ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた
b0020911_0154152.jpg今年最初の劇場鑑賞作品は、
美味しそうだけど・・・・
めちゃめちゃ甘そうな
パイがいっぱいの
ウェイトレスです。
かなりカロリーが高そうな
カラフルなパイが次々出て来て
やっぱアメリカだよな〜って
思いました。(~_~;)

ジェンナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りにかけては、
天才的な腕前を持つウェイトレスですが、夫アール(ジェレミー・シスト)は
嫉妬深くてどうしょうもないダメ男。
それで、なんとか夫から逃げようとしているのですが、
子どもを妊娠していることが判明し、不安な気持ちでいきおいにまかせ
産婦人科医のポマター(ネイサン・フィリオン)と
不倫関係になってしまうのですが・・・

このダメ夫と優柔不断の典型のようなM系主人公のシーンには、
ちょっとイラついてしまいますが、パイのレシピを考えながらつける
パイのネーミングはなかなか面白いです。
あと、勝ち組とは言えない同僚2人のウェイトレスや
気難しいダイナーの老オーナー(アンディ・グリフィス)は
いい味だしていました。
ホントに気難しい年寄りにも親切にする事は大事です!(^^;)
しかしまあ〜、母は強し!って終わり方はあまりにも単純でした。

ウェイトレスの制服はかわいいよ!

ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
映画には関係ないけど、来日したジョニー・デップに
一目お会いしたかった!
会えた方がうらやましい〜今日このごろです!
[PR]
by cinema-can | 2008-01-10 00:17 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/7920695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-04-16 08:38
タイトル : 『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』
TVシリーズ『フェリシティの青春』のタイトルロールを演じて人気を博したケリー・ラッセル主演のハート・ウォーミングドラマ。 監督・脚本・出演もしているエイドリアン・シェリーの遺作としても話題になった作品ですね。気になっていたのでDVDで鑑賞してみました。 ヒロイン... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-06-12 13:28
タイトル : mini review 08303「ウェイトレス 〜おい..
サンダンス映画祭など各国の映画祭で大絶賛され、アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録したハートフル・ストーリー。田舎のダイナーで働くウェイトレスが、突然の妊娠をきっかけに自分自身に目覚めていく姿を描く。監督は2006年に他界した女性監督エイドリアン・シェリー。ヒロインのウェイトレスを「フェリシティの青春」のケリー・ラッセルが演じる。ほろ苦くもおかしい独特の語り口と、登場するおいしそうなパイの数々がポイント。[もっと詳しく] インディペンダントのお手本のようなエイドリアン・シェリーを...... more
Commented by パピのママ at 2008-01-11 00:01 x
今晩は!、甘いスィーツの映画かと思ってたら、暴力亭主に不倫と途中からかなり面白い展開になってましたね^^;
ダイナーのオーナーのお祖父ちゃん、偏屈と言ってたけれど良い人!
パイ・コンテストに出るお金、小切手でくれるなんてね。
この女性監督さん、事件にあわれて気の毒でした。
ラストのルルちゃん、監督の娘さんでしたね。
Commented by cinema-can at 2008-01-11 00:53
>パピのママさん、こんばんは(^_^)
たしかに内容的には、あまり甘くなかったですよね〜。
パイはかなり甘そうでしたが・・・・(笑)
ダイナーのオーナーのお祖父ちゃん、いい人でしたよね〜。
でもみんなは面倒くさがっていたのに、ジェンナだけが
世話していたので、きっと気持ちが通じていたんでしょうねー。
監督さんは、ホントに気の毒でしたねー。
あのかわいい子は、娘さんだったんですね。
<< ブラックブック 「神秘の短剣」上 下巻 フィリ... >>