舞妓 Haaaan!!!
b0020911_0484386.jpg面白かったと言えば
面白かったけど、
正直ここまで
くだらないとは
おもいませんでした!(笑)

鬼塚公彦は平凡なサラリーマンだが、修学旅行で舞妓に出会って以来、
異常なほど熱狂的な舞妓ファンだ。
念願の京都支社に転勤が決ったが、なかなか舞妓と遊べない。
死に物狂いで仕事して、「一見さんお断り」を乗り越え、
やっとの思いでお茶屋デビュー!
だがそこでお茶屋常連の野球選手・内藤(堤真一)と
出会った公彦は、内藤に異常な競争心を燃やし・・・・。

クドカンの映画はきらいじゃないけど、
今回のは私にはいまひとつでした。
阿部サダヲと堤真一のテンションが高過ぎて
ちょっとついていけませんでした。
小出早織は舞妓らしかったです。

かなりお暇で、することがない時にでも
ご覧ください。

舞妓 Haaaan!!!←映画公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
実は、観たのは、1ヶ月以上前なので、
あまり覚えていなかったりして・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2008-04-23 00:49 | DVD | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/8453548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by samurai-kyousuke at 2008-04-25 22:56
阿部サダヲのバッティングが様になってるのにびっくりしました。検索したら中学高校と野球部だったそうで納得。
連続して「キサラギ」観たんですけど、全然「キサラギ」に軍配でしたね〜。
Commented by cinema-can at 2008-04-26 01:24
>samuraiさん、こんばんは(^_^)
そうかぁ〜見る人が見たら、バッティングとかでも
わかるんですねぇーーーー。
わたしも、「キサラギ」の方が、断然面白かったです!
<< 紀元前1万年 スルース >>