カテゴリ:book( 94 )
「1Q84 (BOOK3)」村上春樹
b0020911_0301916.jpg前回、バカ売れ?で
品切れの憂き目をみたので、
今回はちゃんと予約して
購入しました!
BOOK3は、「青豆」と「天吾」に加え
「牛河」の物語が加わっています。


いやぁ〜!面白かったですよ。
途中で止められず、一気に読んでしまいました。

男前だった青豆さんが、なんだかすご〜〜く女性ぽくなっていて
なんか切なかったですよー。
天吾くんと父親とのストーリーもなかなかでしたが、
NHKの徴収人はかなり印象的でした。
新キャラの安達クミちゃん等の看護婦さん達も
良かったけど、ドラッグはどうかなぁ〜。
最近特に問題になってるだけに、ちょっと気になりました。
いかにもハードボイルドなタマルさんと
なんだか気の毒な牛河さん!
2人のキャラも際立っていました。

そして・・・・とてもステキなラストでした。
(ただ私は、筋金入りのハルキファンですから・・・笑)

■お気に入り度 ♥♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
さて、BOOK4はあるのだろうか????
私的には、これで終わりで満足ですが、
1月〜3月が抜けているからなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-04-29 00:32 | book | Trackback | Comments(0)
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈5〉最後の神 」リック リオーダン
b0020911_0215581.jpg映画も公開されましたが
パーシー・ジャクソンと
オリンポスの神々の最終巻5巻目です。
ついにパーシーたちは
タイタン族と最終決戦に。
オリンポスの神々も参戦しますが
タイタン族の力は強く苦戦します。

世界が破滅するかどうかが決まる日、パーシー・ジャクソンの
16歳の誕生日が、一週間後にせまっていた。
マンハッタンのオリンポス山を破壊するため、
総攻撃をかけるクロノスは、タイタン族最強の怪物テュポンをも
目覚めさせ、ついに、オリンポスの神々すべてを巻き込んだ、
壮絶な戦いが始まる・・・。

最終巻なのでオールキャストって感じで、全ての神や
タレイア率いるハンター隊やケイロン率いる
ケンタウロスパーティー同好会なども登場します。
そして、英雄アキレウスや意味ありげなパンドラの壷など
てんこ盛りです。
レイチェルやハデスの息子ニコの行く末もなかなかです。
ただねぇ〜ラストはまあ私的にはいまひとつだったかなぁ〜。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
原作ではパーシーは16歳の誕生日で最終巻ですが
映画のパーシーは、もう既に17歳!
随分年齢設定が違うんですねぇ〜〜〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-02-28 00:24 | book | Trackback(1) | Comments(2)
「流星の絆」東野 圭吾
b0020911_23134282.jpg今頃になってやっと
図書館の順番が回ってきました!
TVドラマを観て
しまったので、
嵐のテーマソング
空に星がきらり〜♪って
歌が頭に流れていました(笑)

洋食屋「アリアケ」の子供である功一、泰輔、静奈。
家を抜け出し流星群を見に行ったとある夜中、
両親が何者かに殺害された。
彼らは身よりもなく、養護施設で幼少期を過ごした後、
相次いで詐欺などにあったために、いつしか自らも詐欺を働くようになり、
金を持っている男達を騙していく。
事件から14年が経ち、時効を迎えようとしていたが、
たまたま詐欺のターゲットにした洋食チェーンの息子・戸神行成の
父親が両親が惨殺された時間に家から出てきた人物に
似ていることに気付く・・・。

東野圭吾にしては、軽い読み物でした。
詐欺のターゲットのランク分けがなかなか面白かったです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
TVドラマでの眉なしのサギちゃん(中島美嘉)は
さすがに出てきませんよ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-01-22 23:15 | book | Trackback | Comments(0)
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈4〉迷宮の戦い 」リック リオーダン
b0020911_18364412.jpgパーシー・ジャクソンと
オリンポスの神々も
いよいよ4作目です。
今回は、ダイダロスが作った
迷宮(ラビリントス)が
舞台となります。


パーシーにかせられた予言の刻限まであと1年。
世界を滅ぼそうとするルーク、ルークを想うアナベス、
パーシーを恨むハデスの息子ニコ、
ミストに惑わされない少女レイチェル、
そして、ついに復活せんとするクロノス、
さまざまな想いが交錯するなか、ハーフ訓練所を守るため、
パーシーは仲間たちと迷宮へ足を踏み入れた・・・。

