<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Vフォー・ヴェンデッタ
b0020911_1425170.jpg「マトリックス」シリーズの
ウォシャウスキー兄弟が
プロデュースを手掛けた
アクション大作!って事だったし、
予告編で観たナタリー・ポートマンの
丸坊主も凄かったので、
ちょっと期待して観に行きました!!

原作は、アラン・ムーアのコミックで、
独裁国家と化した近未来のイギリスに、突如として現われた
仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)。
この人は「マトリックス」のエージェントスミスの人なんだけど、
今回も仮面の男なので、素顔がよくわかりませ〜〜〜ん!!(笑)

(これ以下ネタばれも含まれます)
この“V”さん、民衆に自由をもたらすため、政府に抵抗していくのです。
それも大量の花火で裁判所を華やかに爆破したり、
銃撃してくる大勢の秘密警察を、ナイフだけで瞬時に倒したりと
なかなか見せ場も多いんだけど、仮面の姿にエプロン付けて
パンを焼いてたりするお茶目なシーンもあります。
ただ、「人民が政府を恐れるのではない。政府が人民を恐れるべきなのだ」と
いかにも革命家らしい部分がある反面、実は復讐も含まれていたりと
ちょっとその辺が、あいまいで残念です。

“V”と運命的に出会い、女性闘士に成長する
イヴィー(ナタリー・ポートマン)。
きれいな人って丸坊主になってもきれいなのね〜。(-。-)
頭の形もいいし・・・さすがです!!
でも、ロリータファッションの変装も結構似合ってました!

あと、物語を別の側面から支えるフィンチ警視(スティーブン・レイ)
ヒットラー並みの独裁者を演じるサトラー議長(ジョン・ハート)など
脇役も個性派揃いです。

どちらかというと、深く考えずにエンターテーメント映画として
楽しめばいいのかなぁ〜って作品でした。

Vフォー・ヴェンデッタ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとり言)
試写会では、あの仮面が配られたらしいですね〜。
でも家に飾るには、ちょっとキモイかもなぁ〜。
物語のモデルとなった「ガイ・フォークス」って人物がちょっと
気になって調べてみましたが、こちらはどちらかというと
テロリストみたいですね〜。
Guy Fawkes
[PR]
by cinema-can | 2006-04-30 01:50 | cinema | Trackback(31) | Comments(2)
プロデューサーズ
b0020911_157549.jpgブロードウェイまでは、
なかなか行けないので、
映画館で、気分を味あわせて
もらってきました。
私はミュージカル好きなので、
結構楽しめました。

落ち目のプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の
帳簿を調べに、小心者の会計士、レオ(マシュー・ブロデリック)が
やって来ます。マックスの大赤字の帳簿を見たレオは、
一晩でコケるショーを製作すれば、出資者に配当金を
払わなくて済むので、大儲けできるのではないかと気付きます。
そこで、2人は「最低の脚本」「最低の演出家」「最低の役者」による
最低のミュージカルの製作を目論むのですが・・・・。
この2人は、舞台でも演じているので、さすがに息もピッタリ!って
感じです。

最低の脚本家のフランツ(ウィル・フェレル)ですが、
本領発揮という感じで、かなりおかしいです!!
最低の演出家のロジャー(ゲイリー・ビーチ)と
カルメン(ロジャー・バート)のゲイコンビも相当いちゃってます!!
あと、女優兼秘書のウーラ(ユマ・サーマン)も
楽しいお色気ダンスをご披露してくれます。

さて、そこで出来上がったミュージカル「春の日のヒットラー」、
めちゃくちゃおかしくて、できればもう少し観たかったです。
エンドロールのテーマ曲もかなりおかしいですし、
最後の最後まで楽しめました。
ただ、やはりブロードウェイでの本物の舞台が
物凄〜く観たくなってしまいました!!

プロデューサーズ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2006-04-25 01:59 | cinema | Trackback(11) | Comments(8)
リバティーン
b0020911_2324318.jpgやっと、なんとか仕事が
一段落したので、とりあえず
会ってきました!!
愛しのジョニー・デップに・・・
今回は、17世紀の実在の英国詩人、
ロチェスタ−伯爵です。

脚本の冒頭3行で、出演を即決したというくらい、
このロチェスタ−伯爵、ジョニー・デップがいかにも
気に入りそうな人物なんですね〜。
作品の評価は高いものの、女好き酒好き、ポルノ作家としても
有名で、アルコールと梅毒が原因で、わずか33歳で死亡した
異色の人物ですからね〜〜。

(これ以下ネタばれが含まれます)
「どうか私を好きにならないでくれ・・・・」って始まる
オープニングから、もうすっかり世界観にハマってしまうくらい
ナルちゃん全開のノリノリのジョニーは素晴らしい!!
おまけにラストのセリフが「それでも、私が好きか・・・」
ですからねぇ〜!!
うぅ〜〜〜!それでもあなたが好きよ〜〜〜!って
思わず返事してしまいそうでした!!(笑)

ストーリー展開はちょっと解りづらいし、
前半はかなり直接的な卑猥な言葉連発で、下品な感じはあるが
(劇中劇はかなりひどくて、思わず笑ってしいましたが
皆さん笑っていなかったです・・・汗)
えっと〜、全部許す!!だって私はジョニーファンだから・・・(~_~;)
後半の病気が発症してからの、ヘンテコな医者の変装も白塗りも仮面も
病気に犯された汚い顔も、いかにもジョニーらしいし、
まあ、もっとも彼らしい作品と言えると思います。

