<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
メゾン・ド・ヒミコ
b0020911_0175953.jpgなんとなく不思議な世界なんだけど、
悪くない!
映像もきれいだったし、
思っていたより楽しめました。
ストーリーは、ゲイの老後って
テーマだから、結構つらいトコも
汚い年寄りのゲイも出て来るんだけどね〜。
なんかね、全体を通して美しい映画だったような気がします。

(これ以下、ネタバレが含まれます)
ある日父親(田中泯)が、ゲイであると告白し、家をでてしまう。
その後、卑弥呼というゲイバーの伝説的なママになるのですが、
残された母と娘・沙織(柴咲コウ)は、貧しい暮らしをして、
その後母親も死んでしまい、沙織は借金を抱え塗装店で
さえない事務員をしながら、風俗で働こうかと悩んでいる。
そんな時、若い男・春彦(オダギリジョー)が現れ、
父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。
春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった。
そして、沙織に高額を条件に老人ホームで働いてくれと頼むのです。

この老人ホームが、また良いのよね〜。
昔ホテルという設定なんだけど、海が見えて建物も良い雰囲気!
それに、各部屋もすご〜くおしゃれだったり、カラフルだったり
ゲイのセンスの良さがわかるって感じです。
そして、田中泯!存在感がすごい!!
きれいって感じではないんだけど、なんか高貴で凛々しいんだな〜。
オダギリジョーの色っぽさも、柴咲コウの憎しみを目で現す演技も
なかなかドラマチックで、良かったです。

最初は、ゲイを毛嫌いしていた沙織が、だんだんとゲイというワクを
超えてというか、人間同士としてやさしさをとりもどしていくのが
現実的にたくさん問題を抱えた中では良かったのかな〜。
でもあんな老人ホームは、ちょっとすてきかも・・・ゲイではないけど(笑)

メゾン・ド・ヒミコ ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
温泉でも行って、のんびりしたいよ〜ピキピキ!ピッキ〜!!\(>_<)/
(ピキピキ!ピッキ〜!!は、映画で出て来た美少女戦士の魔法の呪文です!)
[PR]
by cinema-can | 2005-09-28 00:20 | cinema | Trackback(19) | Comments(14)
ファンタスティック・フォー(超能力ユニット)
b0020911_0143143.jpg最近は、日本でもアニメやマンガの
実写化が多いですが、
アメリカもそうみたいですね〜。
これも、原作はアメコミだそうです。
「Mr.インクレディブル」の能力は
どうやらこのアメコミから
来てるらしいんですが・・・。
あちらの方が有名になっちゃった感じもしますね。

宇宙嵐で、DANが変化をおこし、5人それぞれすごい超能力を
授かちゃうわけなんですが・・・そんな宇宙嵐っていったい・・!!
(これ以下、ネタバレが含まれます)
ファンタスティック・フォーのリーダー、リード(ヨアン・グリフィスリーダ−)は
身体がのびるゴム人間なんだけど、
なんかリーダーって感じがあんまりしないのよね。
どちらかというと、研究好きなオタクタイプで・・・。
(同じゴム人間でも、ワンピースのルフィくらいの明るさがほしい〜!
ルフィじゃ明る過ぎかぁ〜笑)
スー(ジェシカ・アルバ)は、透明人間になって透明バリアが使える
「Mr.インクレディブル」の娘と同じですね。
彼女は、なかなか可愛かったです。お色気シーンもあります!!
ベン(マイケル・チクリス)は、ハルクぽい怪力男で、
彼だけが、姿まで岩男みたいに変化しちゃうので、恋人にも去られちゃうし、
ちょっと可哀想でした。
そして、ジョニー(クリス・エヴァンス)は、燃える男
炎のスピードで、空も飛んじゃいます!
彼一人が最初から能力を楽しんじゃって、ノリノリでした。
ジョニーとベンの掛け合いも、なかなか楽しいです。

5人の中の一人、ビクター(ジュリアン・マクマホン)が、
宇宙嵐の事故のせいで、銀行から見放されるし、
恋人のスーは、元彼のリードとよりもどしそうだし、
ぷっつん切れちゃって、大暴れしちゃいます。
なんか悪役にしては、弱いですよね〜。
まあ、次回作つくる気満々のラストだったから、
次回作に御期待!と言うところでしょうか!

