バベル
b0020911_1484391.jpg遠い昔、言葉はひとつだった。
神に近づこうと人間たちは
天まで届く塔を建てようとした。
神は怒り、言われた。
「言葉を乱し、世界をバラバラにしよう」
やがてその街は、バベルと呼ばれた。
(旧約聖書 創世記11章)
↑神はどんだけエゴなんだぁ〜(~_~;)

菊地凛子のおかげで、公開前からかなり話題だったので、
なんかやっと公開って感じでした。
舞台は、モロッコ・日本・アメリカ・メキシコと
目まぐるしく変わっていきます。
まずはモロッコ、アメリカ人夫妻・リチャード(ブラッド・ピット)と
スーザン(ケイト・ブランシェット)は、
3番目の子供が急死したせいで、夫婦仲が破綻しかけている。
その修復の為に来た旅行中に、一発の銃弾に妻が撃たれる。
なんか久しぶりに、地味なブラッド・ピットを
観たような気がします。なかなかいいかも・・・・。
あと、モロッコの兄弟もすごく良かったです。
地元の素人さんとは思えない演技でした!
しかしモロッコって、あんなトコだったのね・・・結構恐い!
それに子供にライフル持たせちゃ〜ダメでしょう!

そして日本、ヤスジロー(役所広司)と聾唖の障害を持つ高校生の
娘・チエコ(菊池凛子)は、心が通じ合っていない。
母親が自殺したせいか、聾唖の障害のせいか、チエコは自分を
傷つけるように、異常な性的アピールをする。
まさに、まっ裸での体をはった演技で、ちょっとびっくりしました。
それに、日本でのシーンは思った以上に多かったです。
観た事ない人がたくさん出ていました!
渡部篤郎に似た?刑事の人は、良かったです。
(二階堂智、始めて知りました!)
チエコから、渡された手紙の内容が気になるなぁ〜。

その頃、アメリカではリチャード夫妻の子供のベビーシッター
(アドリアナ・バラッザ)が、息子の結婚式に出かけるのに
子供をあずかってくれる人が見つからず、
仕方なく子供たちをつれてメキシコへ向かう。
しかし、帰りに国境でいさかいをおこし、置き去りにされてしまう。
アメリカの差別意識がよくでていて、アドリアナ・バラッザが
すごく気の毒だった。
エル・ファニングちゃんは、ダコタちゃんにそっくりで可愛い!