あと、イギリス国王チャールズ二世のジョン・マルコヴィッチ、
この時代にあって自我の強い女優をサマンサ・モートン、
ロチェスタ−伯爵の妻ロザムンド・パイクと脇をかためる俳優人も
みなさん、なかなか芸達者です。

もっとも一般受けはしない作品だと思いますので、
その辺は、ご配慮ください。

Libertine:リバティーン=インモラルな人生を送る人。
常に欲望を求め、特に性的な行為に喜びを探す人。

「リバティーン」←公式サイト
druidic.org←ロチェスタ−伯爵の解説・肖像画あり(但し、英文です)

■お気に入り度 ♥♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
肖像画を見ると、実在のロチェスタ−伯爵も
結構きれいな男性だったようで、やはりジョニー・デップには
はまり役だったんだなぁ〜〜。
次は、海賊だぁ〜!夏までおあずけだけどね〜。
[PR]
by cinema-can | 2006-04-22 23:30 | cinema | Trackback(10) | Comments(4)
ちょっと一息!
b0020911_22374187.jpg

このところ、ちょっと仕事が忙しいので、
なかなか映画も観に行けなくて・・・
(観たい映画はたくさんあるんだけど・・待っててね〜ジョニ〜・デップ!)
更新もできないので、ただいま満開の八重桜の写真でもUPしてみました。
もっと見たい方は・・・・
こちらへどうぞ↓
ルナのあれこれレポート 春!花ざかり〜!

ついでに、最近ちまたで流行っているらしい「成分分析占い 」ユーモア占いって
ヤツをやってみました!!
名前やニックネームを入力すると、その人(または物)がどのような成分で
出来ているかを診断してくれるそうです。
(この占いは特にジョーク性の強いものです。結果を見て楽しんでください。)
だそうです!!

ルナを入力すると・・・↓

ルナ の成分の分析結果

ルナ の35%は下心で出来ています
ルナ の27%は宗教的なメッセージで出来ています
ルナ の16%は褒め言葉で出来ています
ルナ の9%はハロゲンランプで出来ています
ルナ の9%はペンキで出来ています
ルナ の4%は子育てで出来ています

えっ〜〜〜〜!下心!に宗教的なメッセージ!って・・・いったい!
何ものなのよ〜〜〜〜!(;o;)

懲りずにrunaでもやってみる!・・・・↓

runa の成分の分析結果

runa の57%はマンゴーで出来ています
runa の27%は昆布だしで出来ています
runa の10%はトイレのトラブルで出来ています
runa の2%はのりで出来ています
runa の2%は豆腐で出来ています
runa の2%は歩行で出来ています

今度はいきなり食べ物かい!マンゴー?に昆布だし?にのり・豆腐??って
朝食のメニューのような・・・!!

こうなりゃあ〜実名でも試してみるよん〜〜〜↓

♡の成分の分析結果

♡ の65%は自粛で出来ています
♡ の28%は鉄の意志で出来ています
♡ の6%はテレビショッピングで出来ています
♡の1%は営業停止で出来ています

う〜〜ん、なんかいきなり堅い!!固い!!
これで・・・・営業停止じゃ〜〜〜!(曝死!)

あなたは、何でできていますか?
[PR]
by cinema-can | 2006-04-16 22:51 | その他 | Comments(4)
サウンド・オブ・サンダー
b0020911_23533426.jpg原作は、レイ・ブラッドベリの
「太陽の黄金の林檎」(ハヤカワ文庫)
の中の短編「いかずちの音」です。
だから、ストーリー自体は、
まあまあなんですが・・・


う〜〜ん、この手のSF物は、映像が命ですからね〜。
ちょっといかにも合成って感じの映像では、
それだけで、かなりランク落ちしてしまいます。
(会社がつぶれたりしたので、予算がなかったのでしょうか・・(~_~;)
まあ〜B級のSF映画として観れば、
それなりに楽しめると思います。

2055年の未来都市も、未来の車もいまひとつだし、
タイムウェーブで、現われるゴリラもどきの生物も
ドラゴンもどきの生物も、なんだかなぁ〜って感じです。(笑)
主役以外の人間も、ほとんどでて来ないし
パニックおこして逃げ回る人々とかもあんまりいないし・・・
まあツッコミだしたら、キリがない映画でした。

お暇な時のデートには、いいかも・・・。

サウンド・オブ・サンダー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥

(ルナのひとり言)
タイムマシーンツアーなら、恐竜狩りとかじゃなくて、
もっと観たい時代がたくさんあるんだけどなぁ〜(^^;)
あなたの行きたい時代は、いつですか?
[PR]
by cinema-can | 2006-04-04 23:59 | cinema | Trackback(12) | Comments(4)
映画検定って・・・・!
世の中には、いろんな検定がありますが、
「映画検定」って言うのもできたらしいです!!
主催は、キネマ旬報社で今年6月25日に、
全国5会場(札幌地区・東京地区・名古屋地区・関西地区・福岡地区 )で、
最初の試験が行われるようです。
1級から4級まであるようですが、今回は2級〜4級まで併願が可能です。
我こそは・・・と思う方はいかがでしょう!!(^^;)

詳しい内容は、こちらをどうぞ→映画検定

う〜〜ん、おもしろそうだけど・・・、それほど自信ないしなぁ〜
いったい何人くらいの人が受けるのでしょうね〜〜〜〜?

ちなみにこんな本まで、出ています!!
映画検定・公式テキストブック
キネマ旬報映画総合研究所 / キネマ旬報社

近々予想問題集も出るとか・・・・ 。
キネマ旬報社に乗せられているのかなぁ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2006-04-01 23:10 | cinema | Trackback(2) | Comments(8)