<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
カポーティ
b0020911_0415490.jpg「ティファニーに朝食を」などで
有名な作家、
トルーマン・カポーティが、
彼の代表作となる「冷血」を
執筆する経緯を描いた
ノンフィクション映画です。

1959年、カンザス州の裕福な農場主の一家四人が
惨殺される事件が起き、 新聞でその記事を読んだカポーティは
この事件を本に書きたいと、カンザスへ取材に向かいます。
やがて彼は、逮捕された犯人二人組と接触し、
犯人の一人ペリー・スミスに、強い興味を感じ
創作意欲を掻き立てられます。
壮大なノンフィクション小説「冷血」の構想は進んでいくのですが、
ペリーは殺人の理由についてなかなか語ろうとせず、
さらに小説の結末となるであろう死刑執行は、
延期されるばかりで執筆は停滞してしまいます。
彼は苦悩し、ペリーの死を恐れると同時に望むように
なっていくのです・・・。
『何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。 』

フィリップ・シーモア・ホフマンのカポーティは、
素晴らしかったです。たぶん喋り方なんかもそっくりなんでしょう。
(本人を見ていないので、たぶんとしか言えませんが・・・)
人気作家として多くの人間に囲まれていても、繊細で孤独感を
抱えてる感じがとても良く解りました。
ただ、映画自体もノンフィクションなので、
楽しめるという内容ではありませんが、
カポーティが、どんな人物だったのかを知る事ができました。

作家というのは、まったく難しいものなのですね〜。
しかし、あんな体験をすれば作品が書けなくなってしまうのも
わかるような気がしますが・・・・。
「冷血」で素晴らしい功績を得る事ができたのでしょうが、
そのために失った物もすごく大きかったという事なのでしょうね〜。
それにしても、60年代の死刑執行は結構残酷でした。

ソニー・ピクチャーズ - カポーティ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2006-10-28 00:44 | cinema | Trackback(15) | Comments(1)
「邪魅の雫」 京極夏彦
b0020911_0393815.jpg待ちに待たされた3年ぶりの
京極堂シリーズの新刊です。
いつもながらの辞書並みの
厚さです!!(笑)
ホントは、一気読みしたかったのですが
今回は時間がとれず、
やっと読了です!!

舞台は、昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と相次いで
毒殺事件が発生する。
被害者の女性の一人は偽名で生活し、身元不明!
彼女に付きまとっていた不審な男、挙動不審な死体の第一発見者、
チンピラ、画家など多くの人間を巻き込んで
増えていく毒殺死体!、連続事件としての捜査は混迷を極め、
そしてついにあの男が登場する・・・・。

前作の 「陰摩羅鬼の瑕」 が 個人的にはあまり好きではなかったので、
今回は期待していたんだけど、京極堂の出番があまりないし、
このシリーズの名物である得意の妖怪うんちくがない!!
そうなのだ!なんか京極堂らしくないのだ。
しかし、今回は関口も益田も「らしくない」一面を見せているし、
あの天下の私立探偵、榎木津礼二郎さえも「らしくない」ことを
しているのだから今回は、「らしくない」シリーズだったのかなぁ〜。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとり言)
やはり、キャラ的にも榎木津礼二郎は独身で
いてもらわなくては・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2006-10-26 00:47 | book | Trackback(1) | Comments(0)
ブラック・ダリア
b0020911_251667.jpg原作者は「L.A.コンフィデンシャル」の
ジェイムズ・エルロイ、
監督はブライアン・デ・パルマ!
予告編もおもしろそうだったし・・・
ちょっと期待しすぎたかなぁ〜!!


