「神秘の短剣」上 下巻 フィリップ・プルマン
b0020911_23312975.jpg「黄金の羅針盤」に続く、
ライラの冒険の第2弾が
この「神秘の短剣」。
舞台は普段私たちが住んでいる世界に
近い世界と子供だけがいる世界。
そしてその間を、行き来することに
なります。
パラレルワールド感がますます強くなってきました。

さて、この2作目で物語のもう一人の重要人物ウイルが
登場します。
ウイルは、私達の世界に近い世界に住んでいる少年で、
ライラと出会い、不思議な短剣の宿主となります。
その短剣は、何でも切る事ができるし、
違う次元への窓を開くことができるすごい代物です。
ライラとウイルがどうなっていくのか?
ラストの3巻目が、すごく気になる巻です。

神秘の短剣〈上〉—ライラの冒険II
フィリップ プルマン / / 新潮社

神秘の短剣 (下) ライラの冒険II
フィリップ プルマン / / 新潮社


■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

ライラの冒険 黄金の羅針盤←映画公式サイト

(ルナのひとりごと)
ますますハマるライラの世界!
早く映画が観たいです!(*^^*)
[PR]
by cinema-can | 2008-01-07 23:37 | book | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/7912870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2008-01-10 23:01
タイトル : 『神秘の短剣』<ライラの冒険II> フィリップ・プルマン
ライラの冒険は続く。 第一部は私たちが暮らしているのとは似て非なる世界の物語だったが、今度は私たちの住む世界と更なる別世界へと舞台が移り変わっていき、もう一人の主人公ともいえるウィルという少年が登場。行方不明の父を探すウィルは、別世界への扉を開くことの出来る短剣の持ち主にも選ばれるのだが、この父親が誰でどういう役割を担っているのかがこの第二部の肝。もっとも勘の良い人なら、途中でその正体には気付くだろう。 11歳のライラよりは一つ上の12歳という設定のウィルだが、それなりに不幸な生い立ちのせいか...... more
Commented by odin2099 at 2008-01-10 23:01
ウィルを演じる男の子を捜すのもかなり大変そうですよね。
早いとこ2作目も作ってくれないかなぁ。
子役はどんどん成長しちゃうんだし。
Commented by cinema-can at 2008-01-11 00:06
>Excalburさん
ウイル役も結構重要ですよね〜。
たしかに早く撮影してもらわないと、子役が大きくなちゃいますね〜(笑)
Commented by samurai-kyousuke at 2008-10-04 10:23
やっと3部作全部読み切りました。
「琥珀の望遠鏡」なんかは、大幅に削らないと映像化不可能ではないでしょうか。(笑)
Commented by cinema-can at 2008-10-05 00:08
>samuraiさん、こんばんは(^_^)
私も、なんとか最後まで読み終えました!
「琥珀の望遠鏡」は、まだ記事を書けてないんですが・・・汗
どうなんでしょうね〜、映像化は1作目の功績が
いまいちだったみたいなので、続編の話はどうやら頓挫して
いるみたいですからね〜。
続きできるといいですねぇ〜!!!!!
<< ウェイトレス 〜おいしい人生の... 今年もよろしくお願いします! >>