<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ハンニバル・ライジング
b0020911_0585954.jpgチュン チュン。
バルト地方の響きのある
ズアオホオジロ啼き声!!!!
正直今回、何の絵を描こうか
かなり悩んでしまいました。
ん〜で、なんとなくですが
ズアオホオジロってどんな鳥なんだ?って
調べたんで・・・・。
(まあ、こんな感じの鳥でした!)

さてさて、私は原作を先に読んでしまったので、
まあ、内容は解っているし、あとはどう映像化されているかを
楽しみに観に行きました。
ギャスパー・ウリエルくん!美しかったです!
まあ、レクターとはちょっとイメージ違うけど、
時折見せるぞくっとさせる雰囲気は、なかなかお見事でした。
あと、コン・リーも思ったよりは、はまっていたと思います。
(原作での日本ぽいシーンはバッサリカットされてたので
それほど違和感は感じませんでした。)

ただ、残念な事に、レクターの知性的な部分は
あまり感じる事ができませんでした。
原作には、生まれながら字が読めるような子供で、
その才能に気付いた父親が、教授を家庭教師に迎えてたり、
フランス史上最年少で医学部に入学したとか、教科書をさらっと
読みとおして、その週のうちに本屋に返却して購入代金を
返してもらうみたいな天才ぶりが書かれていましたが、
映画にはまったく出てきませんでしたね〜。

全体的にはハンニバルの復讐の部分が中心で、
ちょっとものたりない感はありますが、
まあまあの出来だったと思います。

ハンニバル・ライジング←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
もし、戦争がなかったら、普通に天才的な医者に
なっていたのでしょうか?
そう思えないトコがレクター博士には
あるような気がするんだけどね・・・・
彼には、持って生まれて魔性がきっとあります!
[PR]
by cinema-can | 2007-04-29 01:01 | cinema | Trackback(13) | Comments(4)
ブラッド・ダイヤモンド
b0020911_0451195.jpg美しい宝石には、昔から
血なまぐさい伝説はつきものですが、
やはり最近でも
それは変わらないのかもしれません。
美しいダイヤモンドの裏で
こんな悲惨な世界が・・・・
だからこそ・・・ダイヤは美しく
人を魅了するのでしょうか!

こんな映画を見ると、日本の格差社会など
なんてかわいらしくて、平和だろう!・・・と
ホントに思ってしまいます。
久しぶりに観た、ジェニファー・コネリーをはじめ、
俳優人はみんな素晴らしかったです。
特に、ディカプリオの男くさい演技も
今回は、なかなかいけていました。

とにかく、緊迫したシーンの連続で
命カラガラ、命カラガラで少々疲れます。
アフリカの壮大な景色と対比する、内戦の悲惨なシーンは
結構きついです。
特に、少年兵などはつらいです。

美しいダイアモンドが、内戦の武器ではなく
食料や教育に変わる事を祈るばかりです。

ブラッド・ダイヤモンド←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
あのピンクダイア!でかかったなぁ〜!
あんなのが、川で見つかるものなのでしょうか???
[PR]
by cinema-can | 2007-04-25 00:47 | cinema | Trackback(15) | Comments(2)
「ハンニバル・ライジング」 トマス・ハリス
b0020911_0405867.jpg7年ぶりのレクター物の新刊です。
このシリーズって、
かなりキモいって、
解っているのだけれど、
怖い物?見たさで、
つい読んでしまうのよねー。

全体な感想は、確かにキモいシーンはありますが、
いままでのシリーズに比べると、わりと軽い感じでした。
物語自体も短いし・・・(上下2巻にするほどではないです!)
いかに怪物レクター博士が誕生したかと言うよりは、
ハンニバルの復讐物語でした。
また、彼の叔母が日本人(紫夫人−紫式部から付けたらしい!)で、
大阪の陣から、広島の原爆まで、日本文化のオンパレードです。
いったい、トマス・ハリスはいつからこんな日本びいきに
なったのでしょうねー。

まあ、ハンニバルシリーズの愛読者には、
それなりに楽しめると思います。
前回は、映画より原作の方がずっとすごかったけど、
今回は、映画の方がすごいかも知れませんねー。
ギャスパー・ウリエルの、若きレクター博士は、期待大ですが、
コン・リーの紫夫人は、どうかなぁ〜。
変な日本語のしゃべり方とかじゃないといいけど心配です。

ハンニバル・ライジング←映画公式ページ

ハンニバル・ライジング 上巻 (1)
トマス・ハリス / / 新潮社


■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
今回は、映画の脚本もトマス・ハリスが書いたそうですが
はたして、映画の出来はどうでしょうね〜!
[PR]
by cinema-can | 2007-04-20 00:44 | book | Trackback(4) | Comments(6)
ホリディ
b0020911_0484529.jpgいくら嫌な事があっても
ハウスエクスチェンジなんて、
私には到底できそうにないけれど
第一、家が狭すぎるし、
(その前に大掃除が・・・笑)
まあ、広かったとしても、
他人に、家の中掻き回されるはちょっとねー。
ただ他人の家を見学できるのは、
楽しそうですよねー。