元ボクサーの「アイスマン」バッキー巡査(ジョシュ・ハートネット)と
「ファイアーマン」リー巡査(アーロン・エッカート)は
警察公債をPRするために、ボクシングで対戦することになったのですが、
バッキーは父を養老院に入れるため、八百長をし
対決はリーの勝利で終わります。
しかしこれを機会に2人は、警察エリートの特捜課に
配属されることになりコンビを組むます。
リーは、同棲するケイ・レイク(スカーレット・ヨハンソン)を
バッキーに紹介し、3人はいつでも一緒に行動する
奇妙な三角関係を続けていた。そんな中、口を裂かれ、
身体を切断されたエリザベス・ショート(ミア・カーシュナー)の
遺体が発見され、2人は捜査に乗り出します。
やがて捜査線上にマデリン・リンスコット(ヒラリー・スワンク)と
いう金持ちの娘の名が浮かぶのですが・・・・・。

とにかく、問題の「ブラック・ダリア事件」に行き着くまでが
長い!長過ぎる!!
バッキー、リー、ケイの関係性を理解させるためなんだろうけど、
それにしても長過ぎる気がします。
そのため、後半の謎解き部分があまりにも、淡々と描かれて
全てを理解するのは、ちょっと大変です。
結局は、悪い奴?ばかりだったのね〜(~_~;)

レトロな衣装や美術は、なかなか楽しめますが、
途中、ちょっと中だるみして眠くなってしまうかも・・・。
それに、エリザベスとマデリンが、そっくり!と言われるほど
似ているとは思えませんでした。
でも、ジョシュはカッコよかったし(←ひいき目ですが・・笑)
スカーレット・ヨハンソンは、きれいでした!!

THE BLACK DAHLIA←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2006-10-22 02:09 | cinema | Trackback(18) | Comments(4)
アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵
b0020911_0151342.jpgアガサ・クリスティーは、
一時期かなりハマって読破しましたが、
最近は随分ご無沙汰だったので、
なんか懐かしさにひかれて
観に行ってきました。


原作は、おしどり探偵トミー&タペンスの「親指のうずき」です。
舞台はフランス、田舎で悠々自適の生活をおくる、
好奇心旺盛な奥さまプリュダンス(カトリーヌ・フロ)と、
おっとり気味の旦那さまベリゼール(アンドレ・デュソリエ)。
高級老人ホームで、亡くなった叔母の遺品を整理していて、
プリュダンスは、ある風景画に胸騒ぎを覚える。
そこには、はるか昔に見た記憶のある家が描かれていたのだ。
さらに、その風景画の元の持ち主・老婦人ローズが、
突然老人ホームから姿を消していたのだった!
謎めいた出来事の連続に事件の予感に、
“親指のうずき”を感じるプリュダンス・・・・。

ストーリー展開はちょっと解りづらいですが、
フランスの田園風景は、とても美しかったです。
ユーモアに溢れた夫婦の会話も、結構楽しいし、
カトリーヌ・フロの行動力のある奥様ぶりも素敵でした。
(旦那さまは、なかなか大変そうですが・・・笑)
全体的に、ちょっとまったりとした探偵物語でした。

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとり言)
フランスの田舎の素敵なお家での、のんびりとした生活!
あんな御夫婦!ちょっとうらやまし過ぎです!!
[PR]
by cinema-can | 2006-10-17 00:17 | cinema | Trackback(8) | Comments(2)
デトロイト・ロック・シティ
b0020911_1295411.jpg映画好きな知人が、お勧めの1本として
大切にしているDVDを貸してくれたので、
DVD鑑賞は、ほとんど記事に
していなかったのですが、
今回UPしてみました!!
(まあ、いままでDVD鑑賞をUPする
余裕がなかっただけなんですが・・(~_~;)


「KISS」が人気が絶頂の78年、田舎町の高校生4人組、
ホーク、レックス、ジャム、トリップはデトロイトで行われる
「KISS」のコンサートへ行くことを楽しみにしていたのですが、
「KISS」を悪魔の音楽と信じるジャムの母が、
大切なチケットを燃やしてしまいます。
意気消沈する4人ですが、奇跡的にラジオのクイズで
チケットを当て、意気揚々とデトロイトへ向かうのですが・・。

ツッコミどこは多々ありますが、ただライブを見たいがために
右往左往するおバカな男の子たちがとてもおかしいです。
彼等のバンド「ミステリー」の演奏がメチャクチャ下手なのも、
いかにもで良かったし、バンドのボーカルの
ホーク(エドワード・ファーロング)は「ターミネーター2」の
子役だった子なんだけど、なかなかいいです。
(大きくなったのね〜!!)

