<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ハリー・ポッターと炎のコブレット
b0020911_0183379.gif私は、原作を軽く2〜3回は
読んでいるハリ−ファンなので、
このシリーズは毎回楽しみに
しています。(笑)
今回も、まあまあ良い
出来だったと思います!


あれだけ長い原作を、うまく2時間37分にまとめて
いたんじゃないかなぁ〜。
それにしても、みんな大きくなりましたねぇ〜。
今回のメインは、三大魔法学校対抗試合と、
クリスマスパーティってところでしょうか。
原作ファンとしては、クラムがあんなマッチョなタイプだとは、
思わなかったけど、ハーマイオニーが肉体派?だと
言っていたのには、笑ってしまいました!!
相変わらずウィーズリーの双子は、楽しませてくれます。
(個人的には、まだ出て来ていないけど、ウィーズリーの兄弟では、
チャーリーが好きなんだけどなぁ〜次回は登場を期待!!)

あと、トビーとシリウスが出て来なかったのは、
ちょっと寂しかったけど、まあ時間があるから仕方ないですよね〜。
2時間37分魔法世界を充分堪能できる作品です。
(今回もエンドロールは、めちゃくちゃ長いです・・・笑)

ハリー・ポッター←公式サイト
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
5巻もショックだったけど、英語版6巻の「混血のプリンス」(仮)の
衝撃的なショックから、まだ立ち直れない!!
だんだん内容がダークになってくるよなぁ〜。
あんまり人殺してほしくないなぁ〜(;_;)
ラストの7巻は、どうなるのでしょう〜!!
b0020911_0222855.jpg

←コレは、ビーズで
作ったスニッチです。
[PR]
by cinema-can | 2005-11-30 00:27 | cinema | Trackback(27) | Comments(6)
イン・ハー・シューズ
b0020911_0163527.gif女性にとって、靴って
結構重要アイテムなんですよね〜。
家のシューズボックスにも、
友人の結婚式くらいにしか
履いて行くトコはないけど、
おき入りの靴が何足か
眠っています(笑)

前半は、ほとんどいつものキャメロン・ディアス全開って
感じで・・・こんな妹!かなり困り者!だなって思うし、
姉のトニ・コレットも、ちょっとウザイかも・・・って
思ってしまいますが、後半の老人ホームで働きだしたり、
フリーの犬の散歩屋さんを始めるあたりから、
2人は、断然良くなります。
表情が、全然変わってきて、なんかイキイキしてるのよね〜。
まあ、生きているといろんな事があるけど、
自分に素直になって、自然に生きる事ができれば、
人を思いやる心の余裕もできるのかも知れないなぁ〜。

名女優シャーリー・マクレーンを筆頭に、
お年寄りたちが、パワフルで素敵な名演技を見せてくれます。
キャメロン・ディアスが、本物の女優になったーーーとは、
ちよっと言いがたいですが・・・・(~_~;)
なかなか楽しませてくれました。

私には、姉妹がいないので、ちょっと羨ましく思いました。
女性を元気にしてくれる映画です。

- イン・ハー・シューズ - IN HER SHOES -←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとり言)
「イン・ハー・シューズ」って、「相手の立場に立つ」という
意味なのね〜なるほど〜!!
それにしても、スシネタにタラ?って・・・いくらアメリカでもね〜!
鍋じゃないんだからさぁ〜(曝!)せめて、タイかヒラメでしょ〜!
[PR]
by cinema-can | 2005-11-26 00:19 | cinema | Trackback(19) | Comments(4)
ロバと王女(デジタルニューマスター版)
b0020911_16151125.gifジャック・ドゥミ監督の没後
15年の企画として「ロバと王女」が
デジタルニューマスター版として
蘇りました。実はこの作品は、
ビデオもDVDも発売されたことがなく、
テレビも未公開の幻の作品だったそうです。
(日本公開は1971年。)

童話作家シャルル・ペローのもう1つのシンデレラストーリーと
言われる「ロバの皮」が原作のお話で、
国王である父との結婚!(まあ、ありえない〜設定だけど・・笑)から
逃れるため、妖精の助言を受けてロバの皮をかぶって
お城を逃げ出した王女。
そして、家畜の世話係をしているところに王子が現れ、
お約束の恋におちるのです。

30余年前の美しさ絶好調!のカトリーヌ・ドヌーヴが
プリンセスを演じています。
「空のドレス」「月のドレス」「太陽のドレス」の豪華絢爛な
ドレスはホント綺麗でした!!
それに、初々しいフレンチポップを歌ってくれます。

今ではプロデューサーでもおなじみのジャック・ペランが
見事なちょうちんパンツ?姿の王子様を演じています。
(こんな時代もあったのね〜笑)
あと、妖精が電話を使っていたり、国王のいすがデカイネコちゃんの
ぬいぐるみだったり、家来や馬が真っ赤と真っ青だったり・・と
ギャグっけというか、コメディというか、おもしろさも満載です!