ファンタスティック・フォー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2005-09-27 00:15 | cinema | Trackback(23) | Comments(12)
容疑者 室井慎次
b0020911_065045.gifちょっと仕事に追われて、
1日十何時間もパソコンの前にいると、
なかなか記事を書く気分に
ならなくて・・・。
全然UPできなかったのですが、
なんとか復活したいと思います。

ちょっと前に観たのですが、なんかいまひとつだったので、
余計遅くなってしまいました。
まあ、おどるシリーズでも、湾岸署のお話じゃないし、
北新宿署って、ほとんど暴力団のような人ばっかで・・・(笑)
ここは、どこだよ〜???って感じでした。
(管理官をあんちゃん呼ばわりですからね〜笑)

もともと室井さんは、しゃべんないキャラだけど、
今回もだんまり〜が多いので、なんか「おどる」のテンポが
まったくないし、笑いも少ないです。
八嶋くんとか吹越くんの弁護士事務所は、別の意味でちょっと笑えます。
そんな中で、一人がんばってる田中麗奈ちゃんが
かえって浮いて見えてしまいました。

それにしても、室井さんはなかなか上へ行けそうにないですね〜。
次回は、ぜひ本筋の潜水艦事件で、お願いします。

odoru-legend.com←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥
[PR]
by cinema-can | 2005-09-26 00:09 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
し、仕事が・・・忙しいとです!!
このところ、かなり仕事が忙しくて・・・・
土・日もお休みはありませ〜〜ん(´д`)〜〜〜
だから、ちょっと映画館へも行けなくて、ストレス蓄積され放題です。
買ったDVDも全然観れなくて、ストレス倍増です!!
b0020911_3191525.jpg

上の3作は、1作1,500円のお買得商品なので、つい買ってしまいました。
最近は、名作とかも安くなりましたよね〜。
早く観たいよ〜〜〜〜。

もし?ルナの仕事の話を知りたい方は、→こちらへ
(ちょこっとだけですが・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2005-09-11 03:21 | DVD | Trackback | Comments(9)
おかげさまで、1周年
b0020911_045594.gif

早いものでこのブログを始めて、9月で1年を迎える事になりました。
最初に記事を書いたのが、去年の9月4日でした。
それ以降、のんびりとした更新の上、
拙い文章で、読みにくい所も多々あったとは思いますが、
思いがけずたくさんの方にTBやコメントを頂き、すごくうれしかったです。
皆様本当にありがとうございます。m(_ _)m
∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴

私は、子供の頃から映画館の大スクリーンで映画を観るのが大好きなので
これからも、劇場で観た映画の感想を中心に、
マイペースでのんびり続けていこうと思っております。
良かったらどうかこれからも、おつきあいくださいませ。
皆さまの楽しいご意見・ご感想をお待ちしております。
∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴

まだまだ、暑い日が続きますし、台風も近付いておりますので、
皆さまもお身体を大切に、健やかにお過ごしできることをお祈り致します。
[PR]
by cinema-can | 2005-09-04 00:35 | お知らせ | Trackback | Comments(13)
シンデレラマン
b0020911_1720996.jpg試写会で一足早く観て来ました。
本年度、アカデミー賞最有力と言う
ふれこみで、またボクシングものか〜って
でもこっちは一応実話だし・・・なんて
思っていたけど・・・・、
なかなか素晴らしい作品でした!!

まあ、典型的なアメリカのサクセスストーリーなんですが、
家族愛が、ホント伝わって来て、思わず泣かされてしまいます。
最近ご乱行の噂も多いラッセル・クロウですが、
実際のボクサーである、ジェームズ・J・ブラドックを
なかなかうまく演じていました。
ボクシングの試合のシーンも迫力あって、すごかったです。
3人子供達も、みんな可愛かったし、レニー・ゼルウィガーは
やっぱりすごい演技力です。
そしてポール・ジアマッティ!彼が、またいいんです!!

(これ以下、ネタバレが含まれます)
貧しさ故に、万引きしてしまった長男に、
「どこにも行かせないから、人の物を取ってはいけない」と
約束したので、子供たちを、呼び戻す為に電気代を工面するのに
ボクシングのオーナー連中に、プライドを捨てて
お金を施してもらうシーンは、観ていてホントにつらかったです。
そして、2人も殺したことのあるチャンピオンとの試合を
心配でたまらないレニーが、「彼の為に祈りにきました。」と
教会に行くと、神父が「みんな彼の為に祈っていますよ。」と
教会の中のたくさんの人々をさししめすシーンや
1度も試合会場へ行った事のないレニーが、初めて会場へ行って
「私の支えなしには、勝てないでしょう〜。」って言う
セリフには、思わず涙がこぼれました。

ただ、やはり「ミリオンダラー・ベイビー」に比べると、
なんか全体的に深みが足りない感じは、否めないので、
アカデミー賞には、ちょっと無理があるかもしれませんね〜。
(まあ〜、私が決めるわけではありませんが・・・笑)

シンデレラマン←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

b0020911_1721265.jpg(ルナのひとり言)
試写会場の入口で、
こんなハンカチをもらいました。
まあ〜泣いてくれ〜って
事なんでしょうが・・・・
これね〜、かなりペラペラ〜!
この程度の涙だと判断しての事か?
う〜〜ん!なんか微妙!!
[PR]
by cinema-can | 2005-09-03 17:25 | cinema | Trackback(31) | Comments(2)