いろいろ考えさせられる映画で、評価は難しい。
誰にでもお勧めできる映画とは言えないが、
私は結構楽しめました。

映画『バベル』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
チエコの住んでる超高級!高層マンションが、
文字どおりバベルの塔のようでした!
[PR]
by cinema-can | 2007-05-03 01:54 | cinema | Trackback(28) | Comments(12)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6807660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2007-05-03 02:00
タイトル : バベル
パンツ穿いてください。... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2007-05-03 02:13
タイトル : バベル
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。... more
Tracked from shinuma de c.. at 2007-05-03 03:35
タイトル : ○バベル/人間のおかした罪
バベル、評価を見ていると賛否両論 まっぷたつですねーー この映画は、映画に慣れてない人は、きびしいと思いました。 (こんなメジャー系扱いされる映画ではないと思います) じゃあそれで何がいいたいんだあんたーー って感じになってしまう人も多くいると思います。 過去も現在も何も変わっていない。 人々は過ちをおかし、絶望に落ち、もがいている。 いつの時代も、同じような過ちを何度も何度も人はおかしてきた。 旧約聖書に描かれるバベルと塔ーー その昔、天まで届く塔(バベル)を建てようと試みた人びとの傲慢さをいま...... more
Tracked from Mani_Mani at 2007-05-03 11:37
タイトル : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」
バベル 2006アメリカ 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本:ギジェルモ・アリアガ 音楽:グスターボ・サンタオラヤ 出演:ブラッド・ピット(リチャード)ケイト・ブランシェット(スーザン)ガエル・ガルシア・ベルナル(サンチャゴ)アドリアナ・バラーザ(アメリア)エル・ファニング(デビー)ネイサン・ギャンブル(マイク)役所広司(ヤスジロー)菊地凛子(チエコ) うまく説明できないけれど、観ていて早く家に帰りたいと思ったよ。子供をうっちゃって高い金払ってこんなところで映画を観ている自分は...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2007-05-03 12:32
タイトル : バベル
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。 ... more
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-05-03 19:40
タイトル : 『バベル』
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを旅しているリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。しかし観光バス乗車中に、スーザンが突然何者かに撃たれる。同じ頃、東京では聴覚障害を持ったチエコ(菊池凛子)が満たされない思いでいた・・・・アレハンドロ・ゴン...... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2007-05-04 08:32
タイトル : バベル 2007-19
「バベル」を観てきました〜♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖った日々を過ごしていた・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、言葉が通じるかも!? ... more
Tracked from to Heart at 2007-05-04 09:58
タイトル : バベル
        届け、心。        製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 143分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本 ギジェルモ・アリアガ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 、菊地凛子 、二階堂智 言葉が通じない。心も通じない。想いは届かない。  ―世界はバラバラになってしまった― 始まりは、モロッコの少年が放った一発の銃弾だった・・ 撃たれたのはモロッコを旅行中のアメリカ人スーザン(ケイ...... more
Tracked from 「ボブ吉」デビューへの道。 at 2007-05-04 19:31
タイトル : 菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に面白く観る事が出来ました。 それは、藤井隆のプロモ(※1)、小松彩夏のファンタのCM(※2) という、ミーハーな僕の入り口が前半に見つかったから(笑)。 幼い子供2人を、メキシコ人の乳母に託し、 モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-05-05 01:55
タイトル : 映画「バベル」
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東京)の3... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2007-05-05 22:28
タイトル : バベル
繋がらない心。繋がる思い。... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-05-06 15:51
タイトル : 【2007-62】バベル(BABEL)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....... more
Tracked from ランチママの徒然日記 at 2007-05-09 23:24
タイトル : 「バベル」を見ました。
これ程 評価が分かれる映画も珍しい。色々なレビューを見ると、賛否両論!(^^;)話題になった映画だったので是非見てみたいと思っていました。でも見終わってから「?」が頭のナカを渦巻く・・・。確かに画面上の話は繋がっていた。モロッコ、メキシコ、ロス、日本。 「一発の銃弾は国境を越えて、孤独な魂を抱える人々をつなぎあわせていった。」 繋がっていたのは、“銃”だけ?!映画の中のブラピは随分シワが目立って、... more
Tracked from 映画専用トラックバックセ.. at 2007-05-12 13:53
タイトル : 映画「バベル」
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。... more
Tracked from しょうちゃんの映画ブログ at 2007-05-12 13:53
タイトル : 映画「バベル」
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2007-05-12 20:10
タイトル : 【劇場映画】 バベル
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。(goo映画より) 「アモーレス・ペロス」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-05-13 17:42
タイトル : バベル/BABEL
世界の片隅で偶然放たれた一発の銃弾が、孤独な魂たちをつなぎ合わせてゆく。 リチャードは、妻のスーザンとモロッコを旅をしていた。ある哀しい出来事で壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、アメリカからやって来たのだ。まだ幼い息子と娘はメキシコ人の子守りに託してい...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-05-16 03:30
タイトル : ★「バベル」
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。 ... more
Tracked from 雑多な豆2 at 2007-05-18 08:49
タイトル : 記念日キネマ 23
5月18日「ことばの日」 5月(こ)18日(とば)の語呂合わせから生まれた記念日で、言葉を正しく使うように心がける日。カルチャーセンターなどでは、日本人に正しい日本語の使い方を教える時代だけに、これからかなり注目を集める記念日となりそう。 「国際親善デー」   1899年5月18日、オランダのハーグで、ロシア皇帝ニコライ2世の主唱により26カ国が参加した第1回平和会議が開催。国際紛争平和的処理条約が結ばれたのを記念して、この日を「国際親善デー」とした。日本では1931年から実施され、国際...... more
Tracked from meet me at か.. at 2007-05-19 08:29
タイトル : バベル
私はたまに、思ったりするのである。 仮に、路上で自動車同士の事故があったとする。 物損事故であろうが、怪我人が出るような事故であろうが、 怪我人どころか死亡者が出るような事故であろうが、なんでもいい。 いずれにせよ、かつてはまるで関連性のなかった2台... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-05-19 19:01
タイトル : バベル−(映画:2007年58本目)−
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、二階堂智、ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ 評価:71点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットと菊....... more
Tracked from やまたくの音吐朗々Diary at 2007-05-20 09:58
タイトル : 「バベル」
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチャードと... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-05-21 22:32
タイトル : BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ!
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ーーこれは旧約聖書の創世記に記されたバベルという街の物語なのです。 21世紀の今も、地球全体がその“バベル”なのかもしれない。世界のあちらこちらで争いは絶えないたとえ、言葉が通じても、隣人や親子でさえ心を通わす事はない。本当にそうです急速な発展で、...... more
Tracked from よしなしごと at 2007-06-10 00:03
タイトル : 話題作 バベル 観てきました。
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。... more
Tracked from 「ボブ吉」デビューへの道。 at 2007-06-14 00:38
タイトル : ブラッド・ピットの似顔絵。「バベル BABEL」
映画「バベル」、2回目の鑑賞を目論んでたんですが、時間が合わず、 残念ながら今週上映が終了してしまいました。 「期待外れだった。」「よくわからなかった。」という感想も、 数多く見られたんですが、僕は、時間が経てば経つほど。 確かめたい事が膨らんできてたんですよね。 映画の作り自体、ある程度観る人の想像に任せてる部分が 多かったじゃないですか? 例えば、ヤスジロー(役所広司)とチエコ(菊地凛子)の親子関係。 この映画の中では、ヤスジローが銃の悲劇の発端を作ったにも拘わらず、 親子関係は修復への兆しが...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-09-23 04:30
タイトル : mini review 07075「バベル」★★★★★★..
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、完成度の高い物語を作り上げた。名だたる実力派俳優たちが名演を見せる中、孤独な少女を演じ、海外のさまざまな賞に名前を連ねる菊地凛子の存在感のある演技に、目がくぎ付けになる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) ...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2008-03-31 19:57
タイトル : バベル&ガンバは東京Vに勝ち今季の初勝利
バベルはWOWOWで先月の中旬に録画していたのを鑑賞したけども 全体的に悪くは無いし理解は出来るが微妙な感じでスッキリしないね 内容はモロッコ&&の3カ国オムニバスをが繋ぐ感じだけど モロッコは兄弟&被害者の夫婦では被害者夫婦の子供達だったけど はを渡した父... more
Tracked from Addict allci.. at 2011-10-13 00:48
タイトル : 神は、人を、分けた。「バベル」
【関連記事】 バベル(ブラッド・ピット) 壁紙... more
Commented by kossy at 2007-05-03 02:02 x
そっか!
チエコの住んでるマンションがバベルの塔だとすると、
彼女もまた神に近づこうとして親子の絆さえ引き裂かれていたと・・・
これはもう一度観ておいたほうがいいのかな・・・
Commented by cinema-can at 2007-05-03 10:10
>kossyさん、こんにちは。
あの高級マンション!なんかまさにバベルの塔って感じしませんか?
まあ、そのせいで親子の絆が壊れた・・・ってことで・・・。
だったら、高級高層マンションに住んでる方は
みんなやばいかも・・・・なんてね
住めない者のひがみですから・・・(笑)
Commented by at 2007-05-03 10:17 x
ブラピ歳とったよねぇ。。。電話持って泣いてるシーンも良いね。

