<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
宇宙戦争
b0020911_2314034.jpg恐かったです!!
宇宙人の攻撃もすご〜く恐いけど、
パニックをおこす人間の
暴動も恐いです!!
初めて「ジョーズ」を観た時の
恐さに匹敵する感じでした。

特に序盤は、次に何が起こるんだろう!という緊張感で、
かなりドキドキでした。
中盤のパニックした人々に囲まれるシーンや
地下室に隠れている時のティム・ロビンスが
だんだん狂気になってくるトコなんかは、かなり恐かったです。
ティム・ロビンスの「大阪では、何体も倒したらしいぜ!」って
セリフには、ちょっと笑わせてもらいました!!

原作は読んだ事ないし、オリジナルも観ていなかったので、
トム・クルーズがもっと宇宙人と戦ったりするのかと
思っていましたが、とにかく家族をつれて逃げることに専念していて、
なんとなくアメリカっぽくない感じが、今回のスピルバーグの
ねらいだったのかな〜?
ただ「えっ〜〜〜〜つ!!そういう結末なの????」って
感じでラストは、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

あと、今乗りにのってるモーガン・フリーマンが
ナレーションをつとめていますよ〜。
ストーリー的には、長男はいったいどうやって
家に帰ってきたのかよ〜とか、なんでその電器製品だけ使えるの?
みたいなつっこみどころも結構あります。
まあ、つまりは自然の摂理というか、地球の環境には
誰も太刀打ちできないということでしょうか〜。
みなさん、地球を大事にしましょうね!!


宇宙戦争←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2005-06-30 23:05 | cinema | Trackback(45) | Comments(10)
フォーガットン
b0020911_18572849.gif予告を観てから、結末が
ものすご〜く気になっていました。
しかしなんとなく
胡散臭さがあって、迷っていましたが、
期待せずに、観てみることに
しました。

たしかに内容的には、なんなのよ〜!!って類いの作品ですが、
あの心臓に悪い!吹っ飛ばされシーンには、
毎回ドッキリさせられました!!
来るとわかっていても、飛び上がちゃうのよね〜(笑)
その点では、なかなか楽しませてくれます。

終わり方も、単純明解でホントにこれでいいのか〜?と思ってしまいますが、
たぶん、この映画は、つっこんだらキリがないので、
良しとするべきなのでしょう〜。
(ただ、飛んでいった女刑事さんも、無事にもどっていることを
祈りますが・・・・笑)
母親の子供に対する、愛というか執念は、
全てを超越するということでしょうか!!母は強しです!

フォーガットン←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2005-06-23 18:59 | cinema | Trackback(7) | Comments(7)
バッドマン ビギンズ
b0020911_1914839.gif久々の試写会で、観てきました。
今回は、バッドマン誕生秘話
ですから、何故コウモリに
なったのか?というは、
ポイントになっています。
(ネタバレがあるかもしれないので、ご注意ください。)

両親を殺されたブルース・ウェインは、トラウマや心の闇を抱えて
それを克服するために、犯罪者の心理を探る、放浪の旅にでるの
ですが・・・・。
なんか、その辺がいまいち私には、納得できませんでした。
なんで???放浪?普通は別の方法へ向かうでしょ・・・?
まあ、金持ちのボンボンのすることですから、
別にいいんだけど・・・・(笑)

できれば、もう少しバットマンになる準備の話を
膨らませてくれた方が、楽しめたのかな〜。
戦闘ツール開発者のモーガン・フリーマンとの
からみは、結構おもしろかったです。

さて、話題の渡辺謙ですが・・・、
う〜〜ん、こんな役であんなに宣伝していいのだろうか〜。
私には、「キル・ビル」のゴ−ゴ−夕張(栗山千明)や千葉真一と
あまり変わらないような気がしましたが・・・・
(渡辺謙ファンの方、気を悪くしたらごめんなさい・・汗)

