カテゴリ:cinema( 560 )
図書館戦争
b0020911_21493578.jpg子供の頃から図書館が結構好きで、
いまだに若干利用しているので
題名だけで、興味はあったのですが
有川浩の原作はまだ未読です。
ただ、深夜に放送されていたアニメは
ちょこっと見ていたので
配役を見た時、何かアニメのイメージに
近い感じで選んだのかな〜って
思いました。

メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が
施行されてから30年がたった日本。
読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員に
かつて助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、憧れの図書隊員になる。
担当教官・堂上篤(岡田准一)の厳しい指導を受け、
女性で初めて図書特殊部隊に配属されるのだが、
メディア良化委員会との対決が避けられない出来事が起きる・・・。

岡田准一を活かす為の過剰演出って感じもしますが、
戦闘シーンはそれなりに迫力がありました。
榮倉奈々の郁ちゃんもなかなか良かったけど
稲嶺司令の児玉清さん登場には、ちょっとビックリしました。
ただ、世界観をまったく理解していない人にも
楽しめるかどうかは、若干疑問ですが・・・。
なんとなく続編ありな感じですよねー。

映画『図書館戦争』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
禁書の基準がひど過ぎるよね〜。
ハリポタなんて、一発で禁書になるよねーーー。
[PR]
by cinema-can | 2013-06-11 21:52 | cinema | Trackback(4) | Comments(0)
アイアンマン3
b0020911_2230419.jpg『アベンジャーズ』の中で
最もチャラいキャラ・アイアンマンの
3作目です。
アベンジャーズの一員として
活躍したにもかかわらず
アメリカ政府からは、認められず
ちょっとスネちゃって
バカ発言をしちゃったせいで
最大の危機に見舞われるのです。

スーパーヒーローの集合体アベンジャーズの一員として戦い、
地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンこと
トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)だったが
アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを
危険視するようになり、トニーはテロリストに対して
自ら宣戦布告してしまう。
そのためスターク邸は破壊され、多くのアイアンマンも爆破され
かろうじて逃げ出したトニーは、ある少年のガレージにたどり着く・・・。

自信過剰のトニーも、アベンジャーズの中では
自分の力不足を感じちゃったせいか、
(まあ、神様相手じゃ人間はきついよね・・・~_~;)
アイアンマンを色々改良しております。
しかし、テロリストを挑発して危険な目に合うって
自業自得だからねぇー。
相変わらず子供ぽいキャラですよね〜。
この作品も、まあそれなり面白いですが
次のアベンジャーズ2への繋ぎとして楽しめました。

アイアンマン3|Ironman3|映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ラストのアイアンマン大集合で、トニーってば・・・
いったいどんだけアイアンマン作ってるんだよ・・・って
ツッコミたくなります!
[PR]
by cinema-can | 2013-06-08 22:35 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
リンカーン
b0020911_22494410.jpgスピルバーグって、何年かごとに
アカデミー賞に
からみたくなるみたいですね〜。
まあ、残念ながら今回は思ったようには
いかなかったみたいですが・・・。
リンカーンを演じる
ダニエル・デイ=ルイスは
なかなか凄かったです。

1865年エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、
大統領に再選されたが、南北戦争は4年目に突入していた。
彼は奴隷制度を廃止する合衆国憲法修正第13条を
下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせるわけにはいかず
そのため、あらゆる方法で憲法修正に必要な票を獲得するための
議会工作を画策していた・・・。

リンカーンといえば、まあ誰でも知ってるアメリカ合衆国大統領ですが
この作品は、奴隷制の廃止の憲法修正第13条をいかにして
下院議会で通すかが中心となっています。
なので、ドラマとしてはそれなりに面白いトコもありますが
映画としての醍醐味は、ほとんどありません。
歴史のお勉強の一貫としては、少しはタメになるかも・・・。
スピルバーグ作品のエンタメ性を期待すると
ちょっと退屈な作品かも知れません。

映画「リンカーン」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
まあ、日本での評判がイマイチなのも理解できるよ。
アメリカの歴史に興味がない人には、
ちょっと退屈な作品ですよねーーー。
[PR]
by cinema-can | 2013-06-02 22:51 | cinema | Trackback(3) | Comments(4)
アンナ・カレーニナ
b0020911_232116.jpgロシアの文豪トルストイの代表作を
演劇の舞台のようなセットで
撮影された作品です。
原作は相当長いし、
帝政ロシアの政治的な部分を
ほとんどすっ飛ばして
恋愛中心のストーリー展開に
なっています。

19世紀末のロシア。政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の
妻アンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、
社交界の花として、華やかな生活の裏で
夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いていた。
そんな中、彼女は離婚の危機に陥った兄夫婦の関係を修復させるため、
モスクワへ行き、青年将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と
出会う。彼から強い思いをぶつけられて戸惑う彼女だったが、
次第に彼へ引かれていく・・・。

まあ有名な文学作品の映画化って、なかなか難しいと思うし
どこを中心に描くかによって、かなり変わってきます。
多分この作品は、女性目当てで恋愛中心になっています。
お互い社交界の花形だったのに、だんだん泥沼にはまっていく
アンナとヴロンスキーの不倫カップルと
振られても一途なダサイけど誠実なリョービンと
傷ついて彼の気持ちにやっと応えるキティのカップルとの
対比が見どころになっています。
ただ、アンナのダンナがいい人に描かれて過ぎてるよなぁ〜。
(ジュード・ロウだし・・・私の好みの問題ですが)
美しい衣装の数々は目の保養になります!

