カテゴリ:cinema( 560 )
キャット・ウーマン
b0020911_17221723.gif
試写会で一足早く鑑賞してきました。
ハル・ベリーのキャットウーマン、
と〜てもカッコイイです!
猫的な動きもきれいだし、
なんと言ってあのスタイルはすごいです。
36歳にしてあのプロポーション!脱帽です!
(ヒップのラインが特にすばらしい!!)

まああのSMチックなお衣装はいまひとつですが、
長い鞭をまるで新体操のリボンのように振り回す姿は
まさしく「女王様とお呼び!」と言ってしまいそうです!(笑)

ストーリーは、ティム・バートン監督の『バットマン・リターンズ』で、
ミシェル・ファイファーが演じた同役とほぼ同じで、陰謀に巻き込まれて
無惨に殺された罪のない女が、猫の霊力を得て復活するのですが、
ミシェル・ファイファーのキャットウーマンは哀愁をおびた
ダークなヒロインでしたが、
(彼女のキャット・ウーマンもかなり好きですけどね〜。)
ハル・ベリーのキャットウーマンは、
もっと現代的でパワーにあふれたクールな感じで、
これはこれで、良いですよ。

それに、悪役のシャロン・ストーンも開きなおった?演技で
なかなかすばらしいです。
ストーリーやCGの部分などあまり細かい事を気にしなければ、
充分楽しめる映画です。

キャットウーマン←公式サイト

(ルナのひとり言)
映画に登場する「エジプシャン・マウ」というネコがとてもきれいでした。
ちょっとほしくなってしまった!にゃ〜おぅ〜!!
あとダイヤモンドのツメも・・・でも大理石のお肌は恐いよ〜・・・?
エジプシャン・マウ→ペット情報総合サイト ペットペット:ペット大図鑑−ネコ編

■お気に入り度 ♥♥♥+♥(ネコ分)
[PR]
by cinema-can | 2004-10-13 18:30 | cinema | Trackback(8) | Comments(1)
『あなたの一番好きな恋愛映画』は?
第10回トラバンケートテーマ『あなたの一番好きな恋愛映画』&第9回途中経過発表

Kurt. さんのところでやってるトラバンケートの、
今回のテーマは恋愛映画ですか〜?

今回も難問ですねぇ〜。たくさんあるもんなぁ〜!!
今年の恋愛映画なら、たぶん『恋愛適齢期』なんだけどなぁ〜。
最高におもしろかったです。
(でもルナは、絶対キアヌのお医者様を選ぶよ〜〜笑。)

あと『アメリ』のおちゃめな2人もいいんだよなぁ〜。
それから『ショコラ』も素敵なお話で、捨てがたいんですよね〜。

今日1日ホント〜に悩んじゃったけど、
究極の1本に決めました。
『ピアノ・レッスン』 で決定!
浜辺でピアノを引くシーンは、すごくきれいでした。
それにラストもなかなか印象的でした。

☆★☆★トラバンケート(トラバアンケート)テンプレ☆★☆★☆★☆

毎週1つのテーマでアンケートをだすので、そのアンケートに
対する答えをトラバしてください。トラバしてくださった
皆様の答えを次のアンケート出題時に集計して発表させて頂きます。
締め切りは隔週の日曜22:00。次回の締め切りは10/18(日)になります。
月曜には新しいテーマと集計結果を発表します。また締め切り後にTB
していただいても構いませんので、皆様の参加をお待ちしてます。

企画元/2+2=5  http://diesuk.exblog.jp
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by cinema-can | 2004-10-05 00:55 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
アイ,ロボット
b0020911_17224625.jpgアイザック・アシモフの原作をモチーフにしたSF映画です。
まずは、「ロボット3原則」
1.ロボットは人間に危害を加えてはならない。
2.ロボットは(1)に反しない限り、人間から
与えられた命令に服従しなければならない。
3.ロボットは、(1)及び(2)に反する恐れの無い限り、
自己を守らなければならない。
う〜んいかにもあぶない3原則ですよね〜。
解釈の仕方でどうにでもとれるような・・・。
人とロボットの共存って、よくあるテーマだけど、
むずかしすぎて、簡単には答えられないですね〜。

たくさんの人型ロボットが、街で自然に生活しているようすなんか
すごく楽しかったです。
生きている間に、こんな世界になるとは思えないけどね〜。
(設定は一応2035年なんだけど・・・笑)
ウィル・スミスは、別に嫌いじゃないけど、何も冒頭から肉体美を
バンバンご披露しなくても・・・。とちょっと思ってしまいました。
あとNS-5ロボット、サニーはすごく良く出来ています。
(サニー!ってスーパーじゃないんだから、もうちょっとマシな名前付けて
あげても良いんじゃないの〜笑)
まあ全体的には、期待以上におもしろかったです。
充分楽しめる映画だと思います。
ルナは、やっぱりネコ型ロボット?がほしい〜!!