テンポがあってノリがいい作品ですし、懐かしい70〜80年代の
ロックサウンドを楽しめます。
もちろん、ラストの「KISS」のコンサートも必見です。

■お気に入り度 ♥♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2006-10-14 01:38 | DVD | Trackback | Comments(2)
フラガール
b0020911_1165522.jpg常磐ハワイアンセンターと
いう名前は知っていましたが、
行った事はないので、
私の中では、1種の温泉センターの
イメージだったのですが・・・
こんなドラマチックなトコ
だったんですね〜。(~_~;)


昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。
時代は石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、
閉山の危機をむかえ、その危機を救うために構想されたのが、
レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」!!
そして、その目玉として炭坑娘を対象にハワイアンダンサーの
募集がおこなわれ、フラダンス教師として元SKDのダンサーが
炭坑町へとやってくるのだが・・・・。

思った以上に感動してしまいました!!
不覚?にも何度も涙をながしてしまいました(;_;)
女優陣は特に素晴らしかったです。
松雪泰子、徳永えり、蒼井優、富司純子それぞれに
いい味だしていました。
あと、忘れちゃいけないしずちゃん!
絶対お笑い担当だと思っていましたが、
なかなか泣かせる役どころでした!!

ラストのダンスシーンも圧巻です。
蒼井優のソロダンスも素晴らしかったです。

映画『フラガール』オフィシャルサイト←公式サイト
映画『フラガール』←公式ブログ

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
松雪泰子の60年代ファッションもなかなか素敵でした。
そのファッションで、ゲロは吐くし、炭坑の居酒屋で大酒飲んで、
炭坑男にからみ、娘を殴ったおやじを懲らしめる為、
男湯の中にまで乗り込む!!なんかカッコ良過ぎでした!!
しかし、実在の平山まどか先生(松雪泰子の役)が今でも
若手のダンサーの育成に携わっているというのはすごいです。
[PR]
by cinema-can | 2006-10-06 01:20 | cinema | Trackback(23) | Comments(8)
キンキーブーツ
b0020911_23461151.jpgキンキーブーツを直訳すれば
変態ブーツ???
まあ〜、一般的には女王様ブーツと
呼ばれる代物らしいです。
そして、嘘のような!本当の実話に
基づくハートフル・ストーリー
なのです。

突然の父親の死で、田舎町ノーサンプトンの倒産寸前の靴工場を
相続したチャーリー(ジョエル・エドガートン)、
工場は救いたいが優柔不断で八方塞がり・・・
そんな時、商談に行ったロンドンでドラッグクイーンの
ローラ♂(キウェテル・イジョフォー)と知り合い、
工場再建の為、ドラッグクイーン用のブーツ作りに
挑戦しようとするのですが・・・・・。

たしかに、ドラッグクイーン用のブーツとか
売ってるトコって、あんまりないだろうけど・・・(笑)
その発想もすごいし、実話っていうのがすごいです。

ストーリーは単純なサクセスストーリーなんだけど、
コメディ部分とホロっとさせる部分の調和がとれているし、
登場する人々も好感が持てるので、
観終ったあと、さわやかな気分になれました。
あと音楽やステージシーンも楽しめます。

キンキーブーツ | KinkyBoots←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
それにしても、あの折れないように鋼鉄が入ったピンヒールの
ブーツはすごかったです!!派手さもすごい!!
あれをはいて、踊れるドラッグクイーンの根性に拍手!!
私は、ピンヒールで階段が降りれないです(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2006-10-03 23:49 | cinema | Trackback(5) | Comments(2)