どろろ
b0020911_058565.jpg原作を読んだのも、
テレビアニメが放映されたのも、
遠〜い!遠〜〜い昔の事なので、
父親の天下取りの犠牲に
体の48カ所を魔物に取られ1匹倒す事に、
体の一部が戻ってくると言う話しか
覚えていませんでした。
あと、最後の最後にどろろが女の子だったと
いうオチがあったいうのは、記憶にありました。

だから映画を観る前から、どろろの配役が柴咲コウなのが、
ちょっと納得できなかったんですが、やはり、映画を観て
これは絶対、子役にするべきだと改めて思いました。
彼女は、どうみても成人の女性なのに、
あのしゃべり方は、わざとらし過ぎて耳障りでした。

あと、乱世の日本の話ではなく、架空の国の物語になっていました。
そのせいかもしれませんが、あのヘンテコな城はどうなのかなぁ〜。
ハウルの城じゃないんだから……(笑)
それと世界に宣伝しょうってのに、あの安モノの魔物は、
ちょっといただけません!日本の技術力を疑われます!!
今度上映になる鬼太郎と、どっちがひどいか楽しみでは
ありますが…(笑)
ただねー、妻夫木くんが時々百鬼丸に見える瞬間がありましたよー。

醍醐景光や多宝丸との関係が、原作ではどうだったか、
どうしても気になって、帰りに原作本の文庫版を購入してしまいました。
やはり、手塚作品は最高です。

どろろ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
残り24体って、もしかして続編でも作るつもり〜?
まさかねぇ〜・・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2007-02-08 01:11 | cinema | Trackback(13) | Comments(12)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6449404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2007-02-08 02:13
タイトル : どろろ
ほげほげたらたらほげたらぽん!... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-02-08 08:24
タイトル : どろろ
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ~~【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木聡)。肉体を取り戻す旅に出た彼は、戦で天涯孤独の身となった野盗の少年どろろ(柴咲コウ)と宿命的な出逢いを果たす。戦の業を否応なく背負わされたふたりは、魔物たちとの壮絶な闘いを切り抜けながら、己が未来を掴むため戦乱の荒野を駈け抜ける!【comment】気に入りました、この映画ちょっとストーリーにクサイ...... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2007-02-08 23:21
タイトル : 「どろろ」:天王洲橋バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}こんなところに、テレビ東京のスタジオがあるとは思わなかったな。 {/hiyo_en2/}テレビ東京っていえば、「どろろ」をつくったテレビ局よね。 {/kaeru_en4/}それは、東京放送、6チャンネル。テレビ東京は12チャンネル。 {/hiyo_en2/}うーん、地方出身者にはよくわからない。 {/kaeru_en4/}え、痴呆出身者? {/hiyo_en2/}あ、差別的発言!微妙にイエローカード! {/kaeru_en4/}「どろろ」も昔テレビアニメになったらしいんだけ...... more
Tracked from じゃがバタ~ 映画メモ at 2007-02-10 13:44
タイトル : 「どろろ」
振り向きざま、子犬のような「ブッキー」にキューンとなるのです。 異常でしょうか?先生 反して ミュアーミュアー高音で叫ぶようなメス猫「柴咲」がカンにさわるのです。 偏見でしょうか?先生 ワタクシ、猫好きなのに、、、 「どろろ」は手塚治さん原作 白黒のアニメで見ていた記憶が。。。調べてみると1969年に放送されていた。 ワタクシ10歳のみぎり たくましい百鬼丸にドキドキ、おどろおどろしい魔物にビビリながら 物悲しい物語にも魅かれていなような、、、 映画でも奥の深いストーリはさ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-02-11 18:41
タイトル : 「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待... more
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2007-02-14 16:29
タイトル : 「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。... more
Tracked from 雑多な豆2 at 2007-03-14 07:57
タイトル : 39)どろろ
 思っていたよりはよく出来ていたが、想像していたものには遠く及ばない出来であった。  妻夫木の百鬼丸は、いささか線が細いところをのぞけばそれほど原作のイメージから外れてはいない(まあ、イメージだけ合ってればいいというものではないが)。  柴咲コウのどろろは、ああいう解釈もありかもしれないが(原作のままだと、ちょっと子どもっぽ過ぎて実写としてはバランスが悪いかもしれない。ただ、柴咲では、年が食い過ぎている気もする)、いかんせん滑舌の悪い部分が多々あって、せりふがよく聞き取れない場面が多かった。 ...... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2007-04-07 15:03
タイトル : 真・映画日記『どろろ』
2月15日(木) 体調が良くなったので、 終業後、有楽町にある「有楽座」へ『どろろ』を見に行く。 客入りは40人くらい。 妻夫木クンと柴咲コウが出ているわりに入ってないとみるか? 辛うじて原作の雰囲気を出せているような気がするし、 柴咲コウの熱演も光っているが……… 脚本・演出に工夫がない。 CGに関しては見るのが恥ずかしいくらいお粗末なレベルだ。 主演は妻夫木聡。柴咲コウも加えてダブルメイン。 他、中井貴一、土屋アンナ、瑛太などが出演。 原作は手塚治虫の「ど...... more