恋愛物に馴染みのないジャック・ブラックが
なかなかいい味を出していて、ちょっといいんだよねー。
アマンダ(キャメロン・ディアス)のプール付きの豪邸も素敵だけど、
(映画関係者が、近所にたくさん住んでそうだし・・・)
アイリス(ケイト・ウィンスレット)のメルヘンチックなハウスも、
おしゃれでした。
(まあ、通勤はちょっと大変だと思うけど・・・^_^;)

ストーリー自体は、すごく面白いわけではないけど、
強気な女アマンダの、妙に可愛いコンプレックスや、
アイリスが好きだった男に、やっと言い返せるトコなんかは、
女性には、共感できると思います。
あと、アイリスと引退した元有名な脚本家の老人
アーサー(イーライ・ウォラック)との出会いは
ほのぼのとして、物語を楽しませてくれました。
ラブコメ好きには、お勧め作品です。

ホリデイ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
映画の予告編製作とか、楽しそうな仕事だなぁ〜!
まあ、最近は見せ過ぎな感も、多々あるけどね・・・・。
[PR]
by cinema-can | 2007-04-19 00:56 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
ハッピーフィート
b0020911_053988.gif「皇帝ペンギン」の映画を観てから
すっかりペンギンファンに
なってしまったし・・・
「カーズ」をおさえて、アカデミー賞の
長編アニメーション映画賞を
受賞した作品なので
絶対字幕で観ようと思っていました。


う〜〜〜ん!やっぱり子ペンギンは、めちゃくちゃ可愛かったです。
もう、子ペンギン軍団のダンスシーンなんて最高です。
それに空や海などの自然もすご〜くきれい!
あと水中もなかなか迫力がありました。
音楽もヒット曲がいっぱいで、ノリノリでした。

ただね、魚が取れなくなった環境問題の入れ込みかたや
ラストの解決方法なんかは、ちょっと強引で
なんか違和感を感じてしまいました。
その辺を除けば、充分楽しめる作品でした。

ハッピー フィート←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
主人公のマンブルだけ、大人になってもフワフワ坊やなのがなぁ〜。
子ペンギンの時と違って、あんまり可愛くないのよね・・・・。
[PR]
by cinema-can | 2007-04-14 01:13 | cinema | Trackback(6) | Comments(4)
ナイト ミュージアム
b0020911_0464530.jpg自然史博物館って、
なかなかおもしろいんだよね〜。
普通の美術館とは、またちょっと
違った楽しさがありますよね。
ただ深夜に一人だと
蝋人形や剥製って、妙にリアリティが
あるから、ちょっと恐そうです(~_~;)


思っていた感じとは、なんか違うストーリー展開で
いい意味で期待を裏切られました。
かなり笑えるし、楽しめました。
特に、ミニチュア人形達の活躍は楽しかったです。
1体ほしくなったよ〜。
アメリカ開拓時代のあのガンマンがいいなぁー。

まあ、心に残る作品ってわけではないけど、
楽しかったと素直に思える、お子様づれにもお勧めの作品です。
久しぶりに自然史博物館に行ってみたくなりました!

ナイト ミュージアム←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
やっぱり、歴史の勉強は重要です!
世界史を授業からはずしてはいけないよ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2007-04-12 00:48 | cinema | Trackback(11) | Comments(4)
蟲師
b0020911_0385687.jpg深夜のテレビアニメを観てから
「蟲師」の世界のファンに
なってしまい、今回ギンコを
お気に入りのオダギリジョーが
やるとなれば、見ないわけには
いきませんよ〜。
(ギンコの髪型がウエンツ鬼太郎と
かぶっているとしても・・・笑)

ストーリーは原作のお話を4つくらいごちゃまぜにした感じで、
「蟲師」の原作を知らない方には、
かなり解りづらいかもしれません。
なんとなく、世界観をわかった上での作品として
作られている感じでした。

何をやらせても恐い?江角マキコはおいといて
蒼井優ちゃんや大森南朋は、なかなかいい味だしてました。
もちろん、オダジョーのギンコも私は好きでした。
あと、幻想的で美しい山河の風景もきれいでした。
一般的なお勧め作品ではありませんが、
蟲と人間の不思議な世界観は、感じることができます。

蟲師←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
でも、私は虫はチョ〜〜〜ウ!苦手です!(笑)

やっと仕事が一段落したので、少しづつ記事を
UPしていきたいと思っています。m(_ _)m
[PR]
by cinema-can | 2007-04-11 00:40 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)