ハンニバル・ライジング
b0020911_0585954.jpgチュン チュン。
バルト地方の響きのある
ズアオホオジロ啼き声!!!!
正直今回、何の絵を描こうか
かなり悩んでしまいました。
ん〜で、なんとなくですが
ズアオホオジロってどんな鳥なんだ?って
調べたんで・・・・。
(まあ、こんな感じの鳥でした!)

さてさて、私は原作を先に読んでしまったので、
まあ、内容は解っているし、あとはどう映像化されているかを
楽しみに観に行きました。
ギャスパー・ウリエルくん!美しかったです!
まあ、レクターとはちょっとイメージ違うけど、
時折見せるぞくっとさせる雰囲気は、なかなかお見事でした。
あと、コン・リーも思ったよりは、はまっていたと思います。
(原作での日本ぽいシーンはバッサリカットされてたので
それほど違和感は感じませんでした。)

ただ、残念な事に、レクターの知性的な部分は
あまり感じる事ができませんでした。
原作には、生まれながら字が読めるような子供で、
その才能に気付いた父親が、教授を家庭教師に迎えてたり、
フランス史上最年少で医学部に入学したとか、教科書をさらっと
読みとおして、その週のうちに本屋に返却して購入代金を
返してもらうみたいな天才ぶりが書かれていましたが、
映画にはまったく出てきませんでしたね〜。