(ルナのひとり言)
「アウディ」と「コンバース」が異常に強調されていて、
まあスポンサーなんだろうけど、どんだけ払ったんだ〜!!。
でもあれじゃちょっと嫌味だよ〜。

アイ,ロボット←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-10-02 17:24 | cinema | Trackback | Comments(2)
あなたの好きな宮崎アニメは?
あなたの好きな宮崎アニメ教えてください。 トラバンケート途中経過

Kurt. さんのところでやってるトラバンケート(トラバアンケート)に
参加しちゃいました。

宮崎アニメかぁ〜!
選ぶのむずかしいですよね〜。
ナウシカもラピュタも好きだし、魔女の宅急便もいいしなぁ〜。
そうそうルパンのカリオストロの城も好きだしなぁ〜
あと未来少年コナンとかもあるしなぁ〜どれにしょう????

悩んだけど、今回は「となりのトトロ」に1票を投票しちゃいます。
やっぱりなんてたって、ネコバス!!
家にも来てくれないかな〜。
シートふわふわそうだし、乗り心地はどうでしょう!
まあ飛んじゃうから揺れそうだけど・・・。
ルナは、飛行機大好きだからきっと最高だろうなぁ〜。
ホントにやさしい気持ちにさせてくれる1本でした。
[PR]
by cinema-can | 2004-09-30 00:55 | cinema | Trackback(1) | Comments(1)
デビルマン
b0020911_23115560.jpg一足早く、デビルマン観てきました。
たぶん公開されたら、賛否両論になるんじゃないかな〜。
配役からすると、アイドル映画と言えるでしょう。
主役の不動明と飛鳥了を演じるのは、
FLAMEというグループの伊原央登・右典兄弟、
(お顔のとてもきれいな双児です。)
美樹は酒井彩名、シレーヌはモデルの冨永愛、
はっきり言って演技に期待はしないでください。
(この人選は若くてきれいな子を集めて映像的な美しさを求めたのだろうか…?)

ストーリーは、かなり原作に近いんじゃないかな〜。
まあ原作のすごく大ファンの方には、納得のできない点もかなり
あるかもしれませんが、2時間でまとめるには、よくできている方だと思います。
結構過激なシーンもきっちりあるので、
R指定じゃなくって大丈夫なのかな〜と思いました。
(R指定にすると、アイドルファンが観にこれないか…。笑)

CG部分は、ほんとによくできてる思います。
かなり美しいし、カッコイイです!!
実写からCGへ変わる部分もほとんど違和感なく、東映のがんばりを感じました。

最後に舞台挨拶に来ていた8人の中に、
原作者の永井豪先生がいたのは、ちょっと感激でした。
永井豪先生は、映画の出来にはすごく納得していると
言っていたことを付け加えておきます。
ご本人も、映画に出演しています。
devilman | デビルマン←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-23 23:16 | cinema | Trackback | Comments(0)
ヴィレッジ
b0020911_2335518.jpgシャマラン監督作品で、あの意味ありげな予告編!
−<禁断の森>に入ってはならない。
<彼ら>が待っている…。
う〜ん!この監督の予告には、「サイン」で
ちょっと痛いめみてるからなぁ〜。と思って
躊躇していたのですが、どうやら巷の噂では、
ラブストーリーらしい???と聞いて
つい興味本位で観てしまいました。

チケットを購入すると、「解読マニュアル」なるチラシを渡されます。
なんか〜また!意味ありげな小細工だなぁ〜。
(観終わった後で、中身をご覧ください。と書いてあったので、
一応我慢して、後で読みましたが…。なんだかなぁ〜必要なのかな〜?コレ!)
ところで本命の映画ですが、予想に反してそう悪くはなかったです。
ストーリーは、それほど奇抜なものではなく、お得意のどんでん返しも
ありますが、かなりわかりやすいと思います。
それに、映画初出演のブライス・ダラス・ハワードは、
なかなか良かったです。
(「ギフト」のケイト・ブランシェットを彷彿させました。)
あとエイドリアン・ブロディーやシガニー・ウィバー、
ウィリアム・ハートなどの演技派の出演者がたくさんいるので、
なかなか渋い映画に仕上がっていると思います。
ネタバレ禁止の監督の作品なので、感想を書くのは難しいのですね〜。
たしかにこれは、ラブストーリーだと思います。
ヴィレッジ←公式サイト