Tracked from 雑記帳+ at 2007-09-18 21:00
タイトル : 『どろろ』をレンタル
原作 : 手塚治虫 監督 : 塩田明彦 出演 : 妻夫木聡 , 柴咲コウ , ... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2007-09-18 21:20
タイトル : 『どろろ』(2007)
天下を望んだ父親の野望の代償として、身体の四十八箇所を魔物に奪われて生まれた百鬼丸。医師・寿海に拾われた彼は、義手・義足や人工の臓器を与えられて成長、やがて旅に出る。左腕に仕込まれた妖刀で魔物を一匹退治する度に、奪われた己の肉体を取り戻していくのだ。 そんな時、女だてらに男のなりをして大泥棒と嘯く”どろろ”と出会う・・・。 最近は本当に旧作漫画の実写映画化企画が多いが、これもその一つで、かつてTVアニメにもなった手塚治虫の作品。原作は室町時代(戦国時代)が舞台だが、何故か架空の国(?)の架空の...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-08-27 09:26
タイトル : 『どろろ』'07・日
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...... more
Tracked from よしなしごと at 2009-04-21 22:48
タイトル : テレビ映画:どろろ
 映画館で観ようか観まいか迷っているうちに終わってしまった作品が、もうだいぶ前ですがテレビでやっていたのでそれを観ました。そう、「映像不可能」と言われていた手塚治虫原作のどろろです。... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-09-13 21:38
タイトル : どろろ
物語が、動き出す。 ... more
Commented by kossy at 2007-02-08 02:23 x
世界で公開されるのが怖いような気もしますが、B級映画としてなら結構楽しんでくれるのかもしれません・・・
ただ、製作費に関しては黙っていたほうがいいのかも(笑)
Commented by 由香 at 2007-02-08 08:27 x
こんにちは!
原作を知らないので、何の先入観も持たずに鑑賞しました。
最後まで面白く観たのですが、魔物があまりにもショボくて。。。ビックリしました。ウルトラマン用の怪獣に見えました(笑)
原作は面白いみたいですね。私も読んでみたいと思っています。
Commented by cinema-can at 2007-02-08 23:31
>kossyさん
たしかに、B級としてなら受けてもらえるかも・・・・(笑)
あの制作費は、どこに消えたのでしょう???
やはりオーストラリアロケでしょうか!!
お金の使い方が、まずいんでしょうね〜残念!
Commented by cinema-can at 2007-02-08 23:34
>由香さん
ストーリー的には、私も結構楽しめましたよ〜。
ただ、ところどころの魔物は、ショボ過ぎましたよねー。
原作は、映画とはちょっと違いますが、おもしろいですよ。
Commented by odin2099 at 2007-02-12 21:16
原作に興味はないのだけれども、主役がこの二人じゃなければ、もうちょっと観たい気になるんですがねぇ(苦笑)。
Commented by cinema-can at 2007-02-12 23:06
>Excalburさん
たしかに、主役がこの二人じゃなければ、
もっと出来は良かったかもしれませんね〜。
でも、妻夫木くんは、思った以上にがんばっていましたよ。
ただやっぱり、どろろは子役がよかったなぁ〜。
Commented by 黒豆 at 2007-03-14 08:08 x
柴咲コウのどろろは、やっぱり無理があり過ぎましたよねえ(滑舌悪かったし)。
せめて、中学生くらいの年齢の元気な子にやって欲しかった。
妻夫木君は、まあそれなりに良くやってましたけど…。
というより、映画自体の出来が、もうひとつふたつみっつ(^^;。
(原作も、最後は無理矢理終わらせちゃってはいますが…絵もかなり荒れてるし…アニメは良かったですねえ)
Commented by cinema-can at 2007-03-15 00:11
>黒豆さん
ホントに、どろろは子役が良かったです。
柴咲コウを起用したのは、話題作りぽくっていただけませんよね。
まあ、たしかに映画自体もいまひとつでしたが・・・。
アニメの記憶は、あんまりなくって残念です。
内容が差別用語のオンパレードだったりするので、
地上派では、ほとんど観る事はできませんよね〜。
そのうち、ちゃんと観てみたいと思っているのですが・・・。
Commented by aju at 2007-09-18 20:59 x
もぅもぅ・・・この作品に関しては、どうしようもない魔物の着ぐるみを見た時の衝撃しか記憶に残ってません!
もーもーなんなんでしょう、あれってば!今の時代、あれはないですよねぇ。ホントにもう、見た瞬間、稲妻が走りましたよぅ!!

とか言いながらルナさんの感想を見て、
「あ、ホントだ~醍醐の城ってばハウルの動く城だわぁ」
と思ってしまいました。納得。
まだ少しは魔物以外の記憶が残ってました。かろうじて。

私も原作を早く読みたい~~
その時はお城の比較もしてみます。
Commented by odin2099 at 2007-09-18 21:22
あれ?TB頂いたけれど、お返ししていませんでしたっけ?
失礼しました~。
過去ログ整理していて急に気づいた・・・(汗)。
Commented by cinema-can at 2007-09-19 01:06
>ajuさん、こんばんは(^_^)
たしかにあの安モンの魔物は、かなりがっかりですよね〜。
原作では、乱世の日本の設定なので、お城も普通の日本の城です。
原作を読んだら、ぜひまた感想を聞かせてくださいね。
Commented by cinema-can at 2007-09-19 01:10
>Excalburさん
お気になさらずに、いいですよ〜。
私も結構いいかげんなので、気づいていませんでしたし、
よく忘れますから・・・・・(~_~;)
<< あるいは裏切りという名の犬 「パプリカ」 筒井 康隆 >>