2013年 01月 20日 ( 2 )
贖罪(前・中・後編)
b0020911_21505575.jpg原作を読んでから
WOWOWの連続ドラマが
すごく見たくなって
前編・中編・後編の3本を
レンタルでいっきに見ました。
どっかの局の古書堂の配役と違って
原作にかなり近い雰囲気のキャストでした。
(南条役の香川照之を除く)


原作とは少し設定が違いますが、
第1話〜第4話までは、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴が
それぞれの素晴らしい演技を見せてくれます。
あと森山未来と加瀬亮の変質者ぶりもなかなかでした。
第5話だけは、ドラマ版のオリジナル設定となっていて
原作にはない麻子と南条の対決シーンが盛り込まれていました。
ただね、南条が香川照之っていうのだけがイメージが違う気が
するのよね〜。
(香川照之は演技派だけど、もうちょっとスマートで知的な感じでないと
2人の女に取り合いされるイメージがわかない・・・・・^^;)
ラストもドラマの方が壮絶で、湊かなえぽい感じでした。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
小泉今日子が演じた麻子は原作よりタチが悪かったです・・・。
[PR]
by cinema-can | 2013-01-20 21:53 | DVD | Trackback(1) | Comments(2)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
b0020911_21445377.jpgえっと、ほとぼりもさめきった
今頃ヱヴァです。(~_~;)
なんとなくそれほどヱヴァには
思い入れがないので、
劇場で観るつもりはなかったのですが、
時間があいたのと溜まったポイントで
観てしまいました・・・。
思ったより観客がいて、
さすがにリピーターも多いみたいですね。

シンジが目覚めた世界は14年が経過していた。
ミサトたち旧ネルフ職員らは、反ネルフ組織「ヴィレ」を立ち上げ、
使徒とネルフ側エヴァと戦っていた。
そして、シンジはミサトたちから「二度とエヴァに乗らないで」と
冷たい態度を取られる・・・。

一応「序」と「破」はテレビとDVDで2〜3度は見ているのですが、
なるほどねぇ〜、「Q」はたしかに難解ですね〜〜〜。
そして、かなりのマイナー路線!!!
14年たっても、精神的にもガキのままのシンジ。
それに比べて、姿はそのままでも成長した感のアスカ。
えっ!そういう仕組み???のレイ!
まあ、いろいろ大変ですなぁーーーー。
さて、このトンデモ設定から次回どんなオチをつけてくれるのか
ある意味楽しみでもありますな〜。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
さて、シンジくんは次回作ではガキを卒業して、本当の意味での
大人になれるのでしょうか?・・・そして
ちゃんと終わりになるのでしょか?
・・・・希望はあるよ。どんな時にもね!!!
[PR]
by cinema-can | 2013-01-20 21:49 | cinema | Trackback(3) | Comments(4)