コテコテのファンタジーがレトロで、ちょっとB級で
なかなか楽しませてくれます。

デジタルニューマスター版 ロバと王女←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとり言)
ロバの皮(かぶりもの)が、妙にリアルで・・・・あれだとたしかに
臭いそうだな〜。
[PR]
by cinema-can | 2005-11-20 16:18 | cinema | Trackback(1) | Comments(4)
ブックレビューコンテストのプレゼント!
先日行われていたexcite.Booksの「ブックレビューコンテスト」に、
秘かに参加していたのですが・・・・、
参加したと言っても、たまたま参加の本の中に、
「チャ−リ−とチョコレート工場」が入っていたので、
前に書いた記事があったなぁ〜って感じで・・・、
TBすれば、参加できるって事だったので、
お気軽な気持ちで参加してしまいました。
(実は、参加していた事もすっかり忘れていたりして・・・汗)

結果は・・・まあわかりきっていますが・・・(´д`)〜〜〜
総評の中に、「わたしは“普段ブログやってるから
ついでに応募した”みたいな、本気度の薄さを感じました。」って
書いてありましたが・・・、
ハハハッ〜!それはまさしく私の事ですよね〜!!

しかし、参加者が思ったよりすご〜く少なかったので、
参加者に抽選でプレゼント!ってのに当選しちゃいました!!
送られてきたプレゼントはね〜コレ!ですよ〜。
b0020911_23192928.jpg










実は、エキサイトオリジナルグッズとだけしか書かれてなかったので、
いったい何なんだろう!って謎だったんですよ〜。

今度参加する時は、もっとちゃんと考えますから・・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2005-11-19 23:28 | その他 | Trackback | Comments(0)
ヘイフラワーとキルトシュー
b0020911_21251348.gifフィンランドと言えば、
ムーミンが有名だけど
そんなお国のカワイイ!カ〜ワイイ!!
姉妹のお話です。
全てが、ポップでカラフルで、
まるで絵本の世界のようでした。

b0020911_21255466.gif

姉のヘイフラワーは、しっかり者の良い子ちゃん!
いつもわがまま三昧の妹、キルトシューの面倒を見ています。
しかし・・・もうすぐ小学校へ行く事になっているので、
家事がまったくダメなママと、ポテトの研究ばかりしているパパに
妹の世話がちゃんとできるかどうか心配です。

まったくなんて親なんだろう・・!って思ってしまいがちですが、
どうやらお国柄の違いらしく、フィンランドでは、
自立心を育てるため、幼い頃から子供を放任してるみたいです。
そんなヘイフラワーの心配をよそに、家族はあいかわらず・・・
妹のわがままは、増すばかり・・・・それで
とうとう良い子のヘイフラワ−もキレちゃったから、さあ!大変!!
お隣のヘンテコなおばさん姉妹や、おまわりさんも巻き込んでの
てんやわんやが繰り広げられます。
(まあストーリーは、あまり重要ではないかも・・・笑)
b0020911_21255466.gif

b0020911_21263351.gifとにかく、可愛いです!!
姉妹もすご〜く可愛いけど、
小物や雑貨、インテリアもカラフルで
ポップなものがいっぱいです。
公式サイトもかわいいですよ〜!
レシピも載ってるから、楽しめますよ。

ヘイフラワーとキルトシュー|Hayflower & Quiltshoe←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥
b0020911_21255466.gif

(ルナのひとり言)
映画館は、彼女につれられた男性が1人いた以外、全て女性でした(笑)
この映画はきっと男性には、受けないだろうなぁ〜!(曝!)
そうそう3〜4歳の小さな女の子もいて、おとなしく映画を観ていました。
あんな小さい子を見かけたのは、アニメ映画以外では初めてかも・・。
[PR]
by cinema-can | 2005-11-14 21:35 | cinema | Trackback(12) | Comments(6)
ヒーローフェスタ2005 国際ヒーロー映画祭
実は、それほどヒーローに興味はないのですが・・・・汗!)
友人に誘われて、ノコノコとイベントを見て来ました!!
(ホントは、会場のクリスマスデコレーションが見たかったのよ〜!
ホントだってば・・・・(--; 〜〜〜!
b0020911_1275995.jpg
勢ぞろいしたヒーローさんや作家の先生方です!!
小さいから誰だかわかりませんよね〜(笑)
b0020911_128422.jpgヒーローフェスタなのに、
なぜか楳図かずお先生も・・・・!
おまけにお約束の
「グワ〜シ!!」まで
やってるし・・・・(曝!)
b0020911_1291326.jpg
出番待ちのヒーロー、怪獣さん達です!
カメラを見て、ちゃんとポーズをとってくれる親切な方々です。

b0020911_1294129.gifまあ、1番笑えるのは、
このイベントのキャラ?かも
(にわか面ライダー!と言うらしい!!)
なんだかねぇ〜福岡と言えば
にわかせんべい!しかないのかよぅ〜!
興味がある方は、公式サイトへどうぞ!!