全体的にはハンニバルの復讐の部分が中心で、
ちょっとものたりない感はありますが、
まあまあの出来だったと思います。

ハンニバル・ライジング←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
もし、戦争がなかったら、普通に天才的な医者に
なっていたのでしょうか?
そう思えないトコがレクター博士には
あるような気がするんだけどね・・・・
彼には、持って生まれて魔性がきっとあります!
[PR]
by cinema-can | 2007-04-29 01:01 | cinema | Trackback(13) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6790943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2007-04-29 09:45
タイトル : ハンニバル・ライジング
ソーッファミソファミレ♪ソーッファミソファミレ♪ドレミファソーラファ、ミ・レ・ド♪ ... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-04-29 19:10
タイトル : ハンニバル・ライジング
映画鑑賞前に、原作を読了した。原作には、生意気にも、芝居がかった語り口調と残忍さ、心理描写の甘さ等を感じたが、映画となるといいのでは。。。と思い、公開を心待ちにしていた。なんたってギャスパー・ウリエル君が観たいのだ~~~【story】戦争で家族と死に別れ、孤児院にいたハンニバル・レクター(ギャスパー・ウリエル)は、孤児院を脱走し、フランスの叔父の元に行く。叔父は亡くなっていたが、夫人のムラサキ(コン・リー)との出会いを果たし、日本人である彼女からの影響で、平静な気持ちを取り戻しつつあった。しかし、レデ...... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2007-05-02 17:02
タイトル : ハンニバル・ライジング
「復讐は毒と同じ。人を醜くするのよ!」メイおばさんの話を聞いていてもきっとだめでしょうねぇ。おばさんがレディー・ムラサキだったばっかりに…って、違うかっ... more
Tracked from しょうちゃんの映画ブログ at 2007-05-03 00:06
タイトル : 映画「ハンニバル・ライジング」
2007年30本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督作品。トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾。新たに書き下ろされた同名原作...... more
Tracked from 映画専用トラックバックセ.. at 2007-05-03 00:08
タイトル : 映画「ハンニバル・ライジング」
映画「ハンニバル・ライジング」に関するトラックバックを募集しています。... more
Tracked from 小部屋日記 at 2007-05-03 12:35
タイトル : ハンニバル・ライジング
Hannnibal Rising (2007/イギリス=チェコ=フランス=イタリア)【劇場公開】 監督 : ピーター・ウェーバー 出演 : ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンズ/ケビン・マクキッド/ドミニク・ウェスト/リチャード・ブレイク 「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」とシリーズ化されてきたトーマス・ハリス原作小説主人公のハンニバル・レクター博士。 有名な博士の、幼少期から青年期にかけての物語。 “人喰い”ハンニバル誕生の謎が明かされます。劇場は満員で、レクタ...... more
Tracked from Subterranean.. at 2007-05-06 22:08
タイトル : ハンニバル・ライジング (Hannibal Rising)
監督 ピーター・ウェーバー 主演 ギャスパー・ウリエル 2007年 アメリカ/イギリス/フランス映画 121分 サスペンス 採点★ 観た映画の感想をサクっと書くことを目的にしていたサブタレも、いつの間にやら文章がどんどんと長くなってしまい、書くことが全く浮かばないような..... more
Tracked from Akira's VOICE at 2007-05-07 10:35
タイトル : ハンニバル ライジング
レクター博士誕生ストーリー。 というより復讐劇。 ... more
Tracked from honu☆のつぶやき 〜.. at 2007-05-09 07:32
タイトル : 美しすぎる…!!☆ 『ハンニバル・ライジング / HAN..
原作者 トマス・ハリスが初めて脚本を担当した本作。 力が入ってますね〜〜。 フランスの新星 ギャスパー・ウリエルは、アンソニー・ホプキンスのハンニバルとは似ても似つかない容姿だけど、それを除く知的で美しく、気高く優雅で、そして冷酷なハンニバルぶりは、完...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-05-13 17:50
タイトル : ハンニバル・ライジング
彼に魔物が棲みついたのか、魔性が目覚めたのか!?。ハンニバル・レクターの人格を決定づける「記憶の迷宮」の扉が、今ここに開かれた_。 1944年リトアニア。名門貴族であるレクター家も、ドイツ侵略の足音におびえながら暮らしていた。一家は城を捨て、辺境の地へ疎開...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2007-05-16 12:46
タイトル : 『ハンニバル・ライジング』
□作品オフィシャルサイト  『ハンニバル・ライジング』□監督 ピーター・ウェーバー□脚本・原作 トマス・ハリス □キャスト ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ、ケヴィン・マクキッド■鑑賞日 5月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> なるほど、あのハンニバルにはこんな生い立ちが・・・。 しかも香港臭『ラストサムライ』風味な日本の武士道が関わっていたとは。 確かにあの猿轡は鎧兜にリンクするかも。 あの冷血無比なハンニバル・レクター。...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-06-06 03:33
タイトル : ★「ハンニバル・ライジング」
観よう観ようと思って、タイミング的に後回しになってたサスペンスもの。 「ハンニバル・レクター」シリーズは、あまり詳しく知らないけど・・・ 誕生秘話なら、別物としても見れるし・・・。 今週末までの公開らしいので、ギリギリ間に合いました。 ... more
Tracked from 雑記帳+ at 2007-11-17 22:42
タイトル : 『ハンニバル・ライジング』をレンタル
『ロング・エンゲージメント』で気になったギャスパー・ウリエル(マネク役)が、レ... more
Commented by 由香 at 2007-04-29 19:14 x
こんにちは~^^・
何となく同じような感想を持たれたようで嬉しいです♪
ギャスパー君は美しかったですね~彼の残忍な顔に見惚れてしまいました(笑)
ハンニバルの天才ぶりが描かれていなかった事にがっかりし、日本テイストをカットした所で安心し、復讐劇が中心だった事に納得が出来ない映画でした(笑)
私もやっぱりハンニバルの異常さは天性なものだと思います。
Commented by cinema-can at 2007-05-01 00:03
>由香さん、こんばんは。
ギャスパー君は、良かったですよね〜。
彼があのレクター博士になるとは、思えませんけどね・・・(笑)
できれば、もうちょっと知的な部分も観たかったですよね。
やっぱりあの魔性は天性ですよねぇーーーー!
Commented by aju at 2007-11-17 22:41 x
ルナさんの絵が記憶に残ってたので、あの鳥のチュンチュン言ってるシーンに「あーこれだ」なんて思いながら観てましたよ。

原作は読んでいないので、ばっさりカットされていた日本のシーンにも興味津々。
レクターのスーパー知性な部分も。(スゴイなぁ、神童だったのか)

映画の印象が薄まった頃に・・・少し時間が経ったら、原作を読んでみようかなぁなんて気持ちになりました。
Commented by cinema-can at 2007-11-18 00:40
>ajuさん、こんばんは(*^^*)
おぉ〜!ズアオホオジロに気づいていただけるなんて・・・うれしいなぁ!
カットされた日本シーンは、この人(作家)こんなに日本ファンだったのかと思ったくらい、原作には出てきましたよ〜。
ちょっと違うだろう???っていうのも含めてですが・・・(笑)
レクターの神童ぶりは、映画ではあまりなくて
そこはちょっと残念です。

しかし原作は、やはりそれなりに”キモいシーン”もありますので、
精神的に体調の良い時にお読みくださいね〜(~_~;)
<< バベル ブラッド・ダイヤモンド >>