷痕がなく、拳銃にも指紋が残っていないとか
いう話は、真実らしいのでホントに自殺だったのか
怪しいところです。
ジョージ・リーブスを演じたベン・アフレックは、
かなり本人になりきっていたようですが
ジョージ・リーブスをよく知らないので、そこんとこは
よくわかりませんでした。(~_~;)
あと、映画での登場人物・私立探偵ルイス・シモ(エイドリアン・ブロディ)は
いつもながらの渋い演技でしたよ〜。

当時のハリウッドの華やかな部分と暗黒な部分が観れる作品です。

HOLLYWOODLAND←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
スーパーマンショーで子供が本物の拳銃を持って、
タマは、はじきとばすんだよね〜って
スーパーマンにつめよってくるとは恐ろしいです!
・・・さすがアメリカです!\(>_<)/
[PR]
by cinema-can | 2007-07-06 00:09 | cinema | Trackback(1) | Comments(0)
ダイ・ハード4.0
b0020911_0271970.jpgいまさら、ダイ・ハード、
しかも4.0って・・・
なぜか0までついてるし・・・(笑)
あんまり興味はなかったのですが
みんなが薦めるし、
予告も面白そうだったので、
観て参りましたよ!
う〜〜ん、以外に面白かったです。

あいかわらず、普段は冴えない刑事のマクレーン(ブルース・ウィリス)
しかも年くってる分、哀愁が漂う!
成長した娘をストーカーして、怒られてるし・・・、
今回も、ハッカー君をFBIに送り届ける簡単なお仕事のはずが、
いきなり迎えに行った先から、大襲撃を受けてしまうのです。
しかし、おじさんはがんばるのだ!
いつもながらに、体をはっての大アクションです。

しかし、今回の相手はサイバーテロ軍団ですから、
アナログまるだしのマクレーン刑事の助けになるのが
ハッカー君のマット・ファレル(ジャスティン・ロング)。
彼ねぇ〜、なかなか良かったです。
最初は弱っちい青年だったけど、だんだんがんばっちゃうんですよ。
マクレーンに「すごいねぇ〜、ヒーローみたいだね!」って
言うんだけど、それに対してのマクレーンの
「ヒーローなんて、やりたくない!誰かが変わってくれるなら
俺は喜んで譲る。でも誰もやらないから俺がやる。」って
セリフがなかなか効いていました。

まあ、敵のサイバーテロ軍団のツッコミどこは、
いっぱいありますが、そんな事は気にせずに、
アクションを楽しんじゃう作品です。

ダイ・ハード4.0←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
世界一ついていない男と言われていますが、
どんだけ〜〜〜♪危険な目にあっても生きている彼は
ある意味世界一ラッキーなのかもしれません!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2007-07-03 00:27 | cinema | Trackback(16) | Comments(6)