東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
b0020911_22345855.jpgまあ、リリー・フランキーの
大ベストセラー作品だからね、
さんざんテレビドラマ化されたし、
随分昔に、原作も読んじゃったので、
ここへきての映画化は
ちょっと遅い気がしますよね。
とりあえず、オダギリジョーを
見たくて行ったという感じです(~_~;)

話題は、樹木希林と内田也哉子の親子競演ですが、
たしかによく似ていました!
映画初出演の内田也哉子は、まあおいといて
樹木希林のオカンと、オダギリジョーのボクはさすがでした。
たぶん、いままで見た中では、1番イメージに近いと
思います。
オトンの小林薫は、ちょっといまいちだったかなぁ〜。

あと、小泉今日子、宮﨑あおい、小島聖、仲村トオル、柄本明、
寺島進、松田美由紀など豪華俳優がちょい役でたくさん登場します
映画館の客層が見事に年齢層が高くて
ちょっと笑えました。
明日(5月12日)は母の日です!
私も母親には感謝を捧げたいと思います。(*^_^*)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
男はみんなマザコンだからねぇ〜(笑)
[PR]
by cinema-can | 2007-05-12 22:53 | cinema | Trackback(12) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6847897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2007-05-12 23:00
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
ヘルメットを描くよりオッパイを描いたほうが・・・... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-05-13 02:25
タイトル : 映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
親ってそうなんだよね・・なんの楽しみがあったのだろう、なんのために生きてきたのだろう、人生って一体なんだったのだろう、ただ子供のために生きて死ぬ・・ ボク(オダギリジョー)が幼い頃、遊び人のオトン(小林薫)に見切りをつけた若き日のオカン(樹木希林の実娘内田... more
Tracked from Akira's VOICE at 2007-05-13 10:59
タイトル : 東京タワー オカンとボクと,時々,オトン
母と子,そして父の小さくて大きな物語。 ... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-05-13 17:00
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
原作未読、ドラマ未見、鑑賞予定もなかったが、友達に半ば強引に誘われたので、鑑賞してみることに―【story】1960年代の九州で、両親が別居してオカン(樹木希林)に引き取られたボク(オダギリジョー)は、やがて上京し東京の美術大学へと通う。バブル崩壊後、イラストとコラムの仕事で生活の糧を得たボクは、ガンの手術をしたオカンを東京に呼び同居を始める―【comment】オダギリジョーという役者は、何て凄いんだろう―「オカン。。。オカン。。何を言う。。。」その時見せた彼の表情に、溢れる涙が止まらなかった―物語は...... more
Tracked from よしなしごと at 2007-05-17 04:14
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 観てきました
 記事を書くのがだいぶ遅くなってしまいましたが、ゴールデンウイーク9日中(5/1,2は出勤日)最終日は東京タワー オカンとボクと、時々、オトンを観てきました。... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-05-20 22:35
タイトル : 【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
いつも笑っていた みんなが好きになった ずっと一緒だと思っていた これは、 ありふれた物語 けれど、 すべての人の物語 ボクの一番大切な人 たった一人の家族 ボクのために、自分の人生を生きてくれた人 ボクのオカン オカン、ありがとうね。 ...... more
Tracked from シネクリシェ at 2007-05-21 04:51
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
 一昨年あたりから、母親・昭和30~40年代などをキーワードとした作品が目白押しです。  今回もまたかという感じでしたが、本作はなかなかよい。  一口にいうと、放蕩息子の親孝行話です。  恵まれない家... more
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2007-05-29 22:49
タイトル : 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸..
『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる連ドラ版、そして映画版『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が満を持しての登場実は...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2007-06-03 00:35
タイトル : 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
オカン、ありがとうね。   ■監督 松岡錠司 ■脚本 松尾スズキ■原作 リリー・フランキー(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」扶桑社刊) ■キャスト オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫、松たか子 □オフィシャルサイト  『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』  1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトン(小林薫)を捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカン(樹木希林)の実家に戻ってきた。 オカンは女手ひとつでボクを育てた。 オカンの作る美味しいご飯を食べ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-11-04 16:10
タイトル : mini review 07078「東京タワー オカンと..
リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブームにまでなった原作の映画化に挑んだ。主人公の“ボク”にオダギリジョー、“オカン”にベテラン女優の樹木希林。昭和から平成を見つめてきた東京タワーをめぐる母子の深い愛情のドラマに胸打たれる感動作。どこか頼りなくナイーブな主人公を演じたオダギリジョーがハマリ役。[もっと詳しく] やっぱり、<血>というもの...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-12-02 21:20
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン−(映画:200..
監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー、樹木希林、小林薫、内田也哉子、冨浦智嗣、田中祥平、谷端奏人、松たか子、伊藤歩、平山広行、勝地涼、荒川良々 評価:93点 いい原作をいい役者が演じれば、やっぱりいい映画になるのだ。 2時間20分、堪能させてもらった。 ...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2009-07-11 14:31
タイトル : 東京タワー(感想122作目)&疾風伝&メイド刑事
東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で 結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ 内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの親子で 主人公が3歳から大学に入ってオカンが死ぬまでの展開だ 主演ボクがオダギリ&オカンが樹木... more
Commented by 由香 at 2007-05-13 17:02 x
こんにちは!
原作未読、ドラマ未見でしたが、映画はとっても良かったです。
オダギリさんの演技が素晴らしくて、すっかりファンになってしまいました(笑)
樹木さん親子がソックリで微笑ましかったですね。
Commented by cinema-can at 2007-05-14 00:50
>由香さん、こんばんは!
オダジョー!いいですよねぇ〜。私もファンですよ!
今回も、オダジョーが出てたから、観に行ったようなものです。(笑)
樹木親子は、ホントによく似ていましたよね〜。
オカンとボクは、原作に近いイメージで、納得できる作品でした。
<< 主人公は僕だった スパイダーマン3 >>