「闇の守り人」 上橋 菜穂子
b0020911_22533332.jpg守り人シリーズの
第2弾です。
今回、バルサは25年ぶりに
故郷カンバル王国
に帰ることにします。
そこは、5歳の頃殺されかけ、
養父ジグロによってすんでのところで
逃げ出した所です。

25年の歳月が過ぎ、彼女を殺そうとした国王も既になく、
バルサは、自分の為に汚名をきた養父ジグロの汚名を晴らすため、
故郷に戻ってきます。
しかし、そこではジグロの弟による新たな策略が
巡らされていたのです・・・。

今回バルサは「山の王」の使い闇の守り人と対峙することに
なるのですが、この闇!なかなか奥が深い!
バルサやジグロの過去は、深く重い。
だからちょっとつらいです。

闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)
上橋 菜穂子 / / 新潮社


■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
10巻全部を読めるかどうかは、いまのトコ不明ですが、
とりあえず文庫になったら買おうかなぁ〜。って感じで
読んでます。
[PR]
by cinema-can | 2007-10-17 22:55 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/7590209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「まんまこと」  畠中 恵 カレンダーメーカー >>