このシリーズって、ハリーとよく似てるトコが
かなりありますが、そう言えば、炎のコブレットも迷宮でしたね(笑)
今回は、特殊な人間レイチェルとハデスの息子ニコが
ポイントになっています。
そして、牧神パンを探すことに命をかけていたグローバーが、
ついにその使命を果たすことに・・・。
ラストのニコの発言が、ものすご〜く気になる終わり方だったので
次回作が早く読みたいです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
いよいよ次回作が最終巻です。
全面戦争へ突入です。
[PR]
by cinema-can | 2010-01-14 18:39 | book | Trackback | Comments(0)
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈3〉タイタンの呪い 」リック リオーダン
b0020911_18331634.jpgパーシー・ジャクソンと
オリンポスの神々の3作目です。
アメリカでは、児童書部門で
ハリー・ポッターを抜き、
全米1位になったみたいですね〜。
ストーリーも中盤をむかえ、
やっとオリンポスの12神が全員登場です。

ポセイドンの息子パーシーは、訪れた寄宿学校で怪物に捕まってしまう。
この危機を救ったのは、オリンポス12神の一人、女神アルテミスだった。
しかし、怪物との戦いの最中、アナベスが消えてしまい、
その後アルテミスまでも行方不明に・・・。

今回は、前回蘇ったゼウスの娘・タレイアと
アルテミスの部下であるハンター隊などの女性陣が活躍します。
そして、これからのカギをにぎるかもしれないビアンカとニコの姉弟、
もう一人の予言の子供、タレイアの選ぶ道も以外でしたし、
これからの展開は、ちょっと楽しみです。
しかし、ギリシャ神話には、いろんな怪物がいるんですねぇー。
よく知らない生き物もいっぱいです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
いよいよ映画公開も間近かに迫って来ましたね〜。
パーシーの設定は、随分大人になっているようですが、
ホントにシリーズ化できるんでしょうかねぇー。
ライラやエラゴンのようにならないといいんですが・・・。
そういえば、ナルニアはどうなったのかなぁ?
[PR]
by cinema-can | 2010-01-14 18:35 | book | Trackback | Comments(3)
「こいしり」 畠中 恵
b0020911_0194728.jpg「まんまこと」の続編です。
神田町名主の放蕩息子・麻之助と
そのお幼なじみ清十郎、
吉五郎が今回は6つの問題を
解決します。


いよいよお寿ずとの結婚という時におこった、
清十郎の父の過去の思い人探し「こいしり」
化け猫騒動の「みけとらふに」
百物語でおこった紙入れ泥棒の「百物語の後で」
1つのお守りに対して2人の落とし主が現れる「清十郎の問い」
麻之助が遊び人のてほどきをすることになる「今日の先」
一枚の恋文をめぐる「せなかあわせ」の
6作品が掲載されています。

畠中作品は「しゃばけ」もそうですが
短編が面白い気がします。
のらりくらりとしながら、ちゃんと事件を解決する麻之助は
しゃばけの若だんなと似ています。
「みけとらふに」で麻之助の家族となったネコのふにが
可愛いです。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
このシリーズで気になるのは、お寿ずと結婚した麻之助と
だんなが死んだおゆうの過去の想いと、こらからの展開かなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-01-06 00:22 | book | Trackback(1) | Comments(2)
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険」リック リオーダン
b0020911_23585348.jpgパーシー・ジャクソンと
オリンポスの神々の2作目です。
今回は、グローバーの救出と
タイレアの松の再生のための
魔法の道具を求めて、
「魔の海」への冒険です。
そして、今作ではアナベスと
図体はデカイのに泣き虫なタイソンが旅の仲間になります。

新しい学校での終業日、パーシーはまたしても怪物に襲われる。
ハーフ訓練所に戻ってみると、タレイアの松が何者かに毒をもられて
枯れかかり、訓練所は危機に陥っていた。
新たに判明した家族の秘密を受け入れられないまま、
タレイアの松を復活させる魔法の道具を求めて、
アナベスとタイソンと「魔の海」へと向かったパーシーの前に、
クロノスの手下となったルークがあらわれる・・・。

16歳におこると言うパーシーに係る予言、蘇りつつある巨悪な存在と
どこかで聞いたことのあるストーリーが度々出てきますが、
(ほとんどハリポタですが・・・・)
ダークじゃない分、軽〜〜く読めます(笑)
魔の海というのは、バミューダトライアングルのことだし、
目と歯が、三人で一つしかない三姉妹や、キュクロプス、
セイレンなどギリシャ神話の登場人物はなかなか楽しませてくれます。