(ルナのひとり言)
外界を絶っての自給自足も楽ではないのねぇ〜。

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-22 23:41 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
ヴァン・ヘルシング
b0020911_23501089.jpgヴァン・ヘルシング
ジギルとハイドに、ドラキュラ・フランケン・ウルフマンとオールスターキャストのゴシックホラーです。全体的なストーリーは、ちょっと大雑把な感じもありますが、スピード感があるので、2時間半近くがあっという間に過ぎた感じでした。
主人公のヴァン・ヘルシングは、今回も記憶がないのです。(「X-メン」もなかった…笑)
ローマ・バチカンの地下に、いろんな武器を開発している秘密基地みたいなのがあるのは、ちょっとおもしろいです。それに、アン王女とドラキュラの3人の花嫁は美しいです。特に3人の花嫁は迫力抜群です。衣装もきれい!!あまり深いことを考えずに単純に楽しめる映画だと思います。

(以下もしかしたらネタばれかも…)
ドラキュラが、子孫を残す為に産んでいた?繭のようなのは、ちょっとキショイです。それにしても、神の玉座の左側に座しているガブリエルとは四大天使の一人で、マリアに受胎告知した天使じゃないですか〜。う〜んなんだかな……。

■お気に入り度 ♥♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-15 23:55 | cinema | Trackback | Comments(0)
華氏911
b0020911_12355.jpg映画を観終わった後、ちょっと重い気分になりました。
これは、マイケル・ムーアのブッシュ批判映画と
思っていましたが、どちらかと言うと
後半のイラク戦争批判のドキュメンタリーなんですね〜。
それにしても、アメリカはやっぱりかなりの
差別社会なんだな〜と実感しました。

(以下ネタバレあり)
前半は、ブッシュのダークな部分をクローズアップして、911のテロと絡めた感じですが、911事件の被害者の事とかは、ほとんど語られていません。
(ビン・ラディン一族とブッシュ一族の繋がりは、ちょっと驚きました!)
後半は、一変してイラク戦争の悲惨さが語られます。(観ていてつらくなる映像もたくさんあります。)それなのに、イラク再建を受注した企業のエグゼクティブが集まるパーティでは「戦争はいつだって商売になる」みたいなことを平気で言う人がいます。ホワイトハウスの前で、息子をイラク戦争で亡くした母親が「正しい戦争だと信じていたのに、私はなんてバカだったの」と声を上げて泣くシーンは、本当に胸が痛くなりました。
最後にマイケル・ムーアが、上院議員に「あなたの息子もイラクへ送りましょう。」と軍隊のリクルートパンフを片手に得意の突撃取材をするが、議員たちが逃げていきます。
なんかうまく語れないけど、戦争に行っているアメリカ若者も、イラクで反撃してる人々もこれ以上殺しあいをしてほしくないです。
戦争だろうがテロだろうが、革命だろうが人が人を殺していいはずはない!と思うから。

もうすぐ、9月11日!
911の本当の首謀者と言われているオサマ・ビン・ラディンはまだ捕まっていない!
イラク戦争のアメリカ人犠牲者も1000人を超えた。
そして大統領選挙は、はたしてどうなるのだろう・・・。
静かに見守りたいと思います。

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-09 01:08 | cinema | Trackback | Comments(0)
LOVERS
b0020911_2313375.jpg
「HERO」から1年の後の新作で、今回は金城武だし、
かなり期待してしまいました。
たしかに、色彩がホントに美しい映像でした。
特に前半の娼館でのシーンは、美しいです。
チャン・ツィイーの衣装もとてもきれいです。
(シャンプーのCMとは違いますよ〜!笑)
ストーリー的には、まあいろんなどんでん返しがあり、
それなり楽しめました。
ただ、ちょっと恋愛シーンのくどさとお腹いっぱいの
ワイヤーシーンは、もういいかなって感じでした。
まあ、とりあえず金城くんは素敵だったので、良しと致しましょう。

■お気に入り度 ♥♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-05 23:12 | cinema | Trackback | Comments(0)
リディック
はじめてのブログで、なんかちょっと思うようにできない〜。
まあ、少しづつ慣れていこうと思っています。

b0020911_23154121.jpg
ファ−ストシ−ンがすごい映画は、
良い映画らしいのですが・・・
まあ、スター・ウォーズをちょっとダークにしての
宇宙もので、たしかに宇宙船とか、都市とかもろもろが
ゴシック風?で、おもしろいデザインでした。
(観る価値はあるかも!!)
(登場してくる人は、いろんな星の方たちですが、スター・ウォーズとは
違いみんな人間の形?をしてます…。笑)
主人公のリディック(ヴィン・ディーゼル)は、一応脱獄犯の
お尋ね者ですが、そんな悪い奴には見えません!!
結構カッコイイです。(こちらは、ダイ・ハードばり?)
タンディ・ニュートンのお衣装は、セクシーできれいでした。
ストーリー的には、前作の「ピッチ・ブラック」「リディック・アニメーテッド」を
観てないので、わかりにくいとこもありました。
あんまり難しいことを考えずに、娯楽として観れば良いと思います。
ラスト(結末)は、はは〜んって感じでたぶん次作へ続くのでしょう。

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-04 01:05 | cinema | Trackback | Comments(0)