パフューム −ある人殺しの物語−
b0020911_2348343.jpg原作は、有名なベストセラーらしい
のですが、残念ながら未読なので、
予告編を観て、かなり期待していた作品です。
世界がひれ伏す香りとは?
誰もみたことのない衝撃の結末!
このフレーズだけでも
ちょっとワクワクしてしまいますよね〜!


18世紀のパリは、臭かった!って言ってる通り
冒頭の魚市場のシーンは、ホントに凄まじく臭いそうでした。
そんな中で奇跡的に、命をとりとめたグルヌイユ(ベン・ウィショー)は、
何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける驚異の嗅覚を持っていた。
投げ付けられたリンゴを匂いで避けるのですから・・・(^^;)
やがて、パリの香水調合師バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に
弟子入りして香水の作り方を学びます。
この辺のシーンは、物語の中でホッとでき、
なかなか楽しめました。

しかし、彼の追い求める香りは、ここではできないと悟り、
高度な技術を持つ職人の街グラースへと旅立つのです。
途中で、彼は自分に体臭がないことに気付き、
ショックを受けるのですが、うう〜ん?日本人なら
体臭はない方がいいと思ってしまうんだけど・・・・。
やはりお国柄の違いかなぁ〜。
そして、彼は禁断の香り作りに取りかかるのですが・・・・。

まあ、たしかに、ええーーーーーっ!て衝撃の結末というか
衝撃なシーンで・・・いったいどんな香りなんだ!って
思ってしまいますが、終わり方も意外でした。
赤毛の美少女ローラ(レイチェル・ハード=ウッド)は、
まだ15歳だったんですね〜。
彼女の父親、どこかで観た事があると思っていたら、
ハリポタのスネイプ先生役のアラン・リックマンでした。

パフューム −ある人殺しの物語-←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
彼を見殺しにしようとした母親を筆頭に、彼にひどく能った人物が
次々と処刑されたり、殺されたりするのがまた無気味でした。
やはり・・・天使というよりダミアンかなぁ〜。(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2007-03-08 23:55 | cinema | Trackback(22) | Comments(8)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6578816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2007-03-09 01:11
タイトル : パフューム ある人殺しの物語
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-03-09 09:05
タイトル : パフューム ある人殺しの物語
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。彼は一切の体臭を持たない代わりに驚異的な嗅覚を持っていた―。ある時グルヌイユは、偶然出会った女の芳香に取りつかれ、その香りを手に入れるために調香師(ダスティン・ホフマン)に弟子入りし、日々香...... more
Tracked from サナダ虫 ~解体中~ at 2007-03-10 23:09
タイトル : 嗅 ~「パヒューム」~
トム・ティクヴァ監督作品、ベン・ウィショー主演の、 映画 「パヒューム ある人殺しの物語」を観た。 美しい女性の香りを手に入れる為、恐怖の連続殺人鬼と化していく男の物語。 パトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。 感想。 ①犬か。 ②彼には体臭がないのか。めっちゃ臭そうなナリしてるのになぁ。(おい) ③体臭がなくとも、気配はあるだろ。みんな、気付いてあげてよ! 見所。 ①冒頭の汚物たち。(ゲロゲロゲロ!) ②香水の調合。(ア、アバウトー!) ③死体を発見する牧...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2007-03-11 11:01
タイトル : パフューム/ある人殺しの物語
血の流れない「ハンニバル」  香りの生存証明。... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2007-03-11 20:48
タイトル : 【劇場映画】 パフューム ~ある人殺しの物語~
≪ストーリー≫ 18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめておく方法を探るため調香師に弟子入りし、さらなる技を求めて職人の街グラースへ向かう。途中、自分自身に体臭がないことに気づき衝撃を受けるが、やがて運命の香りと再会する。(goo映画より) 賛否両論分かれる映画でしょうねー。 生理的にダメな人は全然...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2007-03-12 00:33
タイトル : パフューム ある人殺しの物語
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・... more
Tracked from ひるめし。 at 2007-03-12 20:18
タイトル : パフューム ある人殺しの物語(映画館)
