「憑神」 浅田 次郎
b0020911_2354760.jpg日本には、「八百万(やおよろず)の神」が
存在するらしいですが、
「三囲稲荷」と「三巡神社」って
とても区別なんてつきませんよ〜。
まったく、日本の神様は難しいです(^^;)
神様なんだから、とりあえず
OKってわけにはいかないようです。

時代は幕末、彦四郎は婿入り先から追い出され、職も失い、
しかたなく実家に戻るが、兄嫁からも迷惑がられ、悲惨な毎日をおくっている。
ある日、噂で「三囲稲荷」にお願いしたら、みるみる出世したと聞き、
間違って「三巡神社」にお参りしてしまう。
その結果、貧乏神・疫病神・死神に取り憑かれてしまう!

何とか憑神から逃れようとする彦四郎と、それぞれの憑神とのやりとりが
なかなか楽しめます。
一般的なイメージとは随分違うそれぞれの憑神も面白いです。
その一方で、自分が災いから逃れるためには、何をしてもいいのか?と悩む
彦四郎の苦悩も描かれていて、ちょっと考えさせられる部分もありました。
ラストはシリアスで、浅田流「ラストサムライ」って感じでしょうか!

憑神
浅田 次郎 / / 新潮社

憑神←映画公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
「鉄道員」の浅田×降旗コンビで、主演は妻夫木聡で、映画化されますね〜。
映画もちょっと楽しみです!
[PR]
by cinema-can | 2007-06-06 23:10 | book | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6948217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 浅田 次郎厳選サイト一覧 at 2008-04-01 18:46
タイトル : 浅田 次郎ファンクラブ
浅田 次郎のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。... more
<< 女帝[エンペラー] クィーン >>