■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
今回新たに登場した神の一人、ヘルメスの現代版も
なかなか面白かったです。映像化ますます楽しみだなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-10-15 00:04 | book | Trackback | Comments(0)
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/盗まれた雷撃」リック リオーダン
b0020911_0305575.jpg映画の予告編を観てから
すご〜〜く興味を
そそられたのですが、
単行本大きいし・・・
図書館にリクエストしたら
案外簡単に回ってきました。
ギリシャ神話のオリンポスの神々と
人間の間に生まれた子供たちの冒険という、
設定はなかなか新鮮でした。

アメリカの寄宿学校に通う12歳の少年パーシー・ジャクソンは、
難読症の上ADHDで、そのせいもあり問題児として
何度も学校を退学させられていた。
けれどもそれは、本人のせいではなくて出生のせいだった。
突然自分がギリシア神話の神の一人の子供だと打ち明けられ、
怪物に襲われたのだ。
そんな神との子が入る訓練所に逃げ込んだパーシーだったが、
神々のとんでもない揉め事に巻き込まれ・・・。

実は、ギリシャ神話の神々が現在のアメリカに引っ越ししていて
神話に出てくる英雄たちのように神と人間のハーフが生まれているという
なかなかユニークなストーリーでした。
妙な所にメドゥーサがいたり、ちょっと筋肉おバカ風のアレスが
登場したり、なかなか楽しませてくれます。
現在4巻まで発刊されているみたいです。

まあ、アメリカ版ハリー・ポッターって言われているみたいだし、
ファンタジー好きな方には楽しめる作品だと思います。

映画はクリス・コロンバス監督で2010年2月12日公開予定(アメリカ)に
なっています。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ハリポタも終わっちゃたし、とりあえず図書館でも
まだ手軽に借りられそうなので、このシリーズ読んでみようと思います。
[PR]
by cinema-can | 2009-10-01 00:38 | book | Trackback(1) | Comments(0)
「名もなき毒」宮部みゆき
b0020911_231079.jpg「誰か」で登場した
杉村三郎の一族が
新たな事件にかかわる物語です。
「毒」とは毒殺に使われる
薬等だけではなく
人間の中にもあり、
様々な事件とからみあっていく。

財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、
トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、
私立探偵・北見のもとを訪れる。
そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で
祖父を亡くしたという女子高生だった・・・。

まあ相変わらず、杉村一家は裕福過ぎて、
ちょっとリアリティがないですが、
なんといっても今回は、原田いずみというアルバイトの女性が怖い!
常に何かに怒っていて、自分の不幸は全て他に人のせいにする。
そして逆恨み!!!正直回りにいる人はたまらない。
ここまでひどくはないけど、結構こんな感じの人いるような気がする。
だから怖いのである。
あと、土壌汚染の話もかなり気になりました。
ただ、コンツェルン会長の義理父はちょっとりっぱ過ぎかな〜。
上に立つ人がこんな人ばかりなら、
こんな世の中ではないはずだけど・・・(笑)

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
これもシリーズ化するんでしょうねぇ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-07-19 23:23 | book | Trackback | Comments(0)
「いっちばん」畠中 恵
b0020911_1141342.jpg長崎屋の若だんな一太郎が
活躍する妖怪時代小説の
第7弾です。
このシリーズも短編の方が
好きなんですよねー。
なかなか面白かったです。

元気のない若だんなを、誰が一番喜ばす事が出来るのか
妖達の競い合いに、スリのお話が絡み合う「いっちばん」
長崎屋と近江商人の分家が品定め大会する「いっぷく」
天狗に誘拐されてしまった若だんなのドタバタ「天狗の使い魔」
和菓子職人の栄吉の修行先での「餡子は甘いか」
白塗り厚化粧のお雛ちゃんのその後「ひなのちよがみ」の
5作品が掲載されています。

妖達がオールキャストのドタバタ「いっちばん」が
しゃばけシリーズぽくて楽しいですが、
栄吉の修業先での苦悩や成長を描いた「餡子は甘いか」と
お雛ちゃんの意外な一面が見える「ひなのちよがみ」が
好きでした。


■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
まあ、マンネリしてるといえばそうですが、
このシリーズは、心が暖かくなるので止められないのよね〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-07-10 01:15 | book | Trackback(1) | Comments(0)