途中もう、オチが見えてしまうのも、ちょっと残念だったし
全体的にいまひとつだったかな〜。

バットマン ビギンズ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとり言)
私の中では、やはりティム ・バートンの「バットマン リターンズ」が1番かな〜。
ラストに出てくるトランプのカードが、ジャック・ニコルソンだったら、
ちょっとうれしかったかも・・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2005-06-10 19:07 | cinema | Trackback | Comments(11)
交渉人 真下正義
b0020911_132087.gif私も一応、おどるファンでは
ありますが・・・
(まあ、テレビシリーズも
映画も見てる程度ですが。)
なんか、あんましフジに乗せられるのも、
なんだか・・・って気がして
いままで保留していたのですが、
スタンプがたまって、1本無料で観れるので
とりあえず、観ることにしました。

主役が真下(ユースケ・サンタマリア)では、ちょっと役不足感は
否めませんが、まあ脇をかためるのが、個性の強い俳優達なので、
それなりに楽しめる感じでした。
木島刑事の寺島進は、やくざにしかみえませんから・・・(笑)
あと、TTR総合指令長 片岡役の國村隼は、いい味だしてたし、
線引屋の金田龍之介は、和久さんの変わりって感じで、
渋い役どころをおさえてました。

ただね〜、やっぱりテレビでも充分かな〜って感じです。
おどるファンなら、とりあえず観ても損はないかも・・・。

交渉人 真下正義←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2005-06-09 01:04 | cinema | Trackback(6) | Comments(2)
「世にも不幸なできごと1 最悪のはじまり」        レモニー・スニケット (著)
b0020911_18375411.gifこの間観た「レモニー・スニケットの
世にも不幸せな物語」の原作です。
映画を観てから、ちょっと
気になって原作を
読んでみたくなったので、
とりあえず、1巻目を読破しました。

どうやら、不吉な数字?13巻まで続くらしいです。
日本語訳では、今8巻まで出版されています。
(英語版は11巻まで出てるみたいです。)

本を読んで、改めて映像はホントによくできていたなぁ〜って
感じました。
ユーモアを感じさせる文章のせいか、子供たちは不幸なんだけど
ひどく気分を害すといった感じはありません。
まあ、児童書ですし・・・・(笑)
2〜3時間あれば、読めちゃいます。

ただ、装丁や挿絵はなんか今ひとつなので、
人に借りるか、図書館で充分な気がしました。
2巻目からは、図書館を利用することにします。

b0020911_1838546.jpgAmazon.co.jp: 本: 最悪のはじまり 世にも不幸なできごと〈1〉

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2005-06-07 00:56 | book | Trackback | Comments(2)
ミリオンダラー・ベイビー
b0020911_18514782.gif痛いなぁ〜!!
痛くて、深くて、渋くて、
せつない映画でした。
イーストウッドとモーガン・フリーマンの
静かで押さえた演技が
余計に心を突き刺しました。

(今回も、かなりのネタばればれです。ご注意!!)
ヒラリー・スワンクは、美人女優ってわけではないけど、すばらしいです!
フランキー(イーストウッド)のトレーニングを受けていくうちに、
美しく筋肉がついて、体系が変わっていき、
勝利を得るごとに、瞳の輝きが増してくる!!
お見事な女優魂を見せていただきました。

後半の30分は、ホントにせつなかったです。
マギー(ヒラリー・スワンク)が、スクラップ(モーガン・フリーマン)に
「あんなに自分を守れ」って言われていたのに、守れなくて
フランキーに謝ってくれって言うシーンや
フランキーに「お父さんが、犬にしたことをしてくれ」と頼むシーンは、
心がホントに痛かったです。

全てをボクシングにかけて、満足して一生を送れたマギーは、
短くても幸せだったと思うけど、残されたフランキーやスクラップを
思うとつらいです。せめていつか娘さんと和解できればいいなぁ〜。
心にパンチをくらった作品でした。

ミリオンダラー・ベイビー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
帰りに、無性にホントのレモンを使ったレモンパイが食べたくなったけど、
夜遅かったので、店が開いてなくて残念だった・・・。
それで、しかたなく絵を描いてみました!!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2005-06-02 18:55 | cinema