クラブのピカピカで気分悪くなった人いたらしいけど、
それよか、アタシの場合、高所恐怖症なので、
チエコのマンションのベランダの方が恐くて気分悪くなりそうだったよぉ〜

みんな演技良かった。面白かった、ね♪
Commented by manimani at 2007-05-03 11:31 x
こんにちは
TBさせていただきました。
チエコのメモ。ものすごくいっぱい字が書いてありましたよね。
気になる・・

それから超高層マンション・・わたしも住みたくない〜と思いました。

ではでは
Commented by cinema-can at 2007-05-04 00:09
>杏ちゃん〜♪
お久しぶり〜!ブラピ、おじさんになったねー・・・っていうか
役のせいかもしれないけど、渋くて悪くなかったよねーー。
そうそう!あの点滅シーンで気分悪くなった人、いたみたいだよね。
高所恐怖症なら、あのマンションはたしかにやばいよね〜(笑)
でも夜景は、相当きれいだったみたいだけど・・・
私も結構面白かったよ〜!
Commented by cinema-can at 2007-05-04 00:23
>manimaniさん、こんばんは!
チエコのメモ、何が書いてあったのかすご〜〜く気になりますよね。
最後、居酒屋のシーンで見せてくれると思ったのに、
流されてしまって・・・・。
あの超高層マンション!、常時管理人というより、ホテルの受付のような人までいて、相当高級そうでしたよね〜。
やはりお金があっても、幸せは買えないってコトでしょうかね〜。
Commented at 2007-05-04 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema-can at 2007-05-04 01:01
おかえりなさい!!お疲れ様でした(*^^*)
喜んでもらって良かったよ〜。また、遊ぼうね〜!!
Commented by 黒豆 at 2007-05-18 09:12 x
今日は「ことばの日」、ということで、記念日キネマは「バベル」を取り上げてみました。
評価が分かれてるってことだけど、そんなに見づらい映画かなあ?というのが正直なところです(商業映画的なものを期待して見ちゃうと、がっかりはするかも知れませんが)。
まあ、見る人によってかなり受け取り方が違っちゃうこと自体が、まさに「バベル」的なのかな(^^?
映画の「言語」にもいろいろあるんだよっていうことですね。
Commented by cinema-can at 2007-05-19 01:21
>黒豆さん、こんばんは!
そうか!今日は「ことばの日」なんですね〜。
いろんな日がありますよね。
この映画は、見る人によっていろんな意見がでてくる映画ですよね。
たしかにそれがまさに、「バベル」という事なのかもしれませんね。
私は、結構面白かったです。
Commented by かめとも at 2007-05-19 08:30 x
はじめまして。
黒豆さんのところからとんできました。

チエコのメモですが、前に新聞に載っていた二階堂さんのインタビューによれば、あそこには菊池凛子さんがあの場で思いついたあれこれが書かれてあるそうで、中身はふたりだけの秘密なんだそうです。
それはそれで、なんだかロマンチックでいいかなあ、と私は思ったのでした。
ではでは今後ともよろしくお願いします。
TBもさせていただきました。
Commented by cinema-can at 2007-05-19 23:29
>かめともさん、はじめまして!
チエコのメモって、そんな感じで作られていたんですねぇ〜。
二人だけの秘密なんですね−−−(#^.^#)
たしかになんかちょっと素敵ですね。
こちらこそ、よろしくお願いします。

<< スパイダーマン3 ハンニバル・ライジング >>