<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スタンドアップ
b0020911_013094.jpg全米ではじめて、
集団セクハラ訴訟で勝訴した、
鉱山で働くシングルマザーの
実話に基づいた作品です。
シャーリーズ・セロンが
またまた身体をはった名演技です。

2人の子どもを持つジョージー(シャーリーズ・セロン)が、
子供を育て自立するため、男の職場と言われている鉱山で、
数々の悪質なイジメやセクハラに苦しみながらも、
勇気を持って訴訟をおこす姿を描いた感動の物語です。

(これ以下ネタばれが含まれます。)
前半の鉱山で働き始めてからのイジメやセクハラは、
むちゃくちゃひどくて、胸が痛くなります。
私だったら、絶対すぐに辞めているでしょうが・・・・、
(たぶん1日持たないよ〜絶対!!(=_=;)
鉱山で働いている女性はみんな事情を抱えているので、
そんな簡単に辞めるわけにはいかないんですね〜。

そしてセクハラ訴訟と重ねて変化してくる 家族の関係!
後半で、いままで父親にさからったことがなかった母親が
ジョージーにお金を渡して、頑固な父親を置いて出て行くシーンや
そんな父親が公聴会で初めてジョージーをかばい、
「娘を誇りに思う」と発言し、母親を迎えに行くとこなんかは、
ホントに胸が熱くなりました!!

そしてジョージーの隠していた悲惨な過去が裁判で明かされ、
実の父親を知ったショックで飛び出した息子が、
夜おそく帰ってきてジョージーと抱きあうシーン!
ラストで、一人一人が勇気を受け取って立ち上がるシーンは、
涙なくしては見られなかったです。
友人のグローリー役のフランシス・マクドーマンドをはじめ、
彼女の夫ショーン・ビーン、弁護士のウディ・ハレルソンなど
脇をかためる俳優人もかなりいい演技で、感動でした!!

スタンドアップ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとり言)
ジョージーの息子役の子も、なかなか良かったです!
[PR]
by cinema-can | 2006-01-27 00:03 | cinema | Trackback(15) | Comments(2)
コタツのある映画館
「トリビアの泉」で、コタツのある映画館がある?って聞いて、
ちょっとビックリしました〜!!\(* ̄0 ̄*)/
全国には、変わった映画館もあるんですね〜〜〜〜!
場所は、新潟県の六日町の「六日町シネマ」って所です。
1番前の列に、コタツが3つ並んでいて、寝転がってみてもOKなんですよ〜。
なんか寝ちゃいそうですけど・・・・(笑)
もちろん、みかんを始めお弁当や飲み物の持ち込みもOKらしいです!!
すごいなぁ〜!でもなんか笑ちゃいますよね〜!!
ちなみに、夏は座敷席になるそうです。

金額は1700円って言ってたけど、それって普通より安くない?(笑)

N氏の映画館:六日町シネマ
[PR]
by cinema-can | 2006-01-26 00:17 | その他 | Trackback | Comments(4)
レジェンド・オブ・ゾロ
b0020911_1312773.gif今回は、家族の愛が
テーマになっているせいか、
なんとなくゾロのアクションも
迫力にかけていたし、
1作目ほどカッコよく感じなくって
ちょっと残念でした。

ただゾロの息子ホアキンくん(アドリアン・アロンソ)は
なかなかの芸達者で、楽しませてくれます。
将来は、りっぱなゾロ?(俳優?)に成長することでしょう!!
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、美しいけど、
彼女ならこのくらいの演技は当然かな〜って感じです。
そして、今回もっとも楽しませてくれたのは、
ゾロの愛馬・トルネードです!!
列車の上まで走ちゃうし、
お酒飲んだり、パイプ吸ったりとお茶目さも満杯です。

ストーリーは勧善懲悪で、わりと単純ですが、
前半の2人が離婚するとこが、いまいち解りにくかったです。
なんにも考えずに楽しめる娯楽作品です。デートにはいいかも・・・。

レジェンド・オブ・ゾロ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとり言)
バンデラスの代表作ではあるけど、続編はもういいかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2006-01-22 13:14 | cinema | Comments(6)
プライドと偏見
b0020911_0202766.gif原作は、18世紀の有名な女流作家
ジェイン・オースティンの
「高慢と偏見」で、
英国でドラマ化され、
NHKで放送されたのは
かなり有名みたいですが、
残念ながら、そちらはまだ未見なので、
ちょっと楽しみにしていました。

女性に父親の財産相続権がなかった時代、どんな人と結婚するかが
その後の自分や家族の人生を大きく左右するのです。
よい条件の相手を見つけることは、今の時代も同じですが(笑)
まあ結婚しないで、キャリアで生きて行くという選択は
なかったわけですね〜。

主人公の次女のエリザベス(キーラ・ナイトレイ)の一家も
5人姉妹ですから、母親(ブレンダ・ブレッシン)も
躍起になって資産家の貴族や相続人の甥に
娘たちを嫁がせようとします。
そんな中で、自分自身を貫き通すことは大変ですよね〜。
妹は面倒をかけるし、お人好しの姉(ロザムンド・パイク)の
心配もしなくちゃならない・・・・(~_~;)
父親(ドナルド・サザーランド)が優しくて理解があったのが
せめてもの救いかなぁ〜。

ストーリーは古典ですからねぇ〜単純明解ですが、
英国の美しい田園風景や豪華な邸宅、舞踏会シーンなどは堪能できます。
あと、紳士的なプロポーズ?も必見かも・・・(笑)

プライドと偏見←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2006-01-20 00:21 | cinema | Trackback(18) | Comments(0)
THE有頂天ホテル
b0020911_17592855.gif今年最初の劇場鑑賞は、
三谷幸喜が豪華な俳優人で
取り組んだホテルアバンティの
大晦日の出来事です。
最初から笑いがいっぱいで、
なかなか楽しませてくれました。

これだけの俳優人なのに、一人一人が良い味だしていて
たぶんキャスティングが上手いんだな〜。
それぞれが絶妙に絡み合って、
ラストのカウントダウンパーティへ流れていきます。
三谷流のギャグも盛り沢山で、かなり笑えます。

松たか子のセリフで「自分に正直に生きるのが1番!
言いたい奴には言わせておけばいいのよー!」ってのが
なかなか印象的でした。
それにしても、オダギリジョーの筆耕係は
本人とは思えない地味なキャラでした!!
でも、おいしいキャラなんですよね〜。
できれば、大晦日に観たかったなぁ〜

THE 有頂天ホテル←公式サイト

b0020911_1803225.gif■お気に入り度 ♥♥♥♥


(ルナのひとり言)
クネクネダンスとか、ダブダブとの腹話術とかが
もっと観たかったなぁ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2006-01-15 18:04 | cinema | Trackback(54) | Comments(6)
今年もよろしくお願いします!
b0020911_22542384.jpg

明けましておめでとうございます。
みなさま、お正月はいかがでしたか?(*^^*)
私は、今回は関東の方へ出かけて移動ばかりで、
ちょっと疲れたお正月でした〜(~_~;)
お休みは、あっという間に終ってしまった感じです。ヤレヤレ〜
(お正月の出来事はこちらに)

さて今年は、何本映画観れるかなぁ〜。
今年も、劇場で観た映画を中心にUPしていきたいと思っています。
皆様のTB&コメント大歓迎です。
今年もよろしくお願いします。
[PR]
by cinema-can | 2006-01-04 23:01 | お知らせ | Trackback | Comments(8)