FUKUOKAヒーローフェスタ2005 国際ヒーロー映画祭←公式サイト

(ルナの言い訳?)
今回は、ヒーロー好きなあなた!の為にUPしましたよ〜(~_~;)
クリスマスデコレーションに興味のある方は、こちらを見てね〜
ちゃんと撮ってるんだから〜!!(´-`)
<runaのあれこれレポート
[PR]
by cinema-can | 2005-11-12 12:16 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)
ブラザーズ・グリム
b0020911_14241285.gif実在のグリム兄弟は、
貧困にも負けず勤勉で優秀な
兄弟だったらしいのですが、
鬼才テリー・ギリアムの世界では
インチキ魔物退治で賞金を稼ぐ
詐欺師になちゃってます。(笑)

(これ以下ネタバレが含まれます)
そんな兄弟ですが、インチキがばれてフランスの将軍から
命が惜しければ、呪われた森で次々と姿を消す少女の事件を
解決するように命じられます。
しかしそこは、本物の魔女の住む森・・・。
「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」「白雪姫」「眠れる森の美女」
「ラプンツェル」などの様々な童話の断片が、随所に散ればめられ、
ダークで美しい映像と、テリー・ギリアムらしいグロさで
作られています。
(まあ、今回はグロさは少ない方かも知れません・・笑)

それにしても、マット・デイモンの髪型は、やはり笑ってしまいます。
あれはイケテません〜。
41歳のモニカ・ベルッチはホントに美しかったです。
さすが!500歳の魔女!!あの美しさは魔術です!
あと、イタリア人の拷問師(ピーター・ストーメア)は、
結構楽しませてくれます。

途中ちょっと中だるみしてしまう感はありますが、
娯楽作品としてまあまあ楽しめると思います。
(ただしブラックやグロさがお嫌いな方には、
ちょっとお勧めできないかも・・・)

ブラザーズ・グリム ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとり言)
私の中では、テリー・ギリアム作品の1番は
やっぱり「未来世紀ブラジル」だな〜。(^^;)
[PR]
by cinema-can | 2005-11-06 14:24 | cinema | Trackback(27) | Comments(10)
ヴェニスの商人
b0020911_22423890.jpgヴェニスの商人と言えば、
シェイクスピアの有名な喜劇なので、
おおかたのストーリーは、
御存じの方が多いと思いますが、
これは、かなり原作に近い感じで
作られているので、なんかちょっと
むなしさを感じてしまいました。

(これ以下ネタバレが含まれます・・・と言っても公式サイトには
ほぼ全ストーリーが掲載されています。古典だからねぇ〜笑)
16世紀のヴェニスでは、ユダヤ人たちは土地を持つことを許されず、
ゲットーの中に隔離される生活を余儀なくされ、
(外に出る時は、ユダヤ人を示す赤い帽子をかぶらなければならず、
う〜ん、コレってもうほとんどナチだね〜)
宗教の違いから、キリスト教徒からいわれなき迫害の対象にされていた。
それで高利の金貸しで生活している。シャイロック(アル・パチーノ)も、
そんな金貸しのひとりです。
そんな時、顔見知りの貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)
から、顔にツバをはきかけられる屈辱を味わうわ、
娘に裏切られて宝石をもち逃げされるわでは、
まあ復讐の1つもしたくなるってもんですよ〜。

バッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)にいたっては、
放蕩で財産を使い果たした上、友人に借金を頼むとんでもない奴だし、
いくら男装してるとはいえ、自分の婚約者もわかんないんだからね〜。
なんだかなぁ〜!(イタリア男の典型かしら?)
復讐からは、何も生まれないって事は、よくわかるけど
アル・パチーノの演技がすばらしいだけに
法廷で、キリスト教への改宗をのんでまで、金(財産)にすがる
シャイロックが悲しく、むなしいです。

映像はとても美しいし、衣装や背景も豪華で中世の美しいヴェニスを
堪能することは、充分できます。

「ヴェニスの商人」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとり言)
たぶん宗教も人種差別も、全て排斥された
悪徳高利貸しシャイロックVS.聡明で美しいポーシャの児童書版並みの
ヴェニスの商人くらいでなければ、私には喜劇とは
感じられないなぁ〜と思ってしまいました。
[PR]
by cinema-can | 2005-11-02 22:48 | cinema | Trackback(19) | Comments(12)
ブログの値段って・・・!
お友達の杏ちゃんのトコで、紹介されていたので、
とりあえず、やってみました。
どうやら、勝手に?ブログにお値段をつけてくれるみたいです!
(まあ〜、余計なお世話だよ〜って思うけどね・・・笑)
ココにアクセスして、ブログのURLをいれるだけで、
計算してくれます!!

それで・・・結果は

b0020911_0394080.jpg

b0020911_03956100.jpgと・・・いうことに?????
これって・・・どうなのかな?
あまりお高いようではないようだけど・・・
英語苦手なので、どういうシステムか
よくわかんないけど(笑)
まあ、こんなもんでしょう〜。
値段がついただけでも、上等だよ!!

興味がある方は、試してみてはいかがですか?
[PR]
by cinema-can | 2005-11-01 00:52 | その他 | Comments(11)