グーグーだって猫である
b0020911_2339552.jpg大島弓子は、お気に入りの
作家です。
彼女の自伝的エッセイ漫画が
やはり大島ファンの
犬童一心監督によって
映画化されました。
原作とはちょっと違うけど、
ゆるりとした、なごやかな作品です。

吉祥寺在住のシャイな天才漫画家、麻子さん(小泉今日子)は、
愛猫のサバを亡くした悲しみで、漫画が書けなくなってしまう。
アシスタントのナオミ(上野樹里)たちは心配しながら見守っていた。
そんなある日、麻子さんはペットショップで
アメリカンショートヘアの子猫と出会い、
グーグーと名付けて一緒に暮らし始める・・・。

渦巻き模様の子猫ちゃんは、めちゃめちゃ可愛いのですが、
それだけではなく、キョンキョンのゆったりとした演技が
ほのぼのとした、やさしい気分にさせてくれます。
そんな中でもおこる、厳しい現実もちょっとあって
つらかったりもするけど、元気をもらえる作品です。
あと、吉祥寺の街は、楽しいそうでしたし、
ラストのグーグーのお出迎えのシーンはステキでした。

b0020911_23403491.jpg

b0020911_23405434.jpg


グーグーだって猫である←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ただ、随所に出てくる楳図かずおとまことちゃん、グワッシ!は
ちょっとくどかったです!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2008-09-21 23:44 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/9543985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-09-22 00:17
タイトル : 映画「グーグーだって猫である」
大島弓子と言えば少女漫画界の巨星ということなんですけど残念にも作品を読んだことはありません、でも大の猫好きで今では猫13匹と暮らしているという~ 物語の舞台は大島弓子巨匠も住む吉祥寺、井の頭公園に、今も健在の象のはな子さんも登場するし、最初のほうではほと... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2008-09-23 03:53
タイトル : グーグーだって猫である
あなたに会えてよかった・・・... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-09-23 08:45
タイトル : 『グーグーだって猫である』
□作品オフィシャルサイト 「グーグーだって猫である」□監督・脚本 犬童一心 □原作 大島弓子「グーグーだって猫である」(角川書店刊) □キャスト 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、伊阪達也、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、高部あい、田中哲司、でんでん、山本浩司、江口のりこ、マーティ・フリードマン、大後寿々花、楳図かずお、松原智恵子■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> キョンキョンの持っている特性を犬童監督が最大限に...... more
Tracked from 紫@試写会マニア at 2008-09-24 14:22
タイトル : 「グーグーだって猫である」を観る
学生の時に同級生が‘きょうこ’って名前だって理由だけで、勝手にキョンキョンってあだ名つけた事があります(そういう人80年代には多いんじゃん?)。そりゃ勿論アイドル歌手としてデビューした小泉今日子さんがキョンキョンってあだ名だった(今もか)から。 そのキョンキョン主演、「グーグーだって猫である」を観てきました。 いくつになってもステキな笑顔のキョンキョン、子猫にも癒されます。 実在の場所・地名、まぁ漫画家先生(大島弓子←少女マンガ好きで知らなくちゃモグリ)の自叙伝的な作品な訳で、それをどう感じ...... more
Tracked from 『映画な日々』 cine.. at 2008-09-26 01:04
タイトル : 『グーグーだって猫である』
 漫画家と猫の出会いと日常生活  +再起の物語    個人評価 ★★☆  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)... more
Tracked from よしなしごと at 2008-09-29 23:10
タイトル : 映画:グーグーだって猫である 観てきました。
 たまには癒された~い!!と言うわけで、グーグーだって猫であるを観てきました。... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2008-10-05 23:36
タイトル : グーグーだって猫である
大島弓子原作のマンガ「グーグーだって猫である」を映画化したもの。犬童一心監督、出演は小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸、村上知子他。 <あらすじ> 愛猫サバを亡くした女性漫画家の麻子は、悲しみで漫画を描けなくなってしまう。ナオミらアシスタントも心配で仕方がない。そんなある日、麻子は小さな子猫と出会う。グーグーと名付けたその子猫と暮らしはじめて、麻子の日常は一変、元気な表情が戻ってきた。暫くしてグーグーの避妊手術のために動物病院に向かうが、その途中、グーグーが逃げ出してしまう。必死で探す麻子を助け...... more
Commented at 2008-09-24 14:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema-can at 2008-09-25 00:44
>カギコメさん
リンクの件、もちろんOKですよ〜。
こちらこらも、リンクさせていただきますね!
Commented at 2008-09-25 12:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema-can at 2008-09-25 23:40
>カギコメさん
すみません〜〜〜汗、
上の文章、こちらこら?になってますねぇー\(>_<)/
こちらからもーーーと言いたかったんです。すみませんm(_ _)m
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします!!!!
<< ウォンテッド おかげさまで4周年です! >>