「黄金の羅針盤」上 下巻 フィリップ・プルマン
b0020911_23352289.jpg
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
の予告編を映画館で観て
かなりワクワクしてしまい
来年3月の公開まで
とても待てそうにないので、
とりあえず、原作を読んで
みることにしました。

この「黄金の羅針盤」はライラシリーズ3部作の1作目です。
映画も3部作になるのかなぁ〜。
冒頭に『この第一作の舞台は、われわれの世界と似た世界であるが、
多くの点で異なる。
第二作は、われわれが知ってる世界である。
第三作は、各世界間を移動する。』と書いてありました。

主人公ライラの世界では、人間には必ずダイモン(守護精霊)が
付いています。
人の魂がダイモンとして、別に存在するのです。
ダイモンは動物の姿で、子供の頃はいろいろな動物に
変身できますが、大人になるとその人の性格や性質によって
1つの動物に固定されます。
でも、その人と一身同体なので、あまり離れることはできないし、
その人が死ねばダイモンも死ぬし、ダイモンが死ねば
その人間も死ぬのです

これってちょっといいなぁ〜って思ちゃいました。
ダイモンってちゃんとおしゃべりもできるし、
自分の絶対の味方なんですよね〜。
私にもダイモンほしいなぁーーー!

さて、問題のストーリーですが、これが結構深い!
テーマ的には、宗教への批判もかなり含まれています。
それにもの凄く自己中な大人がたくさんで恐ろしい!!!
そんな中で生きてるライラは、ある意味すご〜くたくましいです。

パラレルワールド、鎧のクマ、魔女、気球乗りと
ファンタジー要素もいっぱいですが、
児童書にしては難しいかもしれません。
映像化は、ますます楽しみになりました!

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険
フィリップ プルマン / / 新潮社


黄金の羅針盤〈下〉—ライラの冒険
フィリップ プルマン / / 新潮社




■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

ライラの冒険 黄金の羅針盤←映画公式サイト

(ルナのひとりごと)
映画の公式サイトには、あなたのダイモンを見つけてくれる
コーナーがあります!
さっそくやってみました。わたしのダイモンです(*^^*)
b0020911_23371868.jpg

[PR]
by cinema-can | 2007-11-26 23:47 | book | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/7754990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 世界のスター・芸能ニュー.. at 2007-11-28 15:16
タイトル : 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」、なぜ山口智子らがロンドンに?
ロンドンのレスター・スクウェア(Leicester Square)で27日、『ライラの冒険 黄金の羅針盤(The Golden Compass)』のプレミア上映会が開催され、日本からは女優の山口智子(Tomoko Yamaguchi)、西内まりや(Mariya Nishiuchi)、成海璃子(Riko Narumi)が映画出演者らと共に登場した。(AFPより)世界的なベストセラー、ファンタジー小説「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の映画化ですね。来年の3月に公開予定です。この映画...... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2007-11-28 23:54
タイトル : 『黄金の羅針盤』<ライラの冒険> フィリップ・プルマン
この物語の主人公であるライラは、事故で両親を亡くし、叔父であるアスリエル卿に引き取られ、オックスフォード大学の寮で預けられて育った、というファンタジー小説っぽい設定の女の子です。ところが口から出まかせをいうわ、仲良しの男の子を引き連れて暴れまわるわ、という具合に品行方正とは程遠い性格をしています(笑)。もっともそんなバイタリティ溢れるお転婆娘だからこそ、世界を股に掛ける大冒険へ出掛けて行けるのでしょうが。 久しぶりに叔父がライラの元を訪ねて来た日、信頼していた学寮長が、なんとその叔父を毒殺しよう...... more
Tracked from いま話題のエンターテイメ.. at 2007-12-01 19:07
タイトル : ライラの冒険 黄金の羅針盤
ライラの冒険 黄金の羅針盤 プロフィール検索 動画検索 画像検索... more
Tracked from *モナミ*SMAP・映画・本 at 2008-11-29 19:54
タイトル : 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 フィリップ・プルマン
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』著:フィリップ・プルマン12歳の少女ライラは、ジョーダン・カレッジと呼ばれる厳格な学寮で、学者たちに囲まれて育ってきた。おてんばなライラは、学者や使用人たちの目を盗み、ジプシャンの少年ロジャーと街に出て遊ぶのが楽しみだった。...... more
Commented by odin2099 at 2007-11-29 21:49
予告やビジュアルブックを見ると、なかなかイメージに近そうなので期待してます。
あとはこれだけの分量がある原作なので、お話をうまくまとめてくれているかどうかですね。
Commented by cinema-can at 2007-11-29 23:42
>Excalburさん
ちょっとはまってしまいそうな予感です!
原作の2作目も今読書中です。
でもなかなか時間なくて・・・悲しい(;_;)
予告観た感じでは、映画!なんか期待大ですよ!!!!(^-^)v
私的にはすご〜〜〜く楽しみです。早く観たい!!!!
<< タロットカード殺人事件 こまねこちゃん、紅葉狩り〜! >>