映画『アンナ・カレーニナ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
キック・アスでは、ダメ男くんを熱演していたアーロンくん。
こういうイケメンの役もこなすのね〜。
ちょっと意外だった。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-28 23:05 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
パラノーマン ブライス・ホローの謎
b0020911_22184716.jpg「コララインとボタンの魔女」の
製作会社の作品なので、
ちょっと期待していたのですが、
すぐに上映が終わってしまいそうだったので、
仕事が忙しかったにもかかわらず
観に行きました。
案の定2週間くらいで
終わってしまいました。


300年前に魔女狩りが行われていた町、ブライス・ホロー。
ノーマンは、死者が見える特殊な能力を持った少年だった。
その能力のせいで、孤独な日々をおくっていたが
ある日行方不明だったおじさんが現れ、魔女の呪いによって
町が滅ぼされる日が近づいており、それを救うことができるのは
ノーマンだけだと言われる・・・。

人形アニメーションは凄いけど、
正直、ストーリーはイマイチだったかな〜。
多分「フランケンウィニー」とイメージが
似ていたせいかもしれませんね〜。
面白くなかったわけではありませんが、
期待ほどではなかったです。
ストップモーションアニメにCGが加わり技術的には
素晴らしいものがありますが、
私的にはもう少し人形ぽい感じが残っていた方が
好みだったかな〜って思いました。
ただ如何せんあのキャラでは、一般受けはしないでしょうね〜。


映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
2週間の上映の上、3Dだけでの公開ってちょっと厳しいですよね〜。
まあ、上映されただけでもありがたいというべきですが・・・
[PR]
by cinema-can | 2013-05-26 22:22 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
シュガー・ラッシュ
b0020911_2258894.jpgゲームの中のキャラたちが
なかなか良くって、思った以上に
楽しめました。
まあ、最近は悪役の中にも
人気者は結構いるけど、
悪役同士が集まっての
円形に並んで談笑するってのも
アメリカぽいよねー。


ラルフは、「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの
悪役を30年間も続けていたが、いつも孤独でそんな状況にうんざりしていた。
ついに彼は、自分もメダルを取ってくれば仲間に入れてもらえると
自分のゲームを抜け出して、メダルを探しに行くが
お菓子の世界のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ迷い込む。
そこで彼は、仲間外れにされている少女ヴァネロペと出会う。
都合上、彼女を手助けすることになるのだが、
そこには、大きな秘密が隠されていた・・・。

カラフルなお菓子の世界の映像は、とてもきれいでした。
本筋は、お子様も楽しめるお話ですが、
時代遅れだったり、飽きられたりで撤去されたゲーム機の
キャラたちが「仕事をください」の張り紙の下にいるシーンは
なんとも物悲しかったです。
シューティングゲームの女性軍曹と8ビットのフェリックスの
コンビは、なかなか笑わせてくれました。
特別ゲームに詳しくなくても、楽しめる作品でした。

シュガー・ラッシュ | ファンタジー・アドベンチャー | ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
同時上映の短編アニメ「紙ひこうき」もなかなかステキな作品でした。
でも、ちゃんとお仕事もしなくちゃダメだよーーー(笑)
[PR]
by cinema-can | 2013-05-25 23:00 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
プラチナデータ
b0020911_23462975.jpg東野圭吾の原作を読んだのは
ちょっと前ですが、
あまり内容を覚えてなくて・・・。
それなりの作品だったみたいです。
ただなんとなく神楽は
ニノのイメージではなかったような
気がします。


政府が極秘に収集した国民のDNA“プラチナデータ”を
利用した犯罪捜査が行われ、検挙率は100パーセントとなった近未来。
警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平(二宮和也)は、
連続猟奇殺人事件“NF13(Not Found13)”を担当することになる。
そんな中、DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹(水原希子)と
その兄・耕作が殺害され、しかもシステムが容疑者として提示したのは
神楽本人だった・・・。

