コラテラル
b0020911_027423.jpgCOLLATERAL(コラテラル)
--間違った時に、間違った場所に、偶然いた人間。
(いわゆる巻き添えってことですね〜。)

最も危険なトム・クルーズということで、
今回クールなプロの殺し屋なんですが、
感情を殺したあの目はちょっといけてました。
あと銃を撃つ姿もカッコイイし、やっぱり剣より銃が似合うのよね〜。

巻込まれる?タクシー運転手マックス(ジェイミー・フォックス)が
だんだん開き直って大胆になっていくのがなかなか良いです。
演技も悪くないですよ。
ただ、どうしてもトム・クルーズが冷酷な殺し屋になりきれていない感が
あるんですよね〜。
演技に対する気迫みたいなものは、すごく感じるんですけど・・・
(やっぱいい人だからねぇ〜。でちゃうのかな?善い人オーラ・・・)
どうせならラストまで、もちょっと冷徹でも良かったかな〜。
あと、L.Aの夜景もとてもきれいだし、音楽もマッチしてました。
あまり深く考えずに、単純に楽しめる映画だと思います。

(ルナのひとり言)
暗殺のたびに、現場にあんなに証拠残して行ってたら、
とっくに国際指名手配されてるはずだが・・・
ゴルゴ13にでも聞いてみたい・・・。

コラテラル / COLLATERAL←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-11-03 00:32 | cinema | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/811774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2004-11-06 11:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 薔薇の名前 2046 >>