グッド・シェパード
b0020911_0402754.jpgホントは劇場で
観たかったのですが、
残念ながら見逃してしまった
作品です。
2時間47分のかなりの長編です。
やはり・・スパイには
普通の家族や生活は無理なのかも・・・。


1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦が
CIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。
その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元に
CIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。
彼は部下にその分析を依頼するが・・・・。

CIAの誕生をめぐり、1人の男が優秀な諜報部員となっていくのだが、
それと引きかえに家族や生活を失っていく様が描かれている。
時間軸が交差するので、ちょっとわかりなくいトコも
ありますが、マット・デイモン演じるエドワードは
寡黙であまり表情を現さず、いかにもスパイぽいです。
そんな彼が、国を選ぶか!息子を選ぶか!の選択を迫られるシーンは
なんかつらく悲しいし、ちょっとドキドキでした。

奥様役のアンジェリーナ・ジョリーも結構強引に結婚した
感じだったけど、結局最後までエドワードには
愛されてなかったみたいで、なんか可哀想だったし、
その為に、エドワードと別れることになった恋人のローラも
気の毒でした。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ラストのCIAには、なぜtheが付いていないのかと聞かれたので、
神(god)にはtheはつけないだろ!って答えたというジョークは
さすがに笑えませんよ〜!
[PR]
by cinema-can | 2008-06-05 00:44 | DVD | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/8720679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-06-06 08:05
タイトル : グッド・シェパード
『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョン・タトゥーロ)にその分析を依頼するが―     監督 : ロバート・デニーロ【comment】かなり面白かった―予告やチラシから、この映画は、「CIAと...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-08-10 08:42
タイトル : 【映画】グッド・シェパード…分かりやすいけどピンときてい..
{/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるようになって結構経ちますが、今まで全然気がつかなかったらしいです{/face_ase1/} 他にも同じ高校の友人は何人かいるので、それぞれにメールで確認したところ、皆さん、口を揃えて言うことに「当時の面影は全く無い」とのこと{/face_ase1/} 別のコメントでは「女の子にモテそうなカッコイイ男子だった」...... more
<< 丘を越えて DVD鑑賞作品 >>