まあ、2時間で説明するのはちょっと無理があったんじゃないかな〜。
神楽と早樹の関係や神楽の過去など、そんな心理描写が
重要視されるお話だからね〜。
余計なアクションより、そちらをほりさげた方が良かったのかも
しれませんね〜。
まあ、それなりには楽しめますが、TVでも充分な気がします。
(そんな作品は他にもたくさんあるけどね・・・^^;)
ラストは原作とは違ったような気がします。

『プラチナデータ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
最近は、邦画の方が断然人気があるらしくて、
2ヶ月たった今でも、上映されているトコもあるみたいです。
2週間で終わっちゃう作品も多いのに・・・。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-16 23:49 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
オズ はじまりの戦い
b0020911_23394732.jpg仕事が忙しかったので、
ちょっとさぼり過ぎて
もう鑑賞してから、2ヶ月近く
たってしまって・・・。
なんとなく記憶をたどりながら
少しずつブログを復活したいと
思っています!!!


傲慢でちょっとお調子者のオズ(ジェームズ・フランコ)は、
問題を起こし、気球で逃げ出すが竜巻に巻き込まれ、
カンザスから魔法の国オズへとたどり着く。
そこは邪悪な魔女に支配され、人々は予言の魔法使いが
国を救ってくれると信じていた。
その魔法使いと勘違いされ救世主だと思われたオズは、
西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)と
姉の東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)から、
南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)の退治を頼まれるのだが・・・。

オズの魔法使いと言えば、ドロシーとかカカシやブリキとかを
思い浮かべてしまいますが、その前のストーリーみたいです。
オズは持ち前のお調子の良さで、難を切り抜けていく感じですが
いまひとつ好きにはなれないタイプでした。
3人の魔女たちは、それぞれ良かったですが
それを上回ったのは、小さな陶器のお人形さんでした。
妙に前向きで、動きもなんかキュートで可愛かったです。
映像は美しかったです!

オズ はじまりの戦い | ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
そういえば、北の魔女ってどんな魔女だったっけ・・・???
たしか良い方の魔女で、優秀だったような・・・。
続編あるのかなーーー。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-15 23:41 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
ジャンゴ 繋がれざる者
b0020911_21371299.jpg黒人とドイツ人の元歯科医という
異色の組み合わせの
マカロニウェスタンってトコが
なんともタラちゃんぽい作品です。
165分は、結構長いかな〜って
思っていたけど、そんなに長さは
感じませんでした。


南北戦争前のアメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、
賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の
手助けをする約束で自由の身となる。
やがて2人はコンビを組み、次々とお尋ね者たちを殺害していく。
しかしジャンゴには、奴隷市場で別々に売られた妻を捜す目的があった。
そして農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)の
農場に妻がいることを突き止めるのだが・・・。

ディカプリオの初の悪役って、売りもありましたが
なかなか登場しないーーーちょっともったいつけ過ぎだねぇ〜。
それに、どちらかというとジェイミー・フォックスのジャンゴの顔の方が
ずっと悪役顔ぽいかも・・・(笑)
カルヴィン邸での駆け引きのシーンは、緊張感があったし、
派手な銃撃戦もそれなりに楽しめました。
ただ、そこそこグロイシーンもありますのでご注意を!

ジャンゴ 繋がれざる者 - ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
仕事が忙しくなってきたので、書ける時に書いておかないと
また、記事がたまってしまう気がするのですが・・・
ってか・・・もうすでにたまってるんですけどねーーー(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2013-03-20 21:38 | cinema | Trackback(5) | Comments(2)
クラウド アトラス
b0020911_2134465.jpg試写会で観たので、
イスがいまいちなせいで
172分は、ちょっと腰にきたけど
19世紀から24世紀へと続く、
6つの時代とストーリーは
なかなか見応えがありました。



19世紀の南太平洋で若き弁護士が記す航海日誌、
第二次世界大戦前のベルギーで老人の作曲家に師事する若き音楽家、
70年代アメリカで原発の不正を追求する女性ジャーナリスト、
現代のロンドンで出版社を営む老編集者、
近未来の韓国のクローンのウエイトレス、
そして、人類が滅亡しかけた遠い未来、
6つのストーリーに彗星のあざのある人物がそれぞれ登場する・・・。

壮大なストーリーの中に、それぞれがさりげなく繋がっている。
輪廻転生というより、精神的・宗教的な感じが強かったです。
トム・ハンクスをはじめ、ハル・ベリーやヒュー・グラント、
スーザン・サランドンがいろんな役で登場しますが、
中には、メイクが凄過ぎて誰だかわからない役も多いです。
(エンドロールで答え合わせの映像があります)
そこそこ面白かったけど、今年の10本に残る作品ではなかったかな〜。

映画『クラウド アトラス』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ウォシャウスキー兄弟が、ウォシャウスキー姉弟になったことが
ちょっと驚きだったけど、そういう精神的なものを抱えていたのねぇ〜。
[PR]
by cinema-can | 2013-03-20 21:35 | cinema | Trackback(2) | Comments(0)