その香りに世界はひれ伏す。... more
Tracked from Mani_Mani at 2007-03-13 03:47
タイトル : トム・ティクヴァ「パフューム ある人殺しの物語」
パフューム 2006ドイツ/フランス/スペイン 監督:トム・ティクヴァ 原作:パトリック・ジュースキント 脚本:トム・ティクヴァ、アンドリュー・バーキン、ベルント・アイヒンガー ナレーション:ジョン・ハート 出演:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)レイチェル・ハード=ウッド(ローラ) グロい映画は気になってしょうがない私としては、うわさにきく悪臭たちこめる18世紀パリの描写がどんだけのものか期待して観にいきました。 そのあたりは「マリ...... more
Tracked from となりのケイコさん at 2007-03-13 14:43
タイトル : 『パフューム-ある人殺しの物語-』
 期待作! 以前、小説を読んだので詳しい内容はそちらで。 小説どおりの箇所もあれば、「あれ?こんなシーンはなかったな。」と 思ったり・・でも変えちゃいけないグルヌイユの人格、香りへの執着ぶりは 表現できていたと思います。 映画にしては時間が長かったですけど、 グルヌイユの人生を描くにはまだ短いような気もしたり・・ 思い切って前編後編にしたら良かったかもと、思ってしまいました。 自分の体臭がない事に気づいた絶望感をもっと描いて欲しかったような。 この俳優さんまだ若そうなのに、すごいですね。 グル...... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2007-03-14 15:37
タイトル : パフューム ある人殺しの物語
 ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の...... more
Tracked from My Favorite .. at 2007-03-15 12:17
タイトル : パフュームを観ました。
最初の数分は映像が気持ち悪くて、最後まで見られるかな?なんて思いつつ次第に、ストーリーにのめりこんでいきました…。 サブタイトルに「ある人殺しの物語」とありますが、ラブストーリーのように思えます。究極の愛情表現?というとサイコチックに思われるかもしれませんね。 この作品を好みかどうか?と問われると、私はどう応えるか? 何度も見たいとは思いませんが、ストーリーの面白さと、映像の美しさについてはOKかと思われます…。 ラストは???ですけれどね。 詳細はコチラへ それにしても今から想像を絶するほど...... more
Tracked from 犬も歩けばBohにあたる! at 2007-03-19 00:32
タイトル : 匂いフェチでストーカーな人殺し【パフューム】
実は私、アラン・リックマンの大ファンです。 近年、アランの映画といえば良くも悪く... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-03-22 02:28
タイトル : 映画「パフューム ある人殺しの物語」
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーンがある。ひ... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-03-22 09:07
タイトル : パフューム ある人殺しの物語
スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会った女の...... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2007-03-24 00:06
タイトル : パフューム ある人殺しの物語・・・・・評価額1350円
うーむ、微妙・・・・・ 「パフューム ある人殺しの物語」を簡潔に説明すれば、神の嗅覚を持つ、究極の臭いフェチの変態さんの一代記である。 世評通り、前半は圧倒的に面白いのだが、後半の展開が私にはどうにも違和感が拭え... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-03-24 18:28
タイトル : パフューム 〜ある人殺しの物語〜−(映画:2007年36..
監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろうか。...... more
Tracked from 雑多な豆2 at 2007-03-25 09:17
タイトル : 42)パヒューム
 香りにしか自分のレゾンデートル(存在理由)を見いだせなかった男の物語。  女を愛するということも、彼にとっては「香り」をとらえることでしかなかった。  確かに、生まれも育ちも悲劇的な人物ではあるけれど、彼にとっての最大の悲劇は、「嗅覚こそ超人的でも、人間を人間として見ることが出来ない」ことにあったのだろう。  彼自身、最後の最後になってそのことに気づくのだが…。  まあ、かなり変な物語ではある。  というより、半分(寓意と皮肉にあふれた)冗談で描かれた話のようにもみえる。  あれだけ...... more
Tracked from Subterranean.. at 2007-03-30 13:32
タイトル : パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The..
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残り香..... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2007-04-07 14:58
タイトル : 真・映画日記『パフューム』
3月6日(火) またしても、朝、日記の更新ができなかった。 ちょっとした手違いで書いていた文を消してしまった。 精神的にダーメジをくう。 仕事はこの日もスムーズに。 寒さがやわらいできた分、いくらかやりやすい。 午後6時前に終業。 神谷町駅から日比谷線で銀座へ。 「サロンパスルーブル丸ノ内」の受け付けで『パフューム』7時からの回の席をとる。 7階の劇場に行き、 ロビーでパンフレットを読み時間を潰す。 席は前から9列目の左通路側。 客入りは5、60...... more
Tracked from 時評親爺 at 2007-09-24 17:58
タイトル : 映画DVD「パヒューム(Perfume)」
さて今日のお題は映画DVDで「パフューム-ある人殺しの物語-」である。ん~、これ「PG-12」指定になっているようなのだが、ちと甘い?ような気がしないでもない(苦笑)。過激な性描写や惨殺シーンはないのだけれども、どちらかと言えば「R-15」あたりでも良さそうな気がする。んまぁ、この手の映画を12歳未満が好んで観るとも思えないが・・・。時代は18世紀中頃のフランス(パリ)を舞台とする。いきなり臭さ満開のパリである(笑)。ただしこの冒頭シーンを始めとして、映画全体に「オリバー・ツイスト」の香りを感じたのは...... more
Tracked from ともぞう絵日記 at 2007-11-09 09:27
タイトル : 『パフューム ある人殺しの物語』
TSUTAYAで「8」の付く日はレンタル半額サービスしてるので、数本借り溜めです。 今日観たのは、CMでも問題になった『パフューム』。 天才的な嗅覚を持って生まれた主人公ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。 街ですばらしい香りの女性と出会うも、誤ってその女性を殺害してしまう。 しかし、その得も言われぬ香りが忘れられないジャンは、香りを再現したい一心で人を殺しまくる… てな感じのストーリー。 言ってしまえば、変●男のお話なんだけども めちゃくちゃ面白かった…。 「これがいわ...... more
Tracked from 映画と写真のブログ at 2009-03-11 16:01
タイトル : 映画評:パフューム ある人殺しの物語
18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユが生まれたのは、そんな中でも悪臭のきつい、魚市場だった。 バティストの母親は、すでに四人の子供を屋台の下で生んでいた。 だがすべての子供は、魚市場の酷い悪臭に、自ら息を止めて死亡した。死亡した子供は、魚のはらわたと共に捨てられた。 だが、バティストは特別な子供だった。 バティストはそこに漂うすべ...... more
Commented by 由香 at 2007-03-09 09:08 x
こんにちは!
私は原作を読んでから映画を観ました。
どちらにしろ不気味で奇怪な話ですよね~
グルヌイユに関わった人の不幸には、私もダミアン的なものを感じました。
Commented by cinema-can at 2007-03-09 23:56
>由香さん、こんばんは(^_^)
原作、読まれたんですね。かなり無気味でしたかぁ〜。
グルヌイユは、やはりダミアンですよねぇー。
Commented by manimani at 2007-03-13 03:37 x
TBさせていただきました。
ダミアン説、まちがいないですね〜
Commented by cinema-can at 2007-03-13 23:57
>manimaniさん
TBありがとうございます。
天使の香り?を作った事じたい、ダミアンですよねぇ〜。
Commented at 2007-03-18 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema-can at 2007-03-25 00:39
>カギコメさん
お世話になってます。
時間ができたら、投票にいきますね〜。
Commented by 黒豆 at 2007-03-25 09:32 x
やっと見てきました。
世界がひれ伏す香りの正体が、「あれ」というのも、かなり宗教に対する皮肉があったりして、グロテスクというよりは、ブラックコメディーという感じでしたね。
Commented by cinema-can at 2007-03-26 03:06
>黒豆さん、こんばんは!
たしかに、天使の香り?というより、人を惑わす禁断の香りですよね〜。
どんな香りか、ちょっと想像できませんが・・・・(笑)
宗教に関してはかなり皮肉っていたと思います。
<< ブログ休眠中〜! あなたになら